井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

認識が変な国民に世論調査して真面目に発表するマスコミ

 過日、マスコミの世論調査について、マスコミの意識が低すぎるという話題をとりあげたが、それと絡んで世代による政党支持率の件を、おさらいしてみよう。

 そうした世論調査だと、若い世代ほど与党の支持が多いことになっている。現政権の政策によって恩恵どころか迫害されているのに。しかし、今の年配の人たちだって、若い頃は圧倒的に自民党支持であった。
 ただ、特に左翼運動をしている人たちがそうだけど、寄付金が集めやすかったことをなどから運動も一部で活発だった、など他愛のないことをもって、昔は違ったと言っている。こういう認識の人たちは世間からずれている。

 しかし、与党を支持している人たちも、社会に出て現実を直視することで、今まで騙されていたことに気づきはじめる。今なら、大量の団塊の世代が退職したり世界経済の循環で回復期に入ったりしただけなのに、これをアベノミクスで就職が良くなったとマスコミに操作されて思わされている人がいるけれども、社会に出れば目が覚める時が来るものだ。
 ただ、昔は今より自民党が強かったけれど、労働組合運動も存在した。それが「連合」という新産業報国会ができて、御用組合ばかりになって労働組合運動が消滅に近い状態となった。これでは若い人たちも職場で啓蒙されない。

 また、先日の憲法記念日に、黒塗り街宣車が暴走音で騒いでいるのを見た大学生風の男たちが、左翼が警察に迷惑をかけていると言って非難していたから、呆れて日本の将来を危惧する人がいたけれど、これも昔からだ。高校の同級生を思い出すと、三島由紀夫が自衛隊基地で暴れて死んだことについて、彼は赤軍派だった、共産党だった、などと言う人ばっかりだった。たまたま自分の行った高校が無知な人ばっかりだったと思っていたら、そうではなかった。
 それよりずっと後の知り合いで、大卒で行政書士をしている女性なんか「私は護憲派なの。左翼の人たちが変えようとしてるので心配しているけれど、安倍さんは日本のことを他の政治家と違ってよく考えてくれているから、左翼を止めて憲法を護ってくれると思う。それで選挙で自民党に投票している」と真顔で言ってた。
 この他にも、弁護士や医師や政治家で頓珍漢なことを平気で言う人があちこちで目に付く。直接でも、TwitterやFacebookを見ても、まあ惨憺たるものである。

 こういう人は、ほんとうに大勢いる。日本はこんな人ばっかりじゃないかと思うほどだ。
 これなのに、大手マスコミは世論調査して、奇妙な結果だと指摘されたら統計的に正確なはずだと強弁するばかり。そうだとしても、調査対象者が18歳以上ではあるが社会に対する認識が小学生と変わらなければ、おかしな結果で当たり前だ。
 そして、これは一般大衆の意識の低さや学校教育の劣悪さばかりではなく、そもそもマスコミと国民とに齟齬があることも原因だ。マスコミのウソに騙されていたり、マスコミが信用されていなかったり、マスコミがまるで相手にされていなかったり、という問題がある。マスコミ関係者にはその自覚が足りないけれど。

 
f0133526_19193903.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29770191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-05-07 20:07 x
お師匠さんの仰せの通りでございます。
また西部邁さんの見解を当然鵜呑みにはしませんが、
「棄権するという行為は、政治過信であり、政権与党への
 白紙委任状であり、投票権というものはそもそも存在しておらず
 投票の義務を放棄する行為である」には同意致します。
Commented by 名無し at 2018-05-07 21:59 x
書き忘れで申し訳ありません。誰もが知ってる「自明の理」と
早合点致しておりました。「昔=1970年代前半も、
2010年代後半=今も、若者の棄権率が高く、
年齢を経るにつれて低くなってしまう傾向」は
問題にされておりました。
Commented by ruhiginoue at 2018-05-08 18:29
関心が若干高まった時期は一時の流行で、政治に関心がないのが日本人の基本です。
Commented by at 2018-05-11 18:01 x
 大いに賛同します。小熊英二も年代による政治意識の変化について同じ説明をしていましたよ。また、組合の教育機能についてもその通りだと思います。総評時代と連合になってからの組合のチラシの内容は大きく変わりました。かつては”「政府がこういってる」と新聞に書いてあるが、実はこういう趣旨であって非常にケシカラン。ついてはこのように対政府交渉を行っている”と言ったことが毎回書いてあって「政府自民党はホント詐欺師だわ。新聞はちゃんと書かない。ビラが読めるだけでも組合は価値がある。日本は知らないとひどい目に遭わせられる国だからな」と思ったものです。
 連合になってからはもう駄目ですね。連合=同盟(ストを打たない労使協調)、民主党=民社党=自民党民主派ですから、イデオロギーと政策に差がないので、批判する必要がない。
Commented by ruhiginoue at 2018-05-12 23:08
この連合が威張るようになる前は、底辺労働者でも職場の組合で啓発されていたものでしたが、それが悪いものであるという宣伝もマスメディアによって洗脳されてきました。そさて今は組合があっても御用だし、非正規雇用も増大ということです。これは言うまでもなくみんなわかっていることでしょうが。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-05-07 18:01 | 社会 | Trackback | Comments(5)