井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

元新潟県知知事が大阪府知事に敗訴した司法の異常

 この写真は、米山隆一新潟県知がTwitterなどに使用していた選挙演説中の写真である。

f0133526_12434181.jpg

 同氏は、辞職してからTwitterをやめていたが、驚いたことがあるので、その報告のために再開したとtweetしていた。
 それは、松井大阪府知事に名誉毀損で訴えられていたところ一審で敗訴したことだ。それで判決に不服どころか驚き、控訴すると述べた。
 
 その訴訟とは、髪の毛の色が生まれつき真っ黒でなかった女の子が毛染めを学校から強制されるという、まさに本末転倒の事態となって騒がれたことについて、大阪の学校で起こったことだから松井府知事に責任があると考えた米山もと知事は、それをSNSで批判したところ、松井府知事から名誉毀損で訴えられた、という件だ。
 この訴えに対して米山元知事は、公人に対してその立場に関係する事実に基づいて論評したのだから名誉毀損になるはずがないと抗弁していた。ところが一審判決は、松井府知事が独裁者であると印象づけるものだから名誉毀損になるということだった。
 これは、弁護士資格を持つ米山もと知事でなくても驚くはずだ。法的見地からありえない。

 ただし、特に名誉毀損の訴訟では、多くの裁判官が、内容で判断するのではなく当事者の地位で勝敗を決めているのが現実である。そのため事実も法律も無視し、屁理屈の水準にすら遥かに及びない判決になる。
 実際に、原発事故への対応について、安倍総理がSNSで嘘を発信して菅もと総理をデマで貶めたため訴訟になったが、荒唐無稽な判決によって安倍総理が勝訴したうえ、勝ったから正しいと嘘の上塗りを安倍総理は発信していた。
 このように、総理大臣でも、現か元かで判決が決まる。これが知事でも同じことが起きたのだ。

 これだから、名誉毀損の訴訟だと法廷で堂々と「政治的配慮をヨロシク」とやっているのが日常茶飯事である。このblogでも過去に紹介したとおり、名誉毀損で訴えた相手にこれといった地位が無いと勝訴しているのに、そうでないと逆になるという体験をしている。
 なかでも特にひどかったのが、防衛医大の代理人をしていた銀座ファースト法律事務所のホームページに虚偽を記載されたため、同事務所長の田中清弁護士(東京弁護士会)を名誉毀損で訴えたさいのことだ。すると同弁護士はまともに抗弁せず、自分が元高裁判事だとか退官後も政府筋の仕事を請け負っていると強調した。すると判決は「訴えられた後からホームページを書き替えているので違法ではない」などという非常識な判決であった。
 そのうえ、匿名掲示板などに「銀座ファースト法律事務所は勝訴した」という「事実」とともに、そこへ嘘と差別を付け加える陰湿な嫌がらせ書き込みが何者かによって実行されるようになった。

 もちろん名誉毀損に限ったことでない。刑事裁判でも、同じ医師がどちらも専門的見地から鑑定したのに、検察側だと採用されて被告人側だと無視されてばかりだ。これに怒っている医師のインタビューがテレビに取り上げられたこともある。
 このように日本の司法は完全に狂っているのだ。





[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30081906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-10-02 16:09 | 司法 | Trackback | Comments(0)