人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

お笑い芸人に反権力を求める勘違いの人たち

 前に安倍総理は『笑っていいとも』に出たが、今度は吉本新喜劇に出て話題になっていた。宣伝のためだろう。
 これについて「そもそも庶民が権力者を茶化して皮肉って笑うのが本来のお笑いだと思う」と批判的に、元通信社記者の青木理氏は言ってたけど、これは誤解だ。お笑いこそ、権力とか体制の側のものだ。どんなお笑いだって必ず保守性に根ざしたものである。

 この問題の原点は、安倍内閣が他の内閣に比べ強くマスコミへ圧力をかけていることだ。
 これに対しマスコミ全体が弱すぎるのだが、ここで記者なら権力を監視する使命があるから気骨が無いことは批判されるべきである。
 だけど、芸人にはその使命が無いし、特にお笑いとは元々が保守性に根ざしたものだから、お笑い芸人に気骨が無いと言って批判する意味は無い。

 なのに、なぜ誤解した発言をする人が目立つのか。
 これは、お笑い芸人に気骨が無いのは日本独特のことだと思っているからだろう。そして、この原因を日本の伝統芸能やテレビの体質に求める。実際に、日本の落語など伝統的なお笑い芸は保守的どころか封建的であるし、テレビで人気があるコメディアンたちも同様である。

 よく日本のテレビお笑い番組と比較されるのは英国の『モンティパイソン』である。
 このテレビお笑い番組は、昔から日本の番組から実によくパクられてきた。萩本欽一や志村けん等も、こんな露骨なパクリをして恥ずかしくないのかと不可解なほどである。
 しかし風刺という点は一切マネしない。『モンティパイソン』は政治ネタを取り上げたり時には王室をネタにする事まであるけど、そういうことは日本ではやらない。

 しかし、『モンティパイソン』だって、笑いの内容は明らかに保守性に根ざしたもの。
 だからBBCで放送できたのだ。BBCなんて似非報道の自由放送局だが、これに相応しい似非風刺である。表面的な見方しかしない人は別だが、普通は気づくだろう。

 これはわかりやすい例だが、他も本質は同じである。
 そもそも、笑いをとる芸とは他者を見下すものなのだから。
 
f0133526_15014881.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ 

トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30570001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 名無し at 2019-05-09 14:45 x
お師匠さん、するてってえと、「モンティパイソン」とBBCの
本性もニッポンのスポーツ新聞の記事とレヴェルは同じと結論づけて
構わないのでしょうか。特に職業野球での「ダメダメ助っ人外国人」
記事は常連人気であります。英国王室の場合も助っ人外国人ですね。
1710年に英国王室がお家断絶したので、当時のドイツ第一帝国の
ハノーヴァー宰相を三部会決議によって迎え入れた存在ですから。
Commented by 名無し at 2019-05-09 14:48 x
近現代の英国王室が、お家の維持のためには「助っ人外国人」で
持っていることを皮肉るアメリカ映画で「ラルフ一世はアメリカン」と
いう作品が30年以上も前にありましたですね。
Commented by 名無し at 2019-05-09 14:59 x
お師匠さんの見解では、
飯沢匡先生の岩波新書刊「武器としての笑い」の結論は間違いで
日本では縄文系先住民の伝統としてとらえろという事が正しいで
間違いないのでしょうか?!ご回答下されば幸いに存じ上げます。
Commented by はな at 2019-05-09 15:52 x
お笑いなんて特に政治性がないと思いますが。元お笑い芸人の共産党議員もいるし。
Commented by ruhiginoue at 2019-05-10 11:03
『モンティパイソン』は、しょせんBBCで放送できた内容ということだし、出身のテリーギリアムが監督した映画もしょせんそういう内容です。
飯沢匡だってしょせんNHKのお抱えでしょう。
Commented by 名無し at 2019-05-11 06:22 x
お師匠さん、ご回答を下さいましてありがとうございます。
「飯沢匡だってしょせんはNHKのお抱えでしょう」で助かりました。
つまりは、イケダハヤトとかLove&Freedomそして
自称少年革命家とその子供を操る父親は、ようつべ動画のお抱えで
あるとの確信を持てました。SNSの鬼畜運営どもが予防接種の
単なる運用面での改善だけを訴える人々たちを言論弾圧する悪行を
(予防接種の効果そのものがないとする人々とは全くの別団体なのに)
「憎悪とデマを飛ばす連中を封印してくれて健全化行為に
 ありがとう」などと抜かす連中でもありますので。
Commented by ruhiginoue at 2019-05-12 20:18
SNSの言論弾圧がひどくなっていますね。Facebookが特に酷かったけど、TwitterさらにInstagramまで。おそらくスポンサーの圧力でしょう。対応を考えないといけません。もともとGoogleなど悪評がありました。
これからは企業に依存しないよう考え直さないといけません。
Commented by Neutralizer at 2019-05-15 16:49 x
 私はこのコラムのことで疑問があります、お笑いが権力に沿っているものであるとしたら、喜劇や狂言などの古典のお笑いは時の政府が自分達にとって害にならないと判断したから許されたのでしょうか?現代のお笑いはともかく、古典のお笑いには反権力の内容ものもありました。それは政府が放っておいただけでもし深刻なものだったら弾圧していたのでしょうか?
Commented by ruhiginoue at 2019-05-15 18:56
例えば江戸時代は300年も続いたので時期によって文化の特徴が違いますが、末期は公儀の力が弱体化したので批判が堂々と行われるようになり、その影響で笑いも公儀をコケにしたり茶化したりするようになりました。
これは力関係です。
だから、権力が他に移行しそうになると、それを見越して今の権力を嘲笑するようになるから、お笑い芸はすり寄り先を変えたということです。
つまり、権力を風刺していても、別の権力に沿っているだけです。
その新しい別の権力が具体的でない場合が多いから、その保守性に気づかないことが多いけれど。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-05-09 12:10 | 芸能 | Trackback | Comments(9)