井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

心霊と極右は実に相性が良い

 『新潮45』の編集長は、前に『ムー』の編集部にいたから、ネトウヨ路線はあくまで会社の指示であって編集長の意思ではなかったはずだという人たちがいるけれど、実際に社内でどうなっていたかは外部からだと不明だが、そもそもオカルトとか心霊とかいうものは保守や極右との親和性が高いものだ。他にも『たま』とか『メビウス』など同種の雑誌があって『ムー』より極右路線だった。

 それにしても、心霊というものが日本は特にひどい。前に、テレビで丹波哲郎が霊能者を紹介する番組があったけれど、そこで彼が対談した女性の霊能者は、岸総理に相談されて大丈夫だと押したことを誇っていた。それで自信をもった岸総理は安保を強行して死傷者まで出した。
 また、同番組では、癌など難病は悪霊の仕業なので追い払って治せるという霊能者を紹介し、それ以来、その霊能者が主催している団体には問い合わせが殺到して、相談の予約をしても一か月以上待たされるほどになった。最初は料金など取らないと公言してたのに、会の規模が大きくなると巨大な建物を建設して維持費がかかったりするようになって、高額な相談料を取るようになった。それで「除霊」「浄霊」「心霊(神霊)治療」したのに治らず死亡する人が出て、騙された詐欺に遭ったという人たちの「被害者の会」までできる始末。
 これらの「霊能者」たちは皆、私生活で不幸に見舞われていて、天罰だと言われたものだ。そうでなくても、心霊により災いを除くことを説いていたけれど、自らはダメだったことが証明されたことだけは確かだ。

 それに、心霊という考え方からしても、日本の霊能者は不純な発想ばかりしている。
 その「被害者の会」までできた団体の会長は、人に恨みや呪いをかけると、相手の霊的な力の方が強い場合は負けて自分が災いを受けてしまうと説き、実際に彼が呪った相手は災難に見舞われ、逆に彼を呪った者は呪いの念が跳ね返されて災難に見舞われたという話をすることで、自分は強いからいいが、お前たちはやめておけという説教をしていた。
 しかし、心霊で世界的に最も有名なシルバーバーチというアメリカ先住民の口を借りたという教えでは、憎しみや呪いの想いを人に向けていると、自らの霊格が低下して低級霊と波長が合ってしまい、自分が不幸や災難に見舞われるというものだ。これなら、勝てばいいが負けたらやばいからやめておけというのと違って、自らを向上させないといけないという健全な発想だ。
 ただ、どちらにしても、「人を呪わば穴二つ」という戒めとして言うなら、まだ仕方ないとも言える。

 ところが、戒めだから仕方ないでは済まないのが、歌手で自称霊能者の美輪明宏である。彼は、人に優しくすれば木霊のように自分にも跳ね返ってきて優しくしてもらえると説いていた。これもシルバーバーチでは違い、人に優しくすれば、自分が向上するということだ。「情けは人の為ならず」という諺も、人に情けをかけると人格が向上するという意味において自分の為になると解釈できるが、そうではなく見返りが期待できるので情けをかけるというのでは発想が卑しい。
 これは、世間一般の感覚に照らしても、同じだろう。

f0133526_13330655.jpg


 このように、日本の心霊というものは自らの向上という発想ではなく、力関係と損得勘定が混じったものである。もともと日本では、子供のしつけでも倫理ではなく「先生に言いつけますよ」「お巡りさんが来ますよ」であるから、当然だろう。だから道徳を教科にして評価をつけたりするのだ。
 これだから、美輪明宏も親しくしていた三島由紀夫に「二・二六事件の将校の霊が背後にいるのが見える」と言って、あの狂気の行動をけしかけたし、長崎出身の被爆者だからと戦争は批判しても、他のことでは、社会の秩序を乱す者は未成年者であっても権力によって殺して見せしめにしろと言うなどファシストむき出しである。これと同じことは、先の「被害者の会」ができた団体の「霊能者」も説いていた。

 こうしてみると、『ムー』から来た編集長が『新潮45』で極右的かつナチズム的な差別を煽動したとしても、もともと親和性があるのだから別段不自然なことではない。その原因は、自らの向上という発想を欠いた日本文化の貧困であり、これには絶望するしかない。







