井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

フェイスブックに写真を載せる危険

 シリアで拘束された日本人で、殺害された湯川遥菜という人は、フェイスブックに載せた写真が命取りになったらしい。
 それは、田母神俊雄という人と一緒に撮った写真である。

 この田母神俊雄という人は、海外でも知る人ぞ知るで、日本人を拘束したイスラム国と名乗りダーイシュなどと呼ばれている勢力からも知られていたことが確認されている。
 では、田母神俊雄という人はどんな人物であると認識されていたのか。

 これは周知のとおり、田母神俊雄という人は航空自衛隊の頂点にいたけれど、政治的な発言が原因で辞めさせられた。この発言とは、日本が過去に起こした戦争を正当化するものだったので問題になったのだった。
 その後は政治活動を始め、自衛隊を防衛だけでなく攻撃的にすべきとか核武装すべきとか超タカ派の主張をしていた。

 ここまでが、外国でも知られている田母神俊雄なる人物である。
 その後、選挙に立候補したが、支持者から集めた資金を使い込んだとか、買収をして逮捕されたとか、結構お粗末であったが、これは日本だとだいたい知られているけれど、外国ではほとんど知られていない。だから、田母神俊雄とは超タカ派の危険人物である、という認識が外国では専らということだ。

 そして、湯川さんがシリアでダーイシュに捕まったさい、どんな日本人かと調べるには世界中で接続できるインターネットがもっとも便利であるから、それで彼のフェイスブックを閲覧したところ田母神さんと一緒に撮った写真が掲載されていた。
 これについて田母神さんは、選挙に立候補したとき色々な人たち大勢と記念撮影したからいちいち憶えておらず、湯川氏のことも記憶にないと言っていて、それはそうだろうけれど、そんなことまでダーイシュはわからない。あの田母神俊雄なんて人と関係があるのか、ということになってしまったようだ。

 そのうえ、彼は銃器マニアだったから、外国へ行ったら銃を持ったり撃ったりできるのではしゃいでいて、その様子を撮影したものまで掲載していた。日本国内だったら、ありゃただの軍事オタクですよと言えばわかるが、緊張感の強い紛争地域で戦っている急進派勢力には通用しない。これはやばい日本人だということで殺してしまえと、捕まった当初から言われていたらしい。

 こういうことがあるので、インターネット上で自分について何を掲載しているか、外国に行くさいは見直したほうがいいかもしれない。
f0133526_16193593.png




[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30143199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-11-03 16:50 | 国際 | Trackback | Comments(0)