人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

安倍総理と河野外相ではプーチン大統領とラブロフ外相に歯が立たない

 日露関係について記者たちに質問された河野外相は、何度問われても「次の質問どうぞ」を繰り返すことで徹底的に無視したが、要するにロシア側が日本に対してこのところ強行な外交姿勢であることについて一切答えたくないという意味になる。

f0133526_11090964.jpg

 たしかに、安倍総理はロシアに対して莫大な経済援助を約束したが、それに対するロシア側の返答とは、北方領土の軍事強化および、この領土は大戦の結果ロシア領になったことを容認するよう日本に要求することであったから、一切答えたくないのは当たり前である。

 つまり、外交の秘密だから言えないのではなく、無能ぶりを隠したいだけ。ソ連時代に「フルシチョフはバカだ」と言って逮捕された人の罪状が、国家元首侮辱罪ではなく国家機密漏洩罪だった、みたいな話である。

 ただし、強硬でならすプーチン大統領とラブロフ外相に、安倍総理と河野外相のヘナチョコではこのザマであることは予想できた。
 これと同じ頃、安倍総理はガーナのアクフォアド大統領と首相官邸で会談し、ガーナの国道を改修するための64億8600万円の無償資金協力の署名式に立ち会ったと報じられた。小国では感謝され媚びてくるが、大国を相手に同じようにはできない。
 しかも、昔は日本が外国に道路を作る援助をすると、どうせ自動車を売りたいからだろうと言われたものだが、今はそんなに売れない。すでに日本製品が外国で売れなくなっている現実を認識できてない。

 それにしても、河野外相の父・洋平は、自民党内のリベラルとして不遇だったから、後を継いだ息子は最初の姿勢から変節して主流派に迎合し始めたのだろう。
 これは、角川原義が岩波茂雄みたいな出版人だったから、後を継いだ息子・春樹は親を超えたいと商業主義になった、みたいなことではないか。

 そういえば今話題というか問題というかの幻冬舎の見城社長は、前は角川書店に勤務していて、角川春樹の忠臣だった。そして、この当時からのモットーである、いい本とは中身ではなく売れる本、ということを、しっかりと引継いでいる。




トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30216513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2018-12-19 18:09 x
「ふつくしき日本の伝統」であるスキマビジネスでしか勝負できないで
ありましょう。たとえばインド大陸でのスズキの軽自動車とか
東南アジアでのホンダの原動機付自転車スーパーカブとかですね。
安倍総理はグルジェフ先生の真似事はできても
パスカル博士の真似事はできないお方ですから。
Commented by ケーキイーター at 2018-12-19 21:14 x
たろちゃんは、以前、ラジオで聞いた話がおもしろかっただけに、残念。

で。こういう時に使うのかな。「次の総理をどうぞ」って。あまり変わらないかな。

余談。さっき、蚊を一匹、殺生してしまった。成仏してくれ~、蚊さんよ。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2018-12-19 12:57 | 国際 | Trackback | Comments(2)