井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

オリンピックのボランティアと献血や臓器提供意思表示

 オリンピックのボランティアをしたい人がいたら受け入れる、と言うのならわかるが、募集すると言うのではボランティアではないし、しかも煽り立てたり半ば強制となるように学校に働きかけていて、それだけ公益性のあることなのかというと、実質は大企業の私的な営利事業に過ぎない。

 だから騙されてはいけないと、いろんな人が告発や警告をしているが、それでも騙され続けたい人がいる。嘘でも良いことすると信じたいのだ。

 これと同じようなことが、医療についても言える。高校の時に献血車が学校に来て、任意と言いながら拒否しにくい雰囲気であった。
 これも裏に製薬業界の利権がからんでいて、特に日本では731部隊の残党が作った会社が朝鮮戦争で大儲けをしたことで大きくなり、その後はあの薬害事件を起こしている。
 それでも「献血手帳」を作って、なんだか大人になった気がすると言って喜ぶ同級生もいた。

 また、「臓器移植意思表示カード」に、すべての臓器を提供しますと記入することで、なんかすごくいいことしたと言って、そのカードをみせびらかす同級生がいた。
 そういうことしたら非常に危ない。これにも裏があるんだからと注意しても、耳目を塞ぐようにする。なぜなら、嘘でも何でも善行していると信じて幸せでいるのだから、それを壊さないで欲しいのだそうだ。


f0133526_17562910.jpeg


 だからオリンピックのボランティアも、騙されてもいいから、いい事した気になりたくて、やる人がいるんだろう。

 そして、そのオリンピックについて批判してる人の中にも、献血手帳や、臓器提供意思表示カードを持っている人がいるんじゃないかな、と疑っている。
 おそらく、そんな人たちは、オリンピックとは違うんだと虚しく言うはずだ。





[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30009623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-08-25 17:37 x
お師匠さんのご指摘通りであると同時に、
お師匠さんがご存知なき人物で偶然の一致と思われるのですが
ようつべで「内部告発系在日愛国者」として一部のマニア受けする
動画投稿している XAN Channel氏の行動パターンがそうですね。

パオロマッツァリーノ博士が断言していた行動パターンである
「もしも売れっ子マスコミデビューできるならば、イマドキの
 若者叩きと・昔は良かったネ病原菌を振り撒かないといけませんから
 そういう文体に間違いなく改悪しますよ」のそのものの一人です。

またXAN Channelさんは「特亜系ガイジンさん」の一人ですから
丁度半世紀前に日本では視聴率だけは非常に良かった作品である
キャクテンスカーレットの玩具販売化に関して、当時の今井科学と
バンダイとがキャラデザ問題で差別を行った事も当然知りませんし
知りたいとも思わない愚かな姿勢なので残念な人の一人でもあります。
Commented by ruhiginoue at 2018-08-25 18:16
そういう人、結構いるってことなんでしょうね。うーむ…
Commented by 名無し at 2018-08-25 18:23 x
ネットでもリアルでも「工作員に気をつけろ!!」であります。
「全て悪いのはGHQのWGIPである」と抜かす輩が多すぎます。
戦前・戦時中・そして江戸時代には、3S政策も愚民化政策も
なかったなどと大法螺ウソつきまくりだらけです。

この点というか問題では、全国精神病者グループのかかりつけ医者で
あられましたの笠陽一郎先生の即断は慧眼でした。「全てはGHQが
悪い」が決め台詞になり自己責任教に鞍替えし行政の不備を突くのを弱めた
精神科医の内海聡氏とブンヤの船瀬俊介氏とは縁を切られて、生来の
得意かつ専門分野であるLGBT解放運動に晩節を注いでおられます。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-08-24 18:01 | 社会 | Trackback | Comments(3)