井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

学校の教科はすべて戦争と平和に役立つ

 よく、「読み書き算盤」と、生活に必要な知識として言われるが、この点から学校の教科でも「国語算数」と先に言われる。では、あとの教科はどうか。他は趣味だから学校でやることないと言う愚かな人たちがいる。

 とんでもないことだ。ちゃんと考えて教科が設定されているのだ。これは戦争と平和のためである。
 「国語算数」に続いては「理科」だが、これは軍事研究に必要である一方、資源の問題を解決するなど戦争の原因を除去して逆に平和のためになる研究もする。
 次は「社会」だが、戦争は政治の手段なのだから武器が優れているだけではダメなので、必要である。逆に戦争を防ぐ学問にもなる。

 中学からは英語が加わるが、捕虜を尋問したり艦船を臨検したり通信傍受や諜報に役立ち戦争に必要である。逆に外交や文化交流により戦争を防ぎ平和に役立ちもする。

 他の教科はもっと軽んじられているが、しかし「体育」も兵士を強くするのに必要だからナポレオンは「ワーテルローの戦いではなく英国の運動場に負けた」と言ったし、平和運動にも体力は必要だから「若者よ体を鍛えておけ」(ぬやまひろし)という歌が学生運動で唄われていた。韓国が軍事政権を打倒して民主化したのは若者に体力があって学生運動が盛んだったことと関係があるけれど、この背景には兵役があった。

 「家庭科」は衣食住を通じて強い兵士を作ることになり、だから桜美林大学の川島四郎という有名な学者は、軍の学校で優秀だったから東大に進んだが、軍事力増強になると主張して栄養学を専攻した。この点で森鴎外は麦飯で脚気が防止できる経験則を、医学的根拠が不明確だと言って無視し、兵士たちを脚気にしてしまい軍医失格だった。

 「美術」と「音楽」は戦意高揚のプロバガンダに利用できるし、逆に反戦の意識を鼓舞したり平和交流の材料にしたりもできる。

 だから、ちゃんと学校の教科は国のため必要なことだと考えられている。なのに、この教科は必要でこの教科は不要とか言っている連中は、なぜそんなこと言うのか。その話を聞くと実は何も考えておらずテキトーに言っているだけなのだ。



f0133526_19294643.jpeg



 



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30048252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-09-14 19:58 x
お師匠さん、お言葉ですが「日本人の9割に英語教育は不要・そして
日本人の6割にはどの外国語も不要」なのではないでしょうか。
一般庶民はまずは国語力を身につけてからでも外国語学習は遅くないでしょう。
外国語学習に関しては興味のある生徒と得意な生徒に、300近くある外国語の
中から同系統の言語の中から二つ選択させれる教育環境が整った環境を
整備したい運動をしたいです。現在の日本は世界でも稀にみる画一化教育で
あると同時に「漫画徳弘正也著狂四郎2030」でも真相を突いた内容である
「永遠の哲学」の観点から観れば本物の公益に役に立つ存在たちを
劣勢遺伝子とでっち上げて殺処分する場所ですから。
Commented by ケーキイーター at 2018-09-15 07:30 x
どの科目がその子に非常に役立つかは、その子にとってしか解らないだろう。私に数学はあまり必要なさそうだが、方程式を解くのは、当時、結構面白がっていた様な記憶。

外国語もその子にとっては「欲しい! 必要だ! 首ったけ!」になるんだろうな。さて、王様の歌の歌詞から勝手に引用してしまったが、その王様も今でもぼちぼち活動しているらしい。「王様の歌の歌詞」と書いたが、正確にはディープパープルが元。

Commented by ケーキイーター at 2018-09-15 07:45 x
因みに今、PC使って、ラジオの「週末日光」(正式名称は、「ウイークエンドサンシャイン」)を聴いているところ。ボブ・ディランの曲がかかっている。散々、洋楽を聴いている割には私は英語はさっぱり人間。でも、このラジオ番組、面白いから、聴いている。

