人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。Googleが誤情報を混ぜているので信じないで下さい。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

政治家を批判する前に田舎者を理解すべき

 どうせ毎度のことで田舎の保守ジジイに媚びたのだろうが、自民党の政治家などが地方で講演などすると、女性はたくさん勉強して仕事できるより結婚して子供を産むべきだと言う。
 これは、ただ女性を見下せば田舎の爺様が喜ぶくらいに軽く思っての発言だろう。真面目に考えていれば、そんなのは非現実的であることがすぐわかる。

 だいたい、今から子供がたくさん産まれても、もう間に合わない。
 だから、ほんとうに少子高齢化社会への対応策を現実に考えて田舎の老人たちに向かって言うなら、練炭を用意するので今度此処に後期高齢者の方々は集まって下さい、私もお付き合いさせていただきますから、と呼び掛けるべきだ。

 これは悪ふざけではなく、今から若い人たちに子供をたくさん作れと言うくらいなら、そんなこと言っていたり、それを聞いてそうだと思っていたり、の老人たちが自ら決断するほうが、現実的な解決になるということだ。

政治家を批判する前に田舎者を理解すべき_f0133526_10421122.jpg


 この労働人口の急減という問題について、そもそも日本人は認識していない。
 だから、政治家が無責任な発言をする。もちろん、田舎者たちに向かって言う場合は、どうせ田舎者は何もわからないという実態を政治家もわかっているから、それに合わせているはずだ。
 
 これが大昔なら、田舎には情報が届かないことがよくあったけれど、交通やマスメディアが発達して情報格差がなくなっても、田舎の人たちは惰性で生きることをやめられないので、社会問題など無関心のままである。
 だから、人手不足ってガイジンが来るなんざ気味が悪リイとか、若けえ娘どもが赤ん坊を産みゃエエんだ、ということでこれ以上考えるのお終い。

 この現実を無視して政治家だけ批判しても、決して政治家は態度を改めない。
 

 



ブログランキング・にほんブログ村へ


トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30690114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-07-14 05:24 | 政治 | Trackback | Comments(0)