井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

団塊の世代が去り就職がしやすくなった

 今春卒業した大学生の就職率が4月1日では98・0%で、前年同期より0・4ポイント増えて調査を始めた1997年卒以来、過去最高となったと厚生労働省と文部科学省が先の18日に発表した。
 この上昇は7年連続で、過去最高は3年連続の更新となり、これについて厚労省は、景気回復や人手不足で企業の採用意欲が高まった影響だとみている。

 これは数年前から言われているおり、リーマンショックなどがあって最悪に近い状態から、世界的に経済が立ち直りの時期に入り回復しているのだが、日本の場合はやはり前から言われてきたように団塊の世代が引退しているおかげで負担が軽くなり就職もしやすいのだ。
 この団塊の世代とは数が多いうえ粗製乱造だから社会にとって正直いってお荷物であった。自分でも経験があるから理解できるけれど、この世代の人たちと接したことがある人は、よく性格の悪い人がいて不愉快だったと言う。

 このあいだもまた、人口が減って国が困るから子供をたくさん産めと政治家が言い放ち、安心な社会にする職務を果たさないで何を無責任なと批判された。
 けれど、日本は国土からして人口が多すぎると昔から指摘されている。だから問題は人口減少ではなく少子高齢化なのだ。人口が減ることそれ自体ではなく、それによって年齢や世代の配分がアンバランスになるから困るのだ。なぜ困るのかというと、老人ばかり多いからだ。医療費がかかりすぎて保険料が高くなるなど、景気回復しても生活が苦しいのは老人が多すぎるからだ。
 ということは、女性に子供を産めと言うのではなく、老人に死ねと言うほうが現実的なのだ。
 しかし自民党の老人たちは、自分は死にたくない。なので子供が増えなければいけないと言って、女性のせいにする。

f0133526_09254172.jpg

 だから、ほんとうは自民党の政治家たちが、高齢者は社会のために死にましょうと同世代の人たちに呼びかけて、お手本を示して自殺すべきなのだが、無理だろう。
 あの曾野綾子と同じだ。歳を取ったら適当な時期に死ぬ義務があると書いておいて、自分は八十過ぎてまだ死なない。もともとの暴言に老害の要素か加わっている。なんてことはない、認知症の夫(三浦朱門)の介護がつらかっただけで、死んだら楽になったというだけのことだろうと、みんな言っているけど、あれでは言われて当然だ。
 これと同じことだ。

 お荷物の老人たちに死ねとは言わないけれど、せめて後の世代に責任転嫁して非難するのだけはやめるべきだ。



人気ブログランキング


[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29799287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Neutralizer at 2018-06-02 18:18 x
フジテレビ系のドラマ『世にも奇妙な物語』で『サブリミナル』というタイトルのドラマがあり、政府が65歳以上の老人にサブリミナルで自殺を促すというシーンがありました。
 もし政府いや自民党が老人に死を促すというのであればドラマのやり方を現実化しかねないのではないでしょうか。当然自分達は戦後の軍人達同様、死にもせずのうのうと生きることでしょう、指摘されれば居直るかああだこうだと言い逃れに徹して。
Commented by ruhiginoue at 2018-06-08 09:17
今のところは、歳よりに死ねというのではなく、歳よりのために若い者はタダ働きしろ、そうでなければ外国人をこき使ってやる、などと言ってますが、歳よりが死ねということになっても自民党の老人たちは自分は死にませんね。あと石原慎太郎も老人はひっこめと言っていて自分が老人になってひっこみませんでした。
Commented by ケーキイーター at 2018-06-08 20:39 x
私のお父さん、「自分は年寄り」て自覚がないらしい。母に言わせれば。

さーて、私は一体何を書きたいのか。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-05-30 13:00 | 経済 | Trackback | Comments(3)