確か、ディランと小沢一郎が同じ誕生日だったかな。げそ。
Commented by ケーキイーター at 2018-09-15 08:05 x
今日はピンクフロイドのリック・ライトの命日だと覚えていたが、池辺晉一郎さんの誕生日でもあった。後で『未来少年コナン』のBGMのCDでも聴いていようかな。しょうのないコメントだな。主題歌、カラオケで歌えるよ。
Commented by ruhiginoue at 2018-09-15 17:57
義務教育の英語は、世界的に幅を利かせている言葉だからコミュニケーションのため、その後は国語の理解を助けて論理的な思考力を養うため。
だから目的が異なるのです。
Commented by 名無し at 2018-09-15 19:07 x
お師匠さん、何で25%のために他の75%が犠牲にならんと
いかんとですか!!世界の英語を喋れる人々の人口比率は
1960年代~1970年代~2010年代に至るまで25%の
平面推移ですよ。地球人口がそれなりに増大しているので
声がデカく聞こえるだけです。(西ドイツ時代の野党系国会議員が
著した「死を招く援助」は約30年前に読みました)

これでは、英語もドイツ語も赤点の連続だった安倍総理に笑われます。
「オレはじっちゃん(岸信介元総理)公認で、4歳児の時から
第一外国語はベンガル語で楽しく学んできた。しかも世界公用語は
ヒンディー語か梵語が望ましいぜよ」と何度も、チャンネ・ルパンダの
水島聡局長相手にも、エスペランティスト的発言してますのです。
Commented by ruhiginoue at 2018-09-16 11:26
日本は「鬼畜米英」と言っていたのに敗戦で「ギブ―チョコレート」になって、属国としてガイジンといえばアメリカ人になったのです。
だから家畜人ヤプーは英語をありがたがるのです。
Commented by 名無し at 2018-09-16 13:54 x
お師匠さんの言わんとなされておられる事は正しいのですが
もっと正確な表現用語と致しまして「家畜人ヤプール」でありましょう。
(ヤプールとは、ウルトラシリーズを通じて二番目に登場する
 毎週登場する型式の敵役です)何せ「日本の伝統」の具体例として
皇室や皇族から始まって、歴代の総理大臣や大物政治家な存在は
外国語の二か国語や三か国語はマイスターされた方々が大半ですが
AFN英語こと「典型的なアメリカ語(淀川長治的表現です)」を
マイスターなされた存在は一人もおられないからです。
Commented by ruhiginoue at 2018-09-17 16:39
ヤプールは毎回登場する敵としては最初じゃないかと思ったけれど、円谷製ではないバンデル星人が最初ということですね。
Commented by 名無し at 2018-09-17 19:58 x
はい、その通りであります。しかも驚いた事は「円谷プロ」がブランドと
なっている事です。「磁石怪獣ガルバン」は「キャプテンウルトラ」に
登場する怪獣なのに、1974年くらいに販売された超合金的亜鉛合金の
玩具の版権シールとオマケのミニ怪獣図鑑の監修者が「円谷プロ」となって
おりましたのです。詳細を調べれば他にもあるのではないでしょうか?!
Commented by ケーキイーター at 2018-09-17 20:07 x
私が住んでいる所、ブラジル人が結構多くて、ひょっとしたら、英語よりもスペイン語やポルトガル語が解る人が重宝されているかもしれない。考え過ぎかな。

余談だが、我が家は子供の頃から、ウルトラマン・シリーズより、仮面ライダー・シリーズの方を見ることが多い家庭だったかもね。
Commented by 名無し at 2018-09-18 21:30 x
ケーキイーターさんの仰せの通りです。
約30年前にNHK地上波中波ラジオでニュース番組中心の
スペイン語とポルトガル語放送が開始されましたのも具体的
証拠の一つです。ただ残念なことは(イタリア系も含めまして)
彼ら彼女らもまたガキナショナリズムに染まる人々の割合が
半世紀前と比較して増えております状況証拠として
半世紀前には南欧および中南米諸国では発達心理学に基づいて
統一言語としてのエスペラント運動が一定の地位を占めて
おりましたが各国の経済力の発展によって弱くなったのが残念です。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-09-14 19:37 | 学術 | Trackback | Comments(12)