人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

防衛医大側の弁護士が医師を怒らせていた事実

 次の事実について、問い合わせがあった。

 国立病院の医療被害を受けた患者が、国の責任を追及して裁判に訴えていることを説明するホームページに、手術で無残な状態になった患部の写真を掲載し、被害の深刻さを訴えた。
 これについて、国と医師の訴訟代理人をしている弁護士が、医師に対する名誉毀損であると主張した。手術は適切であり医師には「何の落ち度もない」のだからと。また、すでに裁判の中で不当な訴えであることが明らかになっているのだと。
 それで当弁護士たちは警察に告訴し、患者を逮捕するよう要請した。その告訴状が存在する。(ただし警察は民事介入を避けたらしく、受理したのち不処置とした。)

 しかし告訴の当時、医療裁判は予定されている証人尋問の直前だった。つまり裁判は「まだこれから」であった。国の弁護士が言っているのは嘘だ。
 さらに後から以下の事実が判明した。
 国(病院)の弁護士は証人の医師に対し、証言に先立ち打ち合わせの申し入れをしていた。病院と医師にとって有利な証言に誘導しようと目論んだのだろう。
 ところが、このさい同弁護士はその医師に失礼な言動をして怒らせてしまった。
 この弁護士は元高裁判事。退官して弁護士になっても政府の仕事をしている。それで威張る癖がついていたのかもしれない。
 その医師は、あくまで客観的に医学的専門的見地から証言したと言う。そうさせないように事前の打ち合わせをしようと国の弁護士は画策したが失敗してしまった。

 ということなので、その時点で裁判に負けそうだと焦るのは国が雇った弁護士の方である。それで警察に訴えて証人尋問の前に患者を逮捕させようとしたのではないか。
 そして裁判の結果は、患者が勝訴し国も非を認めて控訴しなかった。これをマスコミも報じた。

 そこで質問。上記はインターネット各地の「病院」「医師」ではなく「弁護士」の問題というカテゴリーのサイトに載っていて、おそらくそれで病院は明記されていないのだろうが、この病院とは防衛医大のことではないか。また、この弁護士の所業については、上記おおよそ正確か。

 これは事実である。
 細部や心理について勝手な推測はできないが、証人の医師は、国に雇われた弁護士から「打ち合わせしよう」という趣旨の申し入れをされて断ったことを法廷で明言している。
 その申し入れのさい国の弁護士が「とても失礼」だったので大変に不愉快だったことは、その医師が裁判の後になってから直に教えてくれた。
 これについて裁判に出すとしたら「具体的な内容は、私信なので無断で第三者に見せることはできないから、承諾を得たうえで公開の法廷での弁論ではなく非公開の弁論準備期日なら」と書面に記述して提出している。
 なので、この記録を基に語っている人たちがいるようだ。

f0133526_13373044.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ

トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30529496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruhiginoue at 2019-04-13 18:50
それを解っているから米兵を日本で裁判にかけさせないのです。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-04-10 12:22 | 司法 | Trackback | Comments(1)