井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

法学部教授の机上空論とTwitter上の知ったかぶり

 その先生の名前は伏せておくが、法学部教授で民法が専門の、テレビにも出たことがあり、その道では知られた人だ。前の授業で書かれた黒板の字がそのままになっていることが時々あるので、よく消しておいてあげていたが、そこへ来ると先生は、そうしておいてくれると助かると言う誠実な人である。
 この先生が授業で「山崎豊子の『白い巨塔』のように、医者が誤ったことを裁判で追及するのは困難だ。そこで、不法行為で訴えると訴えた側が証明しないといけないが、そうしないで債務不履行で訴えると挙証責任が転換されて訴えられた側が証明しないといけなくなる」と言った。
 これは嘘ではないが、あくまで理論上のことであるから、現実の医療裁判では通用しない。

 このこと以外でも、やはり学問上の分類なのだから裁判と直には無関係ということはいっぱいある。だから、法律相談は弁護士にしてくれと法学部教授は言う。
 ところが、患者を診たことなどろくにない医師でも医学部教授として偉そうにしているのと同じように、法廷に一度も立ったことがないくせに威張っている法学部教授がいて、実務に対して机上の空論をふりかざしたうえで「もっと勉強しなさい」と得意になっている。

 このように、大学でもこんな調子だから、同じ調子の者がTwitterなどに現れて法律について中途半端な知ったかぶりをしている。そういう奴は、教えてやっても理解できない。法学部教授でもダメなんだから、Twitterの匿名アカウントで自己満足している者には到底無理である。
 そんな輩が、右翼のblogに騙されて煽られ「左翼」の弁護士に懲戒請求をしてしまう愚か者たちを非難していたりで滑稽だ。騙されるのが悪いから騙したほうは悪くないのかというと、そうではないと必ず言う。
 だったら手前も騙すんじゃねえぞと言うことだ。



f0133526_18374670.png



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29854562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-06-15 18:41 | 学術 | Trackback | Comments(0)