井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

テニス選手の二重国籍と日本の特異な文化

 テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝したら、彼女の家系と国籍について、やはり変なことが言われている。
 まず安倍首相である。「おめでとうございます」はいいけれど、「日本選手初のチャンピオン。この困難な時にあって、日本中に、元気と感動をありがとう」とは不可解である。「日本中」と言うが、今は大災害でそれどころではない人が大勢いるのだから、これでは政府のひどすぎる対応をごまかそうとしているとしか思えない。
 また、「日本選手」とはどんな定義なのか。彼女は二重国籍である。
 
 この件で、トンデモ発言ばかりしているヘンテコ右翼の足立康史議員が、またやらかしている。「ノーベル賞、オリンピック等で快挙を成し遂げた日本国民には、二重国籍の特例を認めたらどうかな」
 こんな、功績があったら特例で二重国籍を認めろというのは、後から日本人の功績ということにしてしまうわけだから、よく塾や予備校が、受験の難関に合格した人に頼んで通っていたことにしてもらい、合格者何名と宣伝に利用するのと同じじゃないか。

 こういうことを政治家先生たちが平気で言っている国であることと関係があるけれど、大坂なおみ選手の一家は彼女が3歳の時アメリカに引っ越しており、そうしなかったら、小さいころから人種差別による虐めと暴力を受けて才能が潰されていただろうと指摘されている。
 たしかに、そうだ。アメリカにも差別はあるが、そこに才能潰しを付け加えるというのは日本の特徴である。日本は、差別がなくても何か突出しようとすることを寄ってたかって否定する「文化」がある。
 それでいて、功績があると態度を一変させるが、これは後から手前のために利用するためである。

  これが、日本では普通のことなのだ。


f0133526_16065084.jpg





[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30046119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2018-09-14 17:05 x
あるある。ごそごそと沢山ぅ~!
Commented by ruhiginoue at 2018-09-14 17:47
日本は「単一民族国家」だから人種差別なんて無いという認識も幅を利かせていますね。
Commented by ruhiginoue at 2018-09-15 17:59
日本列島の特徴から、日本人は全体的に山奥の田舎の思考になるのです。
Commented by 名無し at 2018-09-16 13:46 x
「オキナワンロックの女王」の二つ名の存在である
喜屋武マリーさんはお子さんをアメリカンスクールに通学させたそうです。
その理由とは「子供時代にニッポンの学校に通わされた時には出自が
アメリカ人とのハーフという理由だけでいじめられた。あの時から
今までニッポンの学校には何らカイゼンが見られないからね」でした。

参考資料とした、精神科医の若林実先生の
「エジソンも不登校児だった」は名著です。何せ、渡部昇一先生も
ご推薦の西洋系自然医学入門として大著の「西勝造著作集全12巻」で
露呈した精神医学関連での左脳分析的追及への
不充分さを補完しておりますからです。
Commented by ruhiginoue at 2018-09-17 16:35
日本人の差別はまず治りませんね。
エジソンは他人の発明をパクリしてばかりでしたから「偉い人そんなの常識」は誤解ですね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-09-13 16:08 | 体操 | Trackback | Comments(5)