井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

テレビにかじりつく老人

 子供の頃に「テレビばかりみるな」とか「テレビを見るとバカになる」とか親から言われた人は少なくないだろうし、よく「テレビではなく本を読め」と言われることもあっただろう。
 ところが、そんな親が、子供が大きくなるころにはテレビばかりになり、本を読まなくなる。それどころか、子供が本を読んでいると、本なんか読んでも役にたたないとか言うようになるものだ。
 それで、逆に子供から親に「面白い番組ならともかく、下らない番組を見るのは無駄だし煩いからやめて」と頼むと親は怒る。それで困ってしまうと言う人は多い。

 これは、自分の親もそうだし、人に訊いてみてもそうなので、たぶんほとんどがそうだろうと思うのだけど、新聞は読むというより大きな見出しを軽く眺めるだけになり、テレビ欄ですら例えば『徹子の部屋』に今日は誰が出るのかというのも子供に訊き、知らないと言っても「誰」と執拗に訊き、「さっき新聞受けから取ってきたから、そこに置いてあるよ」と言うと、仕方なさそうにテレビ欄を見るのだが、読めない。それで眼鏡をかけるけど見えず「また合わなくなった」と言って苛立つ。

f0133526_16510271.png

 つまり、老眼になって活字を読めない、または読むのが辛くなってしまったのだ。だから自分ができなくなったことを他人がしていると腐すようになり、かつては本を読めと言っていたのが、読書なんて無意味だと言い出すのだ。
 それでテレビということになるのだが、だから見ているというより聞いていて、しかも耳も悪くなってきたから音を大きくしてしまい、このため家族に煩さがられる。

 こういう時、代わりに新聞を見て教えてやるということをしても老人への思いやりではない。それでは認知症にするようなものである。買ってあげるからと説得して眼鏡屋に連れて行き視力検査(検眼と違い視力検査は眼科でなくてもしていい)してレンズを取替ることだ。変える間が短くなるから、よく宣伝している安い店にするといい。



[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30186183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-12-03 00:44 x
お師匠さんの提案通りであるのですが、以前のお師匠さんの
投稿内容でもありました警告読み返しの付け加えです。
自称「リベラル」「左派」「反対制」活動屋どもには更なる警告が必要です。
ネットで無料公開されている最新版や最新翻訳版をお気に入りに
登録しているから、印刷ミスが必ずある有料の紙の本なんて買うだけ無駄と
抜かす活動屋高齢者どもには「同志ならば義理買いして助けてあげなさい、
ネトウヨがはびこった一因は、あの連中はお仲間どうしで内容に多少の
瑕疵がある場合でも、仕方のないヤツだなと苦笑いしつつ義理買い
するので、書店がネトウヨ本で溢れ返る一因となっている」であります。
Commented by ruhiginoue at 2018-12-03 15:41
百田尚樹の訂正しては売るの本を商売としてやっている出版社は酷いものですが、売れてはいるのです。
そこまでするのは酷いけど、その自称リベラル・左派・反体制・反権力たちは、「読まなくてもわかっている」と気取ることで、書店がネトウヨ向けばかりになることをアシストしてるのは事実ですね。
ほんとうは考える力も読む視力もなくなっただけかもしれないけど。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-11-28 18:12 | 司法 | Trackback | Comments(2)