井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

借金20億円には負けた

 過日、用事のため行った先で会った人は、不動産業を営んでいた。そのため、前にここでも話したことについて、他の人たちと違いすぐさま的確な反応があった。

 それは、前に仕事をしていた不動産屋から電話があって、人手が足りなくなったのでまた来てくれないかと言われた話だ。このとき他の仕事があると言って断ったが、それは事実だったけど、仮に暇だったとしても断ったはずだ。人手が足りなくなったのも、おそらく、あんまりこき使うものだから辞めてしまうからだろう。
 それで、契約書を作成する仕事のはずだったが、それだけではすまなかったというわけだ。

 ここまで話したら、「ああ、営業をやらされたんだ」と、その不動産業を営む人は直ちに言った。やはりすぐ分かったわけだ。ただ。その人がすごいのは、都心で会社を構えていて羽振りが良いかと思ったけど、そうではなく、この間こっちは20万円の損失を出してしまったと言ったところ、その人は20億円の借金があると言う。
 こりゃ負けたと恐れ入ったのだった。

f0133526_15162385.jpg

 ここで悟ったのは、物が売れるから金が入るとよく思われているけれど、そうではなく、物を売るために金が出ていくということだ。金をかけるから売れるわけで、そのために借金する。そして物と金を回しているうちに余剰が零れ落ちる。その人も、そうだから莫大な借金があるのだろう。
 


[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29897645
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by L at 2018-07-05 13:08 x
 なるほど、株主総会で聞いた話と重なりました。割と羽振りの良い会社で配当もいいし、土産もタダ飯も頂けて結構なところです。
 で、会社の経理について”売掛金がどんどん増えているが、回収できるのか?”という質問があり、会社は”当社は外国から買って国内に売る商社。外国には1ヶ月以内に代金を払わなければならないが、買ったものを国内の企業に売ると代金が入ってくるのは3?か月後という商習慣。商売が大きくなるほど、より多くの運転資金が必要になる仕組み。また、修理のための交換部品は数年分の在庫を保持しなければならないのでこれも必要な資金の増大を招く。売掛金の回収は100%なので安心して欲しい”と答えていました。
 手広く商売をするほど、必要な資金はy=xどころかy=2xとか3xでふえるんだなあと思いました。また、世界のあちこちに支社を出し、数千億の売り上げでも儲けは2%くらい(会計を知らないので実質もわからないのですが)で商売の道は厳しいなあとも思いました。まあ、ガンガン金を動かして源流から川下まで仕事を流し沢山の人たちがご飯を食べているのですからとても価値があるのでしょうね。
 逆に、利益率が異常に高いという7-11や異常に内部留保をため込むトヨタは公共の敵ということで。
Commented by ruhiginoue at 2018-07-05 22:02
 日本の経済は、そういう仕組みですから、儲かってしょうがない会社のほうがヤバイことをしていると言うべきです。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-06-30 12:55 | 経済 | Trackback | Comments(2)