人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

上野千鶴子=東京大学名誉教授の祝辞の具体的な意味

 桜が散って花弁がベランダに落ちているの見ると、呑気に芸能人を集めて花見しているソーリの一方、あの桜田サンはついに辞めることになったなあ、と思ったものだ。

 ところで、入学試験の合格を「桜咲く」不合格を「桜散る」と喩えるが、そのあと入学式である。

f0133526_15022033.jpg


 今年は、上野千鶴子=東京大学名誉教授の、東京大学入学式での祝辞が、話題になった。

 まず、いくら自分が努力してはいても、それができるのは幸運だったからであったことを忘れてはいけないという話があり、これは具体的には片山さつきデージンのようではいけないということだろう。
 また、たくさん勉強しても、そればっかりで世間知らずではいけませんという話にもなり、これは具体的には木村草太センセとか三浦瑠麗センセみたいになってはだめですよ、ということだろう。

 あと、同じ白山の某私大は、竹中平蔵デーセンセが出てきたり、それを批判したら卒業させないぞと大学当局に脅されたり、なんてことが問題になっている。
 これを女装(女性になりすますのではなく、髪を伸ばしたり女の服を着たりの好みを堂々とやるという意味)の東大の先生が批判し、そんな大学は行くなと怒っていた。
 なので、そういうことが無いだけ東大はマシじゃないかとTwitterで質問したら、東大なんてもっと行ってはいけないと言われた。この先生は京大卒だそうだ。

 さらに、がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」と、がんばる意欲をくじかれるひとたちもいますーと上野先生は指摘していた。
 だから、くじかれてきた人たちの中には、これから頑張るという人たちが大勢いるので、そうした人の入学を増やすべきだ。東大は年齢不問とHPで宣言していたはず。
 なので、推薦入試や民間試験導入やめて欲しい。




ブログランキング・にほんブログ村へ

トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30545030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンドリュー・バルトフェルド at 2019-04-21 20:17 x
上野千鶴子東大名誉教授のスピーチこそ「全体を読むべき」ということになるのですが、そうしない連中が「麻生さん(自民党やその別働隊でも可です)の発言を切り取るな、キイキイ」喚いているのです。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-04-21 09:55 | 学術 | Trackback | Comments(1)