人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。Googleが誤情報を混ぜているので信じないで下さい。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

カテゴリ:経済( 151 )

商品券と埼玉県

 こんないいかげんなことを言うから「麻生太郎は阿呆太郎」とこき下ろされるのだが、商品券は福祉対策を兼ねた景気浮揚策であり、伝染病の混乱で困窮する人たちへの緊急支援対策とは違う。
 この整理が頭の中で出来ていないから、現金だと貯蓄に回されるから商品券がいいという話と混濁する。そんなこと言うなら、国会議員の歳費も商品券にすべきで、しないから不祥事で雲隠れするさいのホテル代に使われるのだ。
 もちろん、商品券を使って浮いた現金を貯蓄する人がいるから、ほとんど景気対策にならず、福祉対策としても半端だ。それでもやるのは券を管理する天下り先の利益という火事場泥棒のためだろう。 
 だいたい、今の問題は「商品券で家賃は払えない」ということだ。

 ところで、前に飲み会の支払いで、金を出さず代わりに百貨店の商品券でいいだろうと言い出した人がいる。それも「まるひろ」という埼玉県の川越や飯能にしかないローカルなデパートの券だ。
 もらいもので、金券屋でも買いたたかれるどころか、地方によっては拒絶されるかもしれない券で、自分でも使い勝手が悪いからと他人に押し付けながら自分の飲食代を踏み倒そうとする。
 ただ、埼玉県の田舎では高級な百貨店だから、その商品券はいちおう立派だと、彼としては思っている。埼玉県の山奥の出の人だから。
 まったく、漫画で「三越や伊勢丹は埼玉県民の来るところではない。西友に行け」というのは、こんな人がいるからだろう。

 とにかく、埼玉県の山奥民に丸広の商品券ならまだしも、麻生太郎の言う商品券は文具券や図書券を子供に与えるような感覚で、実に失礼な話である。

商品券と埼玉県_f0133526_14043334.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ 

by ruhiginoue | 2020-03-29 04:59 | 経済 | Trackback | Comments(0)
 新型肺炎ウイルスのため税金の確定申告に行くことも心配されているが、税金の申告どころか仕事ができなくなって困る人が出ていて深刻な問題である。
 
 そこで、困っている人に政府が援助するにしても、一部の人たちに十万円を貸し付けるという話には、みんな怒っている。非常識すぎるからだ。
 この金額は、見舞金として給付するなら相当と言えるが、貸し付けでは少なすぎて意味が無い。

 なにか急に要用になってクレジットカードのキャッシングというのと同程度だが、まさか、仕事ができなくなったことに対して、補償も支援も見舞いもせず、気晴らしの飲み代を立替えてやるとでも言うのか。
 これだから非常識の誹りを受けるのだ。

10万円はクレジットカードのキャッシング_f0133526_14142807.jpg

 ほかにも「プレミアム商品券」なるバカげたことを政府がやったけれど、これは自民党ではなく連立相手の支持母体に、錯覚によりありがたがる人が多いからで、前にも「地域振興券」というのをやっていた。
 これとは違うのだから