井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

文字下げと横書き

 最近では、紙の書籍でも冒頭一字下げしていないものが出てきた。
 これがネットだと冒頭一字下げしていない文章の方が多い。その影響かもしれない。スマホでは、一文字下げができず、空白をコピペしないといけない。

f0133526_00543548.jpg


 だいたいネットでは横書きであるから、書籍も横書きなら文字下げしてなくてもすでに見慣れている。ところが書籍の縦書きでも一文字下げしなくなっている。
 
 かつて朝日新聞の「論壇」に、日本語も横書きにという投稿があった。
 この数年後(もしかして十年くらい経ったかもしれない)の90年代後半には、裁判の書面など公的文書が横書き統一となり、はるかに便利になった。
 もともと、裁判に出す書面を毛筆で書いてくる人がいた。お上に直訴状を出す感覚だったらしい。高齢の男性が裁判所の受付で難色を示されている場面に遭遇したことがある。それがワープロの普及もあって横書きA4となった。達筆すぎる書面がこうして排除された。

 ただ、私信でも横書きは失礼という習慣があった。ほかにもインクは黒でなく青にしろとか。この影響で、役所にもそうするものだと思った人がいるのだろう。
 
 とにかく、手書きで繋げるのでなければ、横書きのほうが視覚的にも手の動きも自然で楽だし、横文字や数式や楽譜も混ぜやすいとは、昔から言われている。
 だから、もう新聞や雑誌や書籍など紙媒体も横書きにすべきかもしれない。
 



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29797440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2018-05-28 18:22 x
日本国内のすべての書籍類に当てはまりはしないけど。料理のレシピ本等は最初から横書きの方が何かお気楽。韓国では、今はびっしりと、ハングルで横書きらしいし。そう言えば、私の日記も横書きのノートに書いているな。臨機応変で行こう。という私なりの結論。
Commented by ruhiginoue at 2018-05-29 18:31
手紙だと「横書きで失礼します」ということがあるので、逆に縦書きは堅い感じがします。
Commented by ケーキイーター at 2018-05-29 19:43 x
筆で和歌を詠む。こういう場合は縦書きの方がおしゃれ。私は習字苦手な方だったが。和歌を詠むのもさっぱりできないが。今年の正月明けくらいに、書初めをやる機会があった。その時は楽しかった。本当に字が上手に書ける人は、縦書き・横書きを選ばず、かな。いいなあ、筆ペンとかですらすらっと書ける人って。
Commented by ケーキイーター at 2018-06-04 20:47 x
横書きで文章を進めるのはいいんだけど、一つ難点がある。現在の日本の図書館は、左から右に読み進む本にも、管理用のバーコードシールを、表紙に当たる側に張り付ける。そういう馬鹿馬鹿しいマニュアルに司書さんは多分嫌嫌従っているんだろう。ということにしておこう。
で。最近、岩波書店から『トトロの生まれたところ』という本が出版されたんだけど、この本も文章横書きなので、宮崎朱美さんによる素敵な表紙絵に、図書館では堂々とバーコードシールを貼られる。そう思うと、自分で一冊、買っておいて良かった~。
問題は室内の置き場所だ。本棚に入らずに、さて、どこへ収納しようか。何とかしよう。
Commented by ruhiginoue at 2018-06-05 19:24
バーコードどころかパックが高いからカバー捨てる図書館もありますね。
Commented by ケーキイーター at 2018-06-05 20:23 x
本の表紙そのものよりも、カバーの方が綺麗だ。それが日本の出版物の傾向だ、って気がするのに~。

名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-05-27 12:39 | 雑感 | Trackback | Comments(6)