人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

貝阿彌誠裁判官は定年退職して弁護士と会社の役員

 東京地裁の医療集中部で部総括判事を勤めていた貝阿彌誠裁判官は、長野地裁・家裁所長になったさい、ある裁判傍聴記のサイトで「ご栄転おめでとうございます」と祝されながら、こんな皮肉を書かれていた。

 彼は2011年1月29日の中日新聞「適正で迅速な裁判環境づくり進める 長野地裁・家裁の貝阿弥所長会見」に記載されていたインタビューで「患者が高水準の医療を期待する一方、医師はわれわれが思う以上に一生懸命で、両者の調整が悩ましかった」と述べたが、医療裁判・医療訴訟のコーナーを書くに当たっては、国民や当事者が高水準の司法を期待する一方、裁判官はわれわれが思う以上に一生懸命で、どのように気を使いながら書いたものか、悩ましく思っています。

 つまり、医療裁判を担当する裁判官のボスが、医者は一生懸命にやっているのに、患者が高度な医療を求めすぎると公言したわけだ。
 また、彼は弁護士会に対して、医者を訴えさせないようにしろと恫喝したとも取れる発言もしている。
 そんな人だから、皮肉られたのだ。国民や当事者は高度な司法を期待するが、しかし裁判官が一生懸命なのは出世である。

 この貝世阿爾誠という男は、裁判官になってから、ずっと、順調に出世街道を登り進み、この後もさらに昇進した。だから魚貝類だが貝類ではなく魚類である。いわゆるヒラメ判事の典型であり、そのため華麗なるキャリアだからカレイ判事でもある。

f0133526_17011073.png


 この人は、医師の団体から買収されているのではないかと言われるくらい、医療裁判での偏向した態度が露骨だった。この人の「調整」とは、被害を受けた患者への恫喝である。お医者様のすることに文句言って訴えるんじゃねえ馬鹿ぶっ殺すぞっーなどと、今にも言いそうな凄まじい顔をする。
 そして人相と強面の印象にとどまらなかった。

 だから、裁判の当事者たちからすごい悪評だったし、おそらく他の裁判官にも嫌われていたはずだ。現に、貝阿彌誠の恫喝に居合わせた部下の裁判官は、嫌悪感を露にしたり、立場上仕方ないのでうつむいていたりする。
 それでも平然としている貝阿彌誠。すべて自分が社会的に成功者となるため当然のことだと確信しているのだろう。

 その後、長野地裁では樋口隆明という裁判官が「あなたの審理が終わらないので、上司から怒られているんだ。私の左遷の話まで出ている」と発言し、暴言として慰謝料3万円の判決となったことが報じられた。金額が少なすぎるとも言われたが、しかし身内それも裁判官としては先輩になる人の責任を認めた裁判官は立派だったと評価されていた。

 これについて、あの紀藤正樹という有名な弁護士がブログで、やはり金額は少ないけれど先輩の責任を認めた加藤員祥裁判官は偉いと述べていた。
 そして、「その上司の名前を知りたいです。そもそも憲法上、独立して職権を行える裁判官、しかも飯田支部の支部長裁判官を叱れる裁判官は、どのような立場で、樋口隆明裁判官を叱ているんでしょうか?」「(上司の)『左遷』という言葉自体が、パワハラになる可能性があるうえ、憲法上も、問題があるケースだろうと思います」と。
 また、暴言当時、「2009. 4. 1~2012. 3.31 長野地・家裁飯田支部長、飯田簡裁判事」この後は「2012. 4. 1~前橋地・家裁判事、前橋簡裁判事」という。

 それで、同弁護士の指摘と照らし合わせると、その上司とは貝阿彌誠のようだと指摘されていた。
 この男なら、やるだろう。

 それは彼が東京地裁の医療集中部で部総括判事だった時のこと。医療裁判で敗訴した病院の医師が、その腹いせに患者の個人情報をインターネットに漏洩させたので「プロバイダー責任制限法」の基づき情報開示請求の裁判となっていた。東京地裁の裁判官では良心的と言われる女性の裁判官が、慎重で公正な訴訟指揮をしていた。
 そこへ貝阿彌誠は、医療は自分が専門だからと法的な問題をすり替えて途中から割り込んだ。あくまでもインターネットの通信情報とプライバシー侵害が問題となっているのに、

