人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

改元で内閣支持率が上昇は政策失敗の罪への恩赦

 内閣支持率が上昇した。
 全国の18歳以上の男女938人を対象とした今月10~12日の世論調査で安倍内閣の支持率は55%となり、3月下旬の前回調査の48%から7ポイント上昇したと日経新聞が報じた。
 前から指摘しているとおり、マスコミの世論調査は不正確であり、それをわかっていてマスコミは実施と発表をしているはずであるから、そのまま受け取ることは危険である。
 また、現在の日本のマスコミ報道は政府を支持させるようにする誘導が露骨であることも、改めて問題にすることではないほどである。

f0133526_10464550.jpg


 ただし、今回の世論調査で支持率急上昇は、改元へのご祝儀である。
 それゆえ政策と無関係なのに政府を支持しないといけないことになっているのだ。肝心の経済などで政策が失敗して支持率が低下していても、君主に何かあれば政府にも「恩赦」がある。臣民の罪が許されるのと同じように政府の罪も許されるべきなのだ。
 
 これは昔からの信仰であり、その刷り込みが行われてきたのだ。
 世界中で君主がいる国の臣民は幸せであり、その下にある政府を支持しなければならないことにされてきた。穏健で伝統を尊重する国の臣民は幸せで、民主的な政府は品が悪く、まして革命が起きた国は乱暴であるからもっと悪い。
 こういうことを、料亭の座敷みたいなセットで鼎談するテレビ番組だけでなく学士会報でも、似非知識人の御用学者らが登場して訳知り顔で語る。欧州でも亜細亜でも中近東でも同じだと言って。それらの諸国でそんなことを言ったら、褒められた国々でさえ呆れられるのに。

 こうまで徹底的なので、ある程度は影響される人たちがいて当然である。
 それにしても支持率上昇が一桁なのだから、大したことは無い。しかし、その程度でも差があることに意味がある。51%対49%でも多数であるということだからだ。





ブログランキング・にほんブログ村へ
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30592250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-05-14 12:14 | 政治 | Trackback | Comments(0)