人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

コロナウイルス兵器説

 流行性感冒は原因のウイルスを家畜が媒介するから、それで家畜が多い中国の農村から拡大すると言われている。

 かつて80年に公開されたSF映画『復活の日』は、流行性感冒で地上の生物が全滅に近い状態になる話で、生物兵器として操作されたウイルスが原因だった。
 ここで世界中がパニック状態に陥る前兆として、カザフ共和国で羊が死んでいるのを牧童が発見し驚く場面が描かれるけれど、脚本では中国でアヒルが大量死する場面だった。これに地元の老婆が不吉だと言う。こんな嫌な予感がするのは日本の兵隊が来て夫が連れ去られた時以来だと嘆き、悲劇の伏線となる。
 なんで映画化では削除されたのか不明だ。ロケの事情か。政治的な配慮か。

 この原作は小松左京の小説だが、ここでは新型ウイルスによる病気が発生地から「チベット風邪」と呼ばれていたが、映画では「イタリア風邪」となっていた。そして街がパニックになる場面はまるでネオリアリズモであり、おそらく監督の深作欣二は意識して演出したのだろう。
 また、東京の病院の場合では押し掛ける患者で大混雑となっていて、意識朦朧となった小さい子供を連れて来た母親が訴える。
 「病院はどこも一杯で、私も四十度近く熱があるんです」
 しかし診察している医師も眩暈でよろける。ほかの医師も看護師も控室でぐったりしている。看護師が医師に言う。
 「死者が一千万人を超えたそうです。いったい、いつまで続くんでしょう」


コロナウイルス兵器説_f0133526_19004956.jpg



 この話は原作の方が政治的にシリアスだったが、映画化では薄まり、日本の場面など浪花節だった。脚本は名手の高田宏治なので構成はしっかりしていたが。
 これを思い出したのは、コロナウイルス兵器説を言い出した人たちがいるからだ。

 ただ、昔からインフルエンザで深刻になると、こういう話は出てきたもので、かつてはテレビそれもNHKでマイケルクライトン原作の映画『アンドロメダ病原体』を引き合いに出していた。人工衛星が採取した病原体で街が壊滅する話だ。
 今なら、こんな番組は不謹慎と非難されるからできないが、昔はネットと同じことをテレビがやっていたのだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ 

トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/31051781
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くみちゃん at 2020-02-13 12:29 x
小松左京の小説で映画化されたものには『日本沈没』がありました。
前にこの映画のなかで博士が主張していた一部をTwitterで取り上げたら、その一部をさらに切り取り、SFの中に出てきたという部分を除外して科学論争と勘違いして非難したオッチョコチョイな「科学ライター」(女性)がいたという滑稽な逸話がありましたね。
今回も、エントリーの題名だけ見て「コロナウイルスは兵器」とブログが主張していると勘違いする人がいるかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2020-02-13 04:57 | 国際 | Trackback | Comments(1)