人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

「野党がだらしない」と言っている人こそだらしない

 「自民党政権の悪政は野党がだらしないせいだ」
 と言う人たちがいるけれど、実際にそう言える事情が昔はあった。
 その原因は旧社会党である。社会党は労働組合の支援を受けているおかげで最大野党だったが、労組に依存しきって他から支持を集める努力をせず、そのうえ労組の支援を当たり前だと思って、支援してくれている労働者のために頑張ろうとしなかったのだ。

 この問題は時々マスコミでも取り上げられていて、特に今は亡き大橋巨泉などテレビで盛んに訴えていた。
 「ぼくが若い頃は自民党を批判して社会党を支持することは若者にとってトレンドだったからカッコ良かった。それが今では若い人から社会党は見向きされない。社会党を支持しているなんてカッコ良くないどころか恥ずかしくなってしまった」
 そのうえで、そうなってしまったのは労組依存だと指摘し、裏付ける資料を色々と提示していた。

 また、プロ野球に喩えられてもいた。
 これは野球ファンの大橋巨泉だけでなく色々な人たちが言っていた。

 まず自民党と読売ジャイアンツは同じで、勝つためには卑怯なことでも平気でやり、それでも人気が落ちないのは、そもそもその人気とは勝ち馬に乗ろうという習性の人たちによって支えられているからだ。

 これに対し社会党は阪神タイガースと同じで、巨人対阪神の試合を「伝統の一戦」というように、かつて阪神は巨人に次ぐ人気チームだったが、すっかり弱くなってしまい、この原因は不甲斐ない試合をして負けても甲子園球場はいつも超満員だからで、この大勢の阪神ファンを運ぶことで親会社の阪神電鉄も大儲けしているため、いくら負けてばかりでも平気でいるのだ。

 だから、また阪神タイガースに強くなって欲しければ阪神ファンが態度を改めて、不甲斐ない試合で負けたら次の試合は応援をボイコットするしかないと言われていた。
 なのに熱狂的なファンが多くて、同じように応援してしまう。

f0133526_10495138.png


 ところが社会党を支援している労働組合はもっと悪くて、頑張らない議員でも組織的に支援することで当選させてしまい、党の評価が低下し、少しずつだが確実に議員が減っていくという状態が長く続いて遂には最盛期に比して国会の議席がほぼ半減してしまった。
 これに怒った労働者が、よく、組合費の無駄だとか共産党を応援したほうがいいとか言いだし、すると労働組合から激しく弾圧されていた。

 これは悪意かというとそうではなく、阪神タイガースも社会党も、またそれを応援している人たちも、真面目ではあった。しかし漫然としていて、その自覚がほとんど無かったのだ。
 だから覇気の乏しい最大野党は「だらしない」と言うことだったのだ。

 これと今は情勢がまったく異なるのだから「野党がだらしない」は通用しない。それぞれが考えをもって応援すればいいだけのことだ。
 そうしないで野党のせいにしているのは、自分がだらしないだけである。

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30661628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruhiginoue at 2019-06-28 16:53
ご指摘の通り、労働階級から労働組合の支援を受けて議員になることで「名士」になる「ステータス」を得るという程度の意識しかない人が労組出身の政治家には非常に多いですね。
「真面目」とは阪神ファンが「六甲おろし」を歌っている時のような真面目さです。それでちゃんと応援になっているか、当人は疑問に思ってないだろうけど。
Commented by はな at 2019-06-28 17:46 x
阪神と一緒にしてはいけません。阪神は盛り返したけど、社会党は盛り返してないんだから。
Commented by ruhiginoue at 2019-06-29 16:41
国民民主党は支持率0だけど労組の支援で当選者を出してますが。
Commented by アンドリュー・バルトフェルド at 2019-06-29 20:52 x
今日の毎日新聞に「国会を考える」という題で松井孝治と成蹊大の誰かが口をそろえて「野党がだらしない」とか「揚げ足取りばかり」という体で喚いていました。
Commented by ruhiginoue at 2019-07-01 10:07
毎日新聞は創価学会から機関紙の印刷を委託されて経営上の事情から政府に好都合なことばかり載せるようになっているので、野党を中傷するのはこのところずーっとです。
Commented by 神奈川県在住男性 at 2019-07-07 10:57 x
私もある選挙の証紙貼りボランティアに行ってきた。野党である。貼っても貼ってもまだまだ。すごい数。電話かけも大変だが。とにかく選挙というのは大変だと思い知らされた。こうした大変な作業を「野党がだらしない」と言ってる人たちはやっているのだろうか。なにもしないで勝手なことを言い放っている人が多いと思う。今月号の『紙の爆弾』誌で連載している女性が「野党のバカども」と汚い言葉を吐いていた。この女性は前に「安倍がのさばっているのは野党がだらしないせい」と吐き捨てるようにしていた。そんなこと言うのなら自分は野党を応援するため何をしているのかと質問したい。関西のノリで漫才のように「シャキッとせい」とツッコミいれて励ましているつもりなのだろうか。そんなふうには内容からして読み取れなかった。「どっちもどっち」という無責任な逃げじゃないのか。こういうのに甘いメディアの対応は良くないと思う。
Commented by 山城 at 2019-07-08 00:53 x
野党は選挙の前に何かしてますか?それを問いたいのですが。私は、候補者の経験と裏方の経験どちらもあるから、選挙期間中の作業の大変さは知っています。
Commented by ruhiginoue at 2019-07-09 10:26
その女性の連載を確認したら「バカ」ではなく「阿保」でした。まあ、どちらにしても感じが悪いですよね。
特定の政党について事実に基づき具体的な批判をするなら意義があるけれど、ただ「野党がだらしない」なんて、まして「野党の阿保ども」なんて、普通に文意解釈すれば「どっちもどっち」で傍観者を気取りながら汚い言葉を吐いているだけですね。
先日、朝日新聞は、安倍総理が真面目な話に対して笑っていると問題になったとき、笑われる野党も悪いと書いて大ヒンシュクでした。いじめられる子にも問題があるというのと同じだからです。
真面目にやっているのに笑うなんて最低だけど、こちらの迫力が足りず舐められたのではないか、と自省して言うならともかく、マスメディアが両論併記の逃げ腰でやるのは、これこそだらしないことです。
こういうことは、個人的な範囲であれば言っていいけれど、何かしらメディアに載ることが前提の場合は不適切であると思います。
Commented by 神奈川県在住男性 at 2019-07-22 12:36 x
今回の選挙、できたばかりの立憲が倍増したり共産が提唱した野党統一候補がまたそれなりの成果だったり、困難な中で野党は踏ん張って自民の議席を減らしていています。

訂正しますが「馬鹿」ではなく「阿保」でしたけど、「野党がだらしないから」「野党の阿呆どもシャキッとせい」なんて品のない言葉づかいで無責任なこと書いている女性の言うことが当たらないどころか、(党派による程度の差はあれ)努力している人たちに失礼であることだけはハッキリしたと思います。
それとも、自分がハッパかけたおかげだと言い出すのでしょうか。後からどうとでも言えますから。
「与党が悪いのは野党がだらしないせい」と言う人たちは、そんな人ばかりです。
Commented by お節介焼き at 2019-08-06 12:31 x
その「どっちもどっち論」を言っているのが女性であることは気になるね。
女性は自己保身本能が強いから、あとで自民党政権が崩壊しても独裁体制になっても寓話の蝙蝠のように身を処すことを意図していると考えられる。
まあ、雑誌の発行元の経営者も賢明に距離を置いていると思うから心配しなくても大丈夫だろうがね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-06-28 05:41 | 政治 | Trackback | Comments(10)