 これは貝阿彌の言う医療の「水準」どころか、医師の人間性が疑われる行為である。
 しかし狂気の貝阿彌誠は「私は他の裁判官と違って患者に甘くないから」と怒気を含んだ声で言って威圧した。目を血走らせ、すごい形相だった。そして合議することにしたと言いながら、だから慎重になるというのではなく、予定されていた証拠調べなどせず弁論を打ち切ってしまい、いきなり判決した。
 そして、個人情報を漏洩させても気づかない人が多いだろうから違法ではない、という唖然とするほど非常識な内容だった。

 これが露骨な不当介入であることは、説明を要しないだろう。こんなことをしていたのだから、裁判官の独立を侵害するパワハラなど平気でやる人間であるはずだ。
 その他にも「要注意の裁判官」「不当判決リピーター」「権力の手先」という評価ばかり。分野は医療に限らない。まともな判決があるときは陪席判事が抵抗していたもので、その時の様子を当事者から聞いたりもした。

 こんな人が威張っていて出世するのだから、あの逮捕状を握り潰した事件など、他の部門でも醜いことがあって当然である。

 そして、この貝阿彌誠は、定年退職したあと定石のとおり弁護士となり大きな会社の役員をしているそうだ。このように裁判官にとって弁護士会と大企業は天下り先なので、これらに対して裁判所が贔屓して不公正であっても当たり前なのだ。
 




ブログランキング・にほんブログ村へ
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30514296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 弁護士 at 2019-05-30 00:34 x
法律関係の人間ですが、あまりに誹謗中傷が過ぎると思うのでコメントします。
弁論準備の現場をあたかも見てきたかのように書かれていますが、あなたは実際に見られてこの記事を書かれているんですか?弁論準備は基本的には傍聴を認めていないはずですが。
Commented by motoken at 2019-05-30 08:25 x
「弁護士」なら「法律関係の人間」に決まっている。変な名乗り方ですな。
そして本当に弁護士など法律関係の人間なら、上のようにではなく以下のように書くはず。

「通常、弁論準備は傍聴できないので、それを見てきたような書き方をしているあなたは当事者か関係者だったということですか。そうでなければ、その事件の当事者か関係者による伝聞ということになりますが、その場合あなたは裁判の書面も読んで関係者らの証言と整合性があると確認されたのですか。どちらでもなければ、もしも作り話なら論外であるし、事実に基づいていたとしてもずさんなので、中傷誹謗だという誹りを受けますが、どうなのでしょうか」
Commented by ruhiginoue at 2019-05-30 16:16
そもそも匿名で自分の職業などを名乗る人がいても本当なのかわからないから無駄なことだと昔から言われています。
もちろん弁護士でなくても、まずは当事者か関係者だったのかと質問するものです。見てもいないのに中傷誹謗だなんて言うものではありません。
Commented by ろいやーX at 2019-05-31 22:36 x
それに、問題は貝阿彌誠判事が部下に干渉して裁判官の独立を侵害したことでしょう。
これは裁判記録があるのだから否定しようがない。
Commented by 匿名 at 2019-06-01 00:46 x
当事者か関係者だったんですか?
実際に期日を見ていたんですか?
恫喝するところを見ていたんですか?
Commented by motoken at 2019-06-01 07:51 x
自称弁護士と同じ人かね。送信元は主でないと観れないけど。

とにかく答えることないよ。
嘘くさい肩書と専門家ぶって威嚇しておいて、ちっとも専門家らしくない質問の仕方。
それも事実関係を確認しないで半端な知識を持ち出して中傷誹謗だと決めつけた。
これらを指摘されたら釈明もなく「すんません」の一言もなく指摘されたことを質問する。
相手にするに値しないから。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-03-31 11:57 | 司法 | Trackback | Comments(6)