[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30077782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-09-30 15:58 x
お師匠さんの具体的な譬えは「わかりやすい説明」で良いですね。
そして日本人の大半は、第二次世界大戦の太平洋戦線での
「敗因分析」として敗戦直後から現在に至るまでの73年間、
全く反省の色などなくて「負けたのはアメリカの物量作戦によってだよ。
将兵から一般人までの国民全員の精神性の高さは、
日本人はアメリカ人よりも(当然ハクジンたちも含めての言動ですね)
はるかに格上なんだぞ」とロクに調査もしないでホルホル致します。
どうやら知性を鍛える目的での読書とは無縁の人々が多いのは
スターリン主義毛沢東主義に確信犯的に陥った
安倍政権に限った事ではなくて、日本人の悪しき伝統ですね。
Commented by 名無し at 2018-09-30 16:31 x
従いまして「日本人の優秀さ」についての「大半の一般の日本人」の
「歴史認識」とやらは「歴史修正主義」なのは当然であります。
「現代の科学文明の恩恵を日本人が享受できているのは
 日本人内部だけの相互交友と自助努力によるものである。江戸時代から
明治大正時代に伝わる伝統的な職人技と、戦時中に陸軍分野での
世界覇権の栄冠を獲得した名機ゼロセンや・海軍分野での
世界覇権である不沈戦艦ヤマトを造れた、他の国では実現不可能だった
高度なメカニックを製作できた技術伝承が戦後も成功したからである」
でホルホルしてそれで終わりです。このホルホルに対して

「親米派」としての正しく疑問を呈したと致しましょう。
「戦後カイゼン運動として、トヨタをはじめとして、アメリカさんから
技術指導員が派遣されてきてこの指導に素直に学んだおかげで
それで当時は安かろう悪かろうの国際的評価な一般民生分野での日本製品が
ようやく安かろう良かろうの評価を得れて売れるようになったんですよ」と
幾ら具体的証拠を提出して説得しようとしても「たわけ、この西洋かぶれめ
ハクジンコンプレックスめ、お前はご先祖様の能力を不当に卑下するんだな、
これ以上自虐史観(というデマ用語の流行は1997年以前はありませんが
理解しやすい文章のために使用いたします)によるデマを飛ばすようなら
愛の体罰でお前のそのクチを塞いで成敗してやるぞ、覚悟しろ!!」ですから
付ける薬はありませんね。特に一般の日本人相手にはやはり「擽る(くすぐる)
者」が勝つようです。どこの民族にもある傾向ですが日本人は極端過ぎます。
Commented by 名無し at 2018-10-01 05:35 x
この問題では、今一生さんに対する評価は高いです。確かにあの使徒は
(参照は揚げられたようつべ動画から)下品で反知性主義の権化で
(コクジン音楽の軽薄短小なモノマネでしかない反体制活動屋のビートルズごときを
 神格化している時点で反知性主義の極みです、フランクフルト学派や
 トランスパーソナル精神医学会よりも格下の存在であることもミエミエです)
煙草大好きで大酒飲みなんで、わたくしがこの世で一番大嫌いなタイプの
人外馬力的人間なんですが、治療対象相手となる患者が、本能のぶっ壊れた
低知能で低学歴なドキュンやヤンキーのアブナイ奴ばかりであればあるほどに、
また鬱病コミュ症ぼっち系ひきこもりの病理が深い連中であればあるほどに
得意分野として長所を見出して適材適所に人材配置する能力だけは凄いです。
従いまして今一生さんの垂れ流す害毒よりも、功績の方が大きいと思います。
これほど知人の中で「擽る(くすぐる)者」としての能力があった存在に
残念ながら出会えていないのもまた悲しいかな事実であります。
Commented by ruhiginoue at 2018-10-01 14:47
オカルトに憑り憑かれた日本人たちが、なぜか日本の科学技術などを誇っているので滑稽ですが、妄想で語っていると考えれば、辻褄だけは合いますね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-09-30 13:34 | 政治 | Trackback | Comments(4)