人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

健康保険で受けられる医療は貧弱

 国民健康保険の納付書が各自治体から送付される時期である。
 この高額さに庶民は苦しめられており、生活の質が低下して健康を損ねている人が大勢いる。
 今、問題になっているのは国民年金と同様に、健康保険も、その実質は人頭税である。

f0133526_10534622.jpg

 ただ、年金は掛け金を納めていたのに見合った受け取りが将来ないけれど、健康保険は今の時点で病気や怪我のさい助かると言っている人がいる。
 ところが、納めさせられた掛け金に見合った受け取りがないのは、健康保険も同じだ。健康保険で受けられる医療は必要最小限のものだけである。これは今の医療の水準からするとお寒いとかお粗末とかいう内容である。

 これだから、前に拙書『防衛医大の場合は』に出てきたとおり、不適切な治療で深刻な被害が生じたことについて嘲り笑った医師が他の病院にいたのだ。
 これについて既に読んで下さった方々は知っているとおり、その医師は、同じ科目の医師たちからも、その性格の悪さによる不謹慎な言動により嫌悪感を表明される人だ。
 ただ、そこでこの医師の人柄だけが問題ではなく、その医師が被害を嘲り笑った原因も問題で、これは個人ではなく構造的な問題だから、こちらのほうが深刻である。

 なぜ笑ったのかというと、患者は貧乏人だから。
 貧乏人だと笑うのも最低だが、では医師がそれを言うのはなぜか。保険治療したからで、保険だからお寒くてお粗末なことになり、そこから被害が生じたということだ。
 だから、保険だったので仕方ないと言えば裁判に訴えても患者が負けるということで、貧乏人ザマアミロということだ。
 こんなこと実際には、常に通用はしない(防衛医大の場合は保険だけでなく、国立病院で違法性が疑われる保険と自費の混合治療があった)のだが、通用する場合もよくある。だから無神経な医師なら露骨に表に出すのだ。
 
 そして、この程度なのは保険だからしょうがないということは、医療全体によくあることなのだ。
 なので、健康保険は高すぎるのだ。医師はよく解っていることだが、患者に知らない人が多い。



ブログランキング・にほんブログ村へ


トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30696246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ruhiginoue at 2019-07-19 12:16
外国で自費治療は高額なうえ失敗した時も大変ですね。ピートバーンズの場合がそうでした。
ただ、保険の関係で外国に行ったほうが安いこともありますね。
あと少数派への配慮が日本ではない。
テレビでもとりあげられていたけれど、男性だった人が性転換したら婦人科の病気にかかってしまうことがあるのに、日本での健康保険では男性なのだから婦人科は対象外となってしまうし、入院したら病室も男性部屋に入れられてしまう。これは性別が逆の場合も。
これなら外国へ行ったほうが、渡航費用などが加算されてもまだ安いし配慮もある、と。
しかし、そういう問題を考えない人が多く、どう思うか以前の問題になっていますね。
Commented by ruhiginoue at 2019-07-20 18:47
前にも話題にしたけれど、ピートバーンズは美男子で評判だったけれどもバイセクシャルだったので中性っぽい顔になりたいと言うことだったようですね。
実際、幼なじみの女性と結婚していたけれども離婚して、晩年は同性婚しましたから。
アメリカみたいに薬価などを抑制せずに保険で混乱という変なことしてる国もありますけど、日本は医療費の抑制をしてる方だけども、もっと抑制して保険以外のこともたくさんできるようにした方がいいと思いますね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-07-19 04:50 | 社会 | Trackback | Comments(2)