井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

元朝日記者の植村が元日テレの櫻井に敗訴した構造

 元朝日記者の植村という人が、櫻井という日テレ元アナウンサーからデタラメを書かれて言いふらすようにされたので、名誉毀損で裁判に訴えたが、敗訴した。

 ここでネトウヨたちが大喜びしている。櫻井という人はテレビ局の仕事を辞めた後はジャーナリストと名乗っているが実質は極右の扇動者を商売にしており、安倍内閣や日本会議の応援にも関与しているからだ。
 そして、櫻井が正しかったことが裁判で証明されたと言っている。もちろん嘘だ。
 すでに裁判の途中で、櫻井が間違っていたことは明らかになっていて、これは櫻井自身もある程度まで認めていた。

 なのに櫻井が勝訴したのは、結果として間違っていたが、信じられる資料などに基づいていたので、故意ではないということだ。
 だから、櫻井が正しかったというのは嘘である。
 
 ちなみに、それでは、櫻井は正しくないけれど、嘘をついたのでもなかったのだろうか。
 これについて、櫻井は故意に嘘を言いふらすという告発があり、慶応大学の小林もと教授も実体験から証言している。
 また、薬害事件の時にも、損害賠償請求は否定されたが、櫻井が書いたことが嘘であることが訴訟の中で判明していることを、あの弘中弁護士が詳しく述べていた。

 しかし問題は裁判のことである。間違いが故意だったか結果的なのかを、常に公正に裁判が判断しているのか。そうであればいいが、裁判官たちは常に、原告と被告の社会的立場によって理屈の使い分けをしている。
 だから、持てる権力の大小と、権力への距離で、判決が正反対になる。
 これについては、過日、安倍総理が菅元総理に訴えられた件や、米山もと知事が松井知事に訴えられた件から、現職と元でも裁判官の態度が違い、滑稽なほど異常な判決になっている司法の実態を指摘している。




 さらに、櫻井の批判というより罵倒は常軌を逸していて公益性を図ったものとは到底言えないという訴えに対して、判決では公益性があるから許されるとしている。
 これが逆に権力を追及する側からの批判であると、批判した事実の問題では正しくても公益性が無いという判決になる。
 ただし、公務員とか公人とかいう人であれば、よほどプライバシーである場合を除けば無条件で公益性があることになるが、すると今度は、客観的には公益性があっても、批判した当人の内心では公益を図ったものではないはずだと勝手な想像で決めつけ、だから違法だという判決になる。

 まったく、無茶苦茶な屁理屈であるだけでなく、それを社会的地位によって正反対に当てはめることをしている。すべては権力の所持あるいは権力への距離なのだ。
 それで、権力に媚びる仕事をしている櫻井が勝たせてもらったのだ。今回の問題は、朝日新聞が当時の木村社長の背任行為のため政治的圧力に屈し、そこで問題になった記事を書いた当時の記者は、すでに退職しているのに迫害を受けてしまったため反撃しようとして、元記者の立場から訴訟をした。
 これでは勝てるわけがない。不当ではあるが。

 そもそも、この日本で、政治的な迫害を受けたことに対して後から法的救済を求めても、そんなことを司法に期待できるわけがない。
 そんなことも植村という人はわからなかったのかと不可解だが、これは敗訴の結果をうけて「ほらみたことか」と言っているのではなく、当方はすでに拙書『朝日新聞の逆襲』の中で一項をもうけて述べているので、読んだ方々にはお解りだろう。
f0133526_17314410.jpg





[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30156228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2018-11-12 22:45 x
前にも書き込んだ気がしますが、植村さんはほんとに自分の立ち位置と状況がわかっていなかったですからねえ。ネトウヨ界ではコトが表沙汰になる前から、彼は激しい攻撃の対象になってました。彼はホンカツ先生らを見ていながら自分は関係ないとのほほんとし、自分を守ってくれていた朝日の正規社員という強力な鎧を能天気に脱ぐことにしていたと。
 彼が裁判を起こしてファイティングポーズをとること決心したのもこうしたことの渦中で生きてきた海渡弁護士らの状況説明のお蔭です。正直、「ボーッと生きてんじゃねえよ!!」案件でしたね。
 まあ、まだ1つ2つ裁判は残っていますし、控訴審もあるので数回の内、1回くらいは勝訴が出るといいなあとは思うのですけどね。
 それにしても、J難度なアクロバット判決で”感激”しましたわ。
 犯人が捏造を認めて訂正文を公にしてるのに裁判官が間違っちゃうのも仕方がないと優しく庇うのですから。で、捏造を梃子にした罵倒、誹謗中傷を公益として容認するのですからビックリです。
Commented by ruhiginoue at 2018-11-13 16:20
 朝日新聞の本田さんのほうが、本多さんは自宅や子供の学校にまで暴力や嫌がらせがあって転居していると書いていたし、筑紫さんも嫌がらせは受けていたことが雑誌で報じられていたのに、植村さんは後からなに騒いでいるのかと疑問でしたね。
 元朝日新聞の森本さんつまり兄は、教授になったけど、もともと学者肌で、本多さんの著書でも森本さんに訊いて教えてもらったという話が出てきます。
 しかし本多さんは朝日新聞を定年退職してから地方紙か機関紙に再就職しようかと職安に登録したけどお呼びがかからず、誘いはすべて大学で講義しないかというもので、性に合わないからみんな断ったと言ってました。
 ところが、大学に勤務するほうが楽して給料もいいからと行きたがる人が少なくないとも聞きます。
 それに、ひどい無茶苦茶な判決だけど、そんな裁判を平気でする国だから戦争のことでも居直っているわけで、そんな国にいることを自覚してないのかな、とも。国連に訴えるべきでした。

 
 
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-11-10 12:01 | 司法 | Trackback | Comments(2)