人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

投資で儲かる時代は終わったのに何故アベノミクスだったのか

 かつては利息で儲かる時代があったけれど、そんな時代は終わって、少額な貯金の非課税制度いわゆる「マル優」が廃止された。
 なら、これからは投資だと言われたけれども、それも終わって、少額な投資の非課税制度「ニーサ」は、早速に無意味化している。いずれ廃止されるだろう。
 この話は前にしたとおりだ。

 さらに、最近また明らかになったとおり、投資信託を保有する人が減っていることが判明した。
 この事実は、数値の操作によりごまかしていたようだと指摘されている。

 それで、「アベノミクス」なるものは幻想であったと批判する人がいるけれど、そこはちょっと違う。

 そもそも、投資で儲かる時代は終わっているにもかかわらず、一部の「勝ち組」と言われる富裕層に「勝ち逃げ」させるため、みんなの年金を注ぎ込んで数字を操作したのだ。
 だから、単に好景気を演出するための数字の偽装ではない。

f0133526_18062042.jpeg

 つまり、もう日本がおしまいであると認識されていて、わかっている人達だけで持ち逃げをしたわけだ。
 これを客観的に分析している外国からは、よく、日本の若者は国外に脱出するようにと忠告されているのである。

 まだ気づかない人たちは、いい加減にしないといけない。





トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29967268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Neutralizer at 2018-08-06 21:18 x
正直なところ、海外の方々の仰るようにこの国を出ていきたいところです。
 ですけど私自身、臆病なところがあり、海外に脱出したところで現地の言葉や習慣を知らずに過ごせるのか、今まで身に着けた日本人としての習慣でトラブルに巻き込まれないかという不安がいつもよぎります。
 尤も私の地元である浜松はブラジル人が多く住みつき、祖国のポルトガル語で会話しながらもしっかりと日本の生活に慣れてもいるのでそこは見習うべきでしょうね。『郷に入れば、郷に従え』という諺もありますし。
Commented by ruhiginoue at 2018-08-07 12:10
外国行っても金のためにケントギルバートや石平太郎みたいなことするのでは無様ですからね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-08-06 15:10 | 経済 | Trackback | Comments(2)