人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

差別発言の落合洋司弁護士と立民党と三宅雪子もと議員

 以前から熱心にツイッターで発信していた落合洋司弁護士は、立憲民主党から選挙に立候補すると表明したが、ヘイトスピーチを執拗にツイートしてネトウヨであることを披露してもいた。

 このところ、立民党の候補予定者が立て続けに差別的なツイートをしている。前に問題になって取り消しとなった予定者は、冗談でやったら受けたので面白がっていたという不謹慎さ。
 そして今回の落合洋司弁護士は「評論家的」に発言したので本心ではないという奇妙な弁解をした。

 このような差別発言を、信念または受け狙いでやるのは自民党の一部と維新だった。ところが立民から立て続けということは、立民党は差別が正式な方針とまでは言えないけれども、そういう体質の人たちと、そういうことに無神経な人たちが、一定数いるとだけは言えるだろう。

f0133526_08415351.jpg

 こんなのは、どこの政党であっても、候補者として相応しい発言ではないという指摘がある。差別して良いか悪いか政党によって違うのではなく、どこの政党でも差別の言動をする政治家はダメということだ。それがいくら一部の人たちに受けるとしても。
 しかし政治家は選挙のために流行に乗ろうとするものだ。これに対して、弁護士なら法的見地から注意する立場のはずだ。

 また、落合洋司という弁護士は、例の三宅雪子もと議員の代理人であり、彼女が元支援者らを訴えるとか言うことに関わっていた。三宅雪子もと議員の代理人である弁護士として、彼は内容証明を出している。これを送られてきた人はびっくりしたらしい。自分は被害者のはずなのに加害者であるように仕立て上げられていると言っていた。

 その縁なのかどうかは判らないが、落合弁護士は自由党と仲良くしていたようだ。しかし三宅もと議員は、自由党が生活党と名乗っていた時に属していたが離党している。党内で嫌な思いをしたからだそうだ。これについて「後ろ足で砂をかけて出ていった」と自由党の支持者は受け止めていた。
 そして落合弁護士は、自民党の候補になりたいと打診したこともあったと言われてる。

 そんな人を、なんで立民は拾ったのか。差別をツイートしてきた落合洋司弁護士を選挙の候補者にする立民も滑稽だが、この人を代理人にして元支援者を攻撃した三宅雪子もと議員も滑稽だ。この一方で彼女は、過激に差別と闘う「しばき隊」と関わる弁護士らに肩入れしているのだから。
 そんな人に乗っかる佐々木亮弁護士らも滑稽である。

 みんな、いったい何を考えているのだろうか。

三宅雪子もと議員、元支援者らを訴え、「しばき隊」と関わる弁護士らに肩入れについて



ブログランキング・にほんブログ村へ
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30520549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2019-04-08 18:36 x
 民主系には日本会議やそれに類する連中がママいたので、それを正さなかった立民な人たちにそうした思想信条の持ち主とは共にやれないという感覚はないでしょうねえ。
 民主系は3つ程度に分裂しましたが、戦術と都合に差はあれど、面子と言動を見ていると思想信条の差はそれほどはっきりしていないように思います。人間関係で別れたような感じですね。
 政党は「どう考えていてどう振る舞うのか?筋を通すのか?義理を重んじるのかどうか?」と言ったことを明示すべきだと思います。その意味で、民主系はダメ過ぎます。
 大阪で共産党の宮本議員が補選に無所属で立候補しましたが、選挙で共産に応援してもらって大量当選できた立民は反共ぶりを発揮、民進分裂の立役者の樽床(無所属で浪人)を慮って不支持、共産の選挙支援を嫌って分裂を招き自爆した民民や旧民主重鎮の社保は逆に応援に回る不思議。自由党も反共で希望の党に行こうとしていたのに応援に回るというね。
 民主系は基本悪いですが、福山・枝野の罪は相当重いと思いますね。
Commented by ruhiginoue at 2019-04-09 08:55
知り合いの地方議員の女性は、平和や福祉に熱心なだけで特に左じゃないけど、ずいぶん昔から「枝野は極右で信用できない」と言い続けていて、当時そんなに感じがしてなかったから何を言ってるのかなと思っていたけども、次第に彼女の言う通りだなと思うようになりました。

大体、日本新党や新進党が出てきたのは非自民党で反共・反平和・反福祉が目的だったから、その流れを汲んでいる連中がリベラルなわけありません。
なのにマスメディアに騙されている人が今も多いという事ですね。

共産党に助けてもらっておいて立民党は手のひらかえしているのに対し、自由党は反共で結集したいのが本音だけど助けてもらったお返しだけはしないといけないと小沢一郎は考えているのでしょう。
そこは自民党に居た時に田中角栄から駆け引きを教わっていて、ここが後からポッと出の枝野幸男との違いで、良識ではなく貫禄の差ということでしょう。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-04-03 12:30 | 政治 | Trackback | Comments(2)