人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

弁護士はネトウヨが主流である現実

 八代英輝弁護士が、安倍内閣に媚びながら韓国の保守的な新聞と同列にして日本のやはり保守的な新聞である朝日新聞を「反日」と誹謗したり、「慰安婦問題は史実に基づかない」などとネトウヨ並みのデタラメ発言をしたり、これでも弁護士なのかと呆れている人たちもいるが、これと同じ水準の弁護士はザラにいるし、これが東京弁護士会や日弁連では主流である。
 
 ところが、これについて異議を唱える弁護士もいる。たしかにネトウヨ並みの弁護士はいるけれど、はたして主流なのかということだ。
 これは簡単なことで、表向きの顔と本性が違う弁護士がいて、気づかない人が多く、また同業者は気づいたとしても言えないのだ。

 もちろん、ちゃんと気づく人もいて、例えば先日の選挙に立候補して落選した亀石倫子弁護士の一見「リベラル」な主張には当事者感が希薄で御題目を上から目線で唱えているようにしか響いてこなかったと言う立憲民主党の支持者がいた。
 そうしたらやはり、愛知県で暴力を示唆した脅迫により表現の自由が問題になっているというのに亀石弁護士は、百田尚樹のヘイト発言などに対する批判も表現の自由への侵害だからリベラルな人たちも反省すべきとTwitterで発信し、内容的に全然違うじゃないかと批判され慌てて削除する始末であった。
 もともと亀石弁護士は、右派が差別的に騒いでいた国籍問題で蓮舫議員を批判していた過去があり、さらにまた、ということだから案の定というわけだ。
 その前にも同党は、候補者にする予定の落合洋司弁護士が差別発言していることを知ってから除外したことがあった。
 
f0133526_08415351.jpg

 だいたい、昔から弁護士に対する苦情・不平は多く、交通事故など当事者になった人や、そんな人たちの周辺の人たち、および相談を受けている人たちにとって、もう弁護士の人間性のひどさは常識である。
 どんな事件でも、交通事故でも医療過誤でもなんでも、いちおう根拠が有っての主張ならともかく何の根拠も無いのに責任を回避するため被害者を貶め、そのさい差別的で人権感覚の欠如を露呈させる弁護士がザラにいる。時には証拠の捏造までやらかす。
 そして、よく弁護士会に懲戒請求されるけど、「依頼人のため熱心さ余ってのことだから正当な業務の一貫だ」と斥けてばかり。冤罪事件で警察と検察が不正をした時と同じ居直りを弁護士会と日弁連は行って恥じない。
 
 ところが、当事者になったことが無い人が多く、みんな法曹界の実態を知らなさ過ぎるし、知ろうとせず目を背けてばかり。人権を護るとか権力と闘うとかの使命なんて幻想は社会を危うくするのだが「知らぬが仏」「見ぬもの潔し」でいたがる。

 しかし現実は、人数の比率はともかく、各弁護士会と日弁連で組織の実権を握っている弁護士のクライアントとは権力や財力を持つ人たちだから、主流となっているものだ。
 そこでは、表向き「人権派」でも本性は違う人も多い。これは自ら迫害を受け続けた体験と、法曹界の腐敗堕落を追及している運動をしている人たちとのやりとりから気付かされたことである。

f0133526_10191149.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ


トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/30730790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2019-08-12 08:10
心当たりがあります。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2019-08-12 05:10 | 司法 | Trackback | Comments(1)