井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

すぎやまこういち芸風でウヨぶる

 杉田水脈議員の差別発言に批判が集まっている中、すぎやまこういちは、その差別が正論だと暴言を吐いている。
 だから彼は差別主義者なんだと非難してる人もいるが、それはちょっと違う。もともと彼の脳には、そんなことを考える回路が無いはずだから。

 すぎやまこういちは、70年代の昔『学生街の喫茶店』という歌が大ヒットしたが、80年代に入ると、その歌詞のように若者たちが茶飲みながら話したりBob Dylanを聴いたりなんてことはなくなって、友達と一緒に店に入っても下を向いてゲームをしたりするようになった。

 そしてゲーム全盛期となり、すぎやまこういちは『ドラゴンクエスト』というゲームに音楽を作るようになり、そちらが有名になった。

 90年代からはインターネットの時代になり、「厨房」「ネトウヨ」が発生し、その溜まり場「2ちゃんねる掲示板」の熱心な読者となったことを、すぎやまこういちは公言している。
 つまり、お茶を飲みながら語らう学生に代わり、ビデオゲームに熱中するオタク、さらにヒキコモってヘイト書き散らす連中に、すぎやまこういちは合わせるようになったのだ。

f0133526_17280147.jpeg

 ということだから、すぎやまこういちは右翼とか差別主義者とか言うほどのものではなく、政治なんて解りもしないのに解るふりをしてるだけだ。解る脳が彼の頭に入っているなら、今の時点で杉田水脈議員の味方をしたら見識を疑われて損だという判断くらい出来るはずだ。

 しかも、彼の芸風とは、その時々にウケるものを分析して真似して売ることだった。これは彼の弟子である筒美京平も同じである。

 そういう中で当然ながら、すぎやまこういちは時流に乗るつもりで安倍内閣に迎合しているのである。しょせんその程度の薄っぺらい人なのだ。

 しかし芸人とくに音楽家には、そういう人が多いのである。






[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/29982305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2018-08-10 21:58 x
あれ? イデオンの主題歌を作曲した人だったっけ? うろ覚えだ、いかんな。
Commented by ruhiginoue at 2018-08-11 07:17
そうですよ。昔はよくアニメやってましたね。水木一郎が歌っていた『マシンハヤブサ』とか、成田賢が歌っていた『サイボーグ009』のリメイクとか。
で、『科学忍者隊ガッチャマン』が映画になったさいにシンフォニックなテーマ曲を作って、見よう見まねと言う感じだったけど、N響に演奏させて、それから『ドラクエ』に向かう、と。
Commented by ケーキイーター at 2018-08-11 11:07 x
「ドラクエ」って、ゲームだっけ。私はゲームとは無縁で、「マリオ」もやったことないの。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-08-10 16:39 | 音楽 | Trackback | Comments(3)