井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

ささきりょう弁護士らを迫害した真犯人は東京弁護士会

 ささきりょう弁護士(Twitterの平仮名で仕事上では佐々木亮)が、自分の関与していないことで、誤解した人たちから懲戒請求されたと言っていた。この誤解した人たちとは、ネット上の風説を未確認で鵜呑みにした人が多いようだ。
 このマヌケな人たちのため大量の懲戒請求が東京弁護士会に寄せられ、ただ無関係だと反論すればすむものだが数が多いため手間がかかり迷惑したと、そう同弁護士は主張して、懲戒請求した人たちを訴えると言っている。
 
 これに対して、弁護士だから特に認められている自治の場で起きたことなのに、マヌケとはいえ無知が原因の一般市民を弁護士が攻撃するという行為に疑問や批判が起きていることは、すでに述べた。

f0133526_09003394.png

 また、そもそも弁護士会が懲戒制度に対して適切な広報をしているかも問題である。かつて、あの橋下徹弁護士がテレビで視聴者に誤解をさせる発言をして後に謝罪していたが、こういうことがあったのだから、弁護士会としても相当の対応をしなければ、公的な存在として一般に対して開かれた制度を運営する義務と責任を果たしていないことになる。

 ところが、それ以上に不可解なのは、本件における東京弁護士会の対応である。
 もともと、懲戒請求があると東京弁護士会は請求者を呼び出して詳しい事情を聴取していたのに、それをしなくなった。これは、ちょうど橋下徹弁護士のことがあった後くらいからである。さらにインターネットで焚き付けられた人も加わるようになったからだろう。要するに、もともと懲戒請求の数が増加傾向のうえ、安易なものも多くなったからだ。
 そこで、東京弁護士会は、とくに会員が多いこともあって忙しいからと、請求者から詳しく聴取することをやめてしまい、時には対象の弁護士にまわさず勝手に返信を出してしまうようになった。もちろん、弁護士の言い分をきかずに懲戒するとはせず、懲戒しないというものばかりである。

 ここで東京弁護士会は、弁護士に抗弁させると弁護士がウッカリ請求者のフェイントひっかかることがあり、これをネタに別件の懲戒請求をされたり、訴訟を提起されたりすることがあるので、勝手に具体的な内容に踏み込まず握りつぶしてしまえばいいということを学んでしまい、実施するようになったのだ。
 また、懲戒請求が増加しているのは、安易なものが多くなっただけでなく、弁護士の不祥事も多くなっているからなのに、それに対しても弁護士会が誠意をもって対応しなくなった。

 そして、弁護士会が勝手に請求者に返答をしてしまうさい、請求内容に踏み込まないだけでなく、請求者に罵声を浴びせるようになった。
 これにより東京弁護士会が何度も訴えられている。多くの裁判官が同業者であり天下り先でもある弁護士会をかばう中で、少数の良心的な裁判官として評判の人が担当すると、東京弁護士会の対応に問題があったことを判示していた。
 つまり、それくらい東京弁護士会の懲戒請求に対する対応は悪辣となっているのだ。

 このような悪辣な態度を東京弁護士会がとるのは、そのさい被調査人が権力側に付いて仕事している弁護士の場合なのだ。
 一方、佐々木弁護士は、労働問題に熱心とされ、今は内閣が強行採決しようとしている「タダ働き法案」に猛反対している。
 ここから考えると、嫌がらせとしか思えない大量の懲戒請求に対して、なぜ東京弁護士会は、勝手に返答し内容に踏み込まず罵声を浴びせる、ということをしなかったのか疑問だったが、これはおそらく、その弁護士が権力側でなく逆に批判的だったから、東京弁護士会は権力に媚びて右翼の嫌がらせに同調したのではないか。

 しかし、同弁護士とその仲間の弁護士たちも、立場の弱さから弁護士会を問題にできず、騙され乗せられた請求者たちに矛先を向けるしかないのではないか。情けない態度だが、実は弁護士はがんじがらめで自由に仕事できないと言われて久しく、それが弁護士自治の場である懲戒制度で、特に浮彫となったのだろう。
 


[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29796965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-05-19 07:02 | 司法 | Trackback | Comments(0)