人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

国際司法と家裁での刃傷沙汰

 20日午後3時20分ごろだったそうだが、東京都千代田区霞が関1丁目の東京家庭裁判所の1階建物内で女性が首を刺されたという110番通報があり、女性(31)は心肺停止の状態で病院に搬送されて死亡が確認され、その女性の夫で米国籍の男(32)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された、という警察の発表であった。

 また、丸の内署によると、夫は事件後に逃走したが、近くの日比谷公園内で身柄を確保された。だから近いし直後なので現行犯ということになるわけだ。
 そして夫は自分の両手首を切り入院したが、命に別状はないらしい。
 この2人は離婚調停のため裁判所を訪れていたという。夫が裁判所の手荷物検査場前で待ち伏せし、現れた女性に襲いかかったという目撃情報もあるそうだ。

f0133526_17290241.jpg

 よく、霞が関の高裁前で、色々な人種の外国人から、家裁はどこかと訊かれて、この反対側だと何回教えたか数え切れない。離婚や親権の争いが国際的になったということだろう。
 ただ、他にも人がいるのに何で訊くのかと思ったら、英語が通じそうに見えたとのこと。ツラガマエとガタイから、よくそう言われるので仕方ない。裁判所から送達された書面を見せられ説明してくれと路上で頼まれたこともある。深刻な面持ちだったから応じたが。
 しかし、英語は比較的しゃべるほうだが、ちゃんと勉強していないので文法などいいかげんである。すると別の勘違いをされ礼を「ダンケ」とか「スパシーバ」とか言われる。

 そういえば法廷のcourt をbenchともいうが、これはドラマ『QB7』のBだ。クイーンズ・ベンチ7(王立第七法廷)。アウシュビッツと医師を巡る裁判の話である。高須センセイなど見た方がいい。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30479726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2019-03-27 06:41 x
>お師匠さん 鼻が高く彫の深い顔立ちというのは結果であります。
脚の裏側の筋肉特にアキレス腱の筋肉を伸ばす運動を沢山しておれば
結果としてそうなります。こういう風な顔立ちの人々は日本人の
場合は子供の頃にチャンバラゴッコを楽しんで毎日遊んでおられた
人々が多いです。ただ幾つかの大学医学部に証拠提出した情報源は
「西勝造著作集全12巻」の記述で証明した箇所を忘却していて
申し訳ありません。この著作類は物理学の方程式や数学の微積分が
日常生活に密着した実学であることを証明した名著ではあります。
21世紀になって復刻版が再刊行されたのですが >皆様へ
入手されて読まれる場合はぼったくりに合わない様にご注意下さい。
中村敦夫もと参議院議員の不詳の弟子の一人であるRAPT中村が
約4年前に上げたようつべラジオ動画では12巻揃いで四万円程度が
適正価格であると申しておりましたです。
Commented by ruhiginoue at 2019-03-27 19:54
その説は、どんなもんでしようか。
Commented by 名無し at 2019-03-28 12:10 x
現在西式健康法の「人体カイゼン」の方法は、東京東中野の渡辺医院と
九州久留米の愛康(あいこう)内科でしか、医師の資格を持った方の
指導としては行われていないのですが、頭蓋(とうがい)仙骨療法の
紹介所である横浜南区の日本支部の見解によりますと単にアキレス腱や
脚の裏の筋肉を伸ばして鼻を高くするだけであれば、踵のない専門の靴が
テレビショッピングとか町の靴屋さんで簡単に値段ははりますが
入手できます。もちろん、単に鼻が高く顔の彫が深くなるだけでは
健康管理には不充分であります。また欧米人では整理運動用の靴として
一般の人々に高級靴が入手可能になった19世紀末くらいからの
整理運動用の器具としての伝統があり向こうでは「庶民的合意」の
あるほどに普及致しておりますので、大量生産の工場のラインに乗せる
ことができるために値段も安くて良い製品が多種に亙るそうです。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-03-25 17:24 | 司法 | Trackback | Comments(3)