井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue

五月に鯉幟を見て鳥肌の人もいるから

 魚が嫌いで泳ぐのが怖い選手の話題だが、その人は、魚は歩かないからダメだと言う。なら昔の恐怖映画でフランケンシュタインの怪物やミイラ男や狼男や吸血鬼と同様に活躍した「大アマゾンの半魚人」は怖くなくないのかと問いたくなるが、それはともかく、魚の形が嫌いな人は時々いて、エラとかウロコとかヒレの形を生理的に受け付けない。あるいは目が怖いと言う。
 それで食べられないし、水族館はお化け屋敷よりはるかに怖いし、五月になると布製とはいえリアルな模様をした魚それも巨大なのがあちこちに泳ぐようになびいているから鳥肌がたつんだそうだ。
 音楽家の小室哲哉もそうだと聞いた。

�ܗ։��j�̉p�����I��A�u�����|���v
[PR]
トラックバックURL : https://ruhiginoue.exblog.jp/tb/8773886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by ruhiginoue | 2008-08-04 22:38 | 雑感 | Trackback | Comments(0)