井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

「あっ地震だ」

 いつのことだったか、どこかの飲食店で注文してから待っているとき、置いてあった週刊少年ジャンプを読んでいて、つい笑ってしまったことがある。

 それは長期連載された人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』であった。主人公の両さんこと両津勘吉巡査が将棋のゲームソフトを作り、これを上司の部長がやってみる。
 この部長は将棋が趣味の一つだからけっこう自信があり、また、どうせ両津のプログラムだから大したことないと思っていた。

 そして実際に部長は楽勝だと感じていたが、王手をかけようとしたら突然画面に「あっ地震だ」という文字が出て画面が揺れ始めて、将棋の駒が滅茶苦茶になる。やはり両津のやることだと部長は呆れる。


f0133526_16084925.jpg


 これを久しぶりに思い出したのは、群馬に続いて大阪で地震があったことによってだ。
 ただし、地震があっただけなら思い出しはしなかった。東日本大震災など他にも地震は起きているけれど、両さんプログラム将棋ソフトは連想しなかった。しかしこのたび連想したのは、地震があって大変なことになり、そちらに皆の目が向いたところで急に記者会見をすると言い出した加計学園の当局である。

 よくまあ、こんな見え見えのことができるものだと巷で呆れられているけれど、かえって顰蹙を買うだけではないだろうか。国会も「あっ地震だ」と同じことをしている。
 こちらは笑っているわけにはいかないが。



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29885736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2018-06-22 21:04 x
両さん、そんなソフト作っていたんですか。そんな両津さんも、見方によっては可愛く見えます。賭けの、じゃない、加計のおっちゃんは全然可愛くないです。

「加計」って、一発で変換してくれないのね。余計、かわいくない。
Commented by ruhiginoue at 2018-06-28 19:48
あまり詳しく読んでないけれども、あの漫画には将棋のネタって何度も出てきてますね。
Commented by ケーキイーター at 2018-06-28 21:29 x
そう言えば、『ドカベン』が完結したらしいですね。岩鬼が好き。結婚するなら、里中より彼の方が良さそう。って、気付いたのは、そうだな、90年代になってからかな。こっちも最近はほとんど読んでいなかった。TVアニメも途中で終わっちゃって、そのままだし。でも、どういう結末なのか、気になる。かと言って、チャンピオン買う気はないな。自分の中ではもう過去のものなのかな?
Commented by ruhiginoue at 2018-06-29 15:09
里中は家が貧乏だけど、岩鬼の家は裕福ですね。そういう意味ではないか。
『公園前派出所』が完結したけれど、既にpolice boxは交番で統一されたし、潮時だったのかも。
Commented by ケーキイーター at 2018-06-29 20:44 x
確か、岩鬼の実家て、一度、事業に失敗して、豪邸等を手放す羽目になったでしょ。で、岩鬼正美(この字で良かったっけ?)は、そんな事でお兄さん達とは違って、全然めげずに、野球に打ち込んでいられたから、そんな彼が魅力的に私には見えるのかな。後は、お手伝いさんの(あ、名前忘れた。)女性の存在も大きかったかな。色々考えると、後に監督になった土井垣さんも魅力的。
 一度、明訓高校は優勝旗を盗まれて、それで、事なかれ主義に走ろうとしていた学校側を作者の水島さんは、冷静に批判していた。そんなことまで、何故か今思い出した。
Commented by ケーキイーター at 2018-06-30 07:27 x
昔は里中が好きだったけど、今は岩鬼の方が好き。てこと。ちゃんちゃん。
Commented by ケーキイーター at 2018-07-09 21:09 x
将棋等を途中でおじゃんにするのは、何も地震だけとは限らない。小さい子供。私はこれで勝てそうな将棋をグチャグチャに中断された。もし、赤ちゃんがいるご家庭だったら、その子が駒を口の中に入れちゃわない様に、要注意。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-06-21 17:37 | 社会 | Trackback | Comments(7)