井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

イワンではなく晋三のバカ

 ロシアの民話や、それに基づく寓話に出てくるイワンのバカは、純粋無垢というか天衣無縫というかなので幸せになるし世の中のためにもなるが、日本のバカは違う。

f0133526_18160611.jpg

 これは他でもない安倍総理のことだ。世界各地にバラマキをして、これではただ相手が喜ぶだけと決まっているのに、「外交の安倍」とか、世界で最も影響力のある人たちの中の一人に選ばれたとか、自画自賛している。これも進展しない拉致問題と同様に、自分で言ったのではないと後から言い出しそうだが。
 そしてロシアには何千億円もくれてやる約束をして、だから領土問題が進展するかと思ったらそうではなく、北方領土(ロシアでは南クリル諸島)にスホーイ戦闘機(これは航空自衛隊も使っているF15戦闘機と空中戦をしたり、アメリカの長距離巡航ミサイルを迎撃したりするためにソ連時代に設計されたものの発展型といわれる)などが配備され、ロシアに軍事力増強を誇示されてしまっている。
 
 また、日本各地が災害で大変な今、北海道にたった五億円で、さっさと安倍総理はロシアに行ってしまった。もともと安倍総理はプーチン大統領に待たされてばかりで、『巌流島の決闘』の「遅いぞ武蔵」みたいにコケにされているのだ。
 そのうえ、平和条約を締結しようとプーチン大統領に言われたなどと何か良い成果であるかのように言うが、それは無条件で、つまり問題を解決ではなく問題が無いことにされてしまうということなのだが、その意味がどうも安倍総理の脳では理解できないらしい。

 だいたい、沖縄のアメリカ軍基地があれだけ反対されても、それを弾圧して強引に建設するのだから、地理的にロシアが警戒している当地に軍事施設は建設しない条件で領土を日本に渡すということにしても、そんな約束はあっさり反故にされるに決まっているのだから、ロシアが領土問題の交渉を拒絶するのは当然だけど、これも安倍晋三という人の脳では理解することが無理なのだ。

 だから、イワンのバカと違って晋三のバカは国にとっていいこと一つもないのだ。






[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30049951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ケーキイーター at 2018-09-17 20:02 x
青木理さんが『安倍三代』という本を書いた、ということは知っていますが、これも書店で「お化け三代」って本ありますか? って、聞かれたりして。お化け屋敷育ちの子に何を言っても無駄だろうな。そのお化けに慣れちゃっているんだから。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-09-15 18:44 | 国際 | Trackback | Comments(1)