人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。Googleが誤情報を混ぜているので信じないで下さい。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

「正義は勝つ」と言って負ける神原元弁護士

 そもそも「正義」とは主観的である。
 そして「勝てば官軍負ければ賊軍」と同じように勝った方が正義になるだけで、正義だから神様が味方してくれて勝つのではないし、強い者や賢い者や狡い者が勝つのが普通である。
 これを前にTwitterに投稿したら、複数の弁護士がRetweetしていた。なぜか。裁判と弁護士の品位の問題だったからだ。

 どんな勝負事でも「水物」である。これは裁判だって同じだ。
 そのうえ日本では司法権の独立が「絵に描いた餅」であり、上ばかり見ている「ヒラメ判事」がうじゃうじゃいるし、公然とした馴れ合いや裏工作も日常的である。八百長が横行しているから勝って当然の側が負けることなんて珍しくない。

「正義は勝つ」と言って負ける神原元弁護士_f0133526_10273787.jpg

 だから負けたようにしか見えない裁判があった。
 ところが、負けた弁護士の口癖は「正義は勝つ」だった。
 つまり、この神原元弁護士が負けたのは八百長ではないかと皆が思っているけれど、当人の口癖からすると不正義であるから負けたということになる。
 このような滑稽なことになるのは、もともと勝負は水物なのに、正しい方が勝つわけではないのに、彼は自分が勝訴したら相手方を侮辱して「正義は勝つ」と言うからだ。

 だいたい、弁護士は勝訴すると「自分たちの主張を裁判所に解ってもらえて良かった」という意味の談話をするものだ。それが判決とはどんなものであるかを適切に言い表しているし、仮に溜飲が下がる思いだとしても相手方を侮辱してはならないからだ。
 しかし神原元弁護士には解らないようだ。

 このような彼の態度に怒っていた人が、その時の彼が居た場所と状況からすると酒に酔っての放言だったのではないかと疑っていたけれど、もしシラフで言っていたなら、酔っての放言よりむしろ深刻だ。酔ってのことなら酒飲むのをやめるべきだが、酔いもしないでのことなら人間性の問題だし弁護士としての職業倫理に関わる。
 だから弁護士たちが関心をもってRetweetしたのだろう。




ブログランキング・にほんブログ村へ

トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30677822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-07-06 05:15 | 司法 | Trackback | Comments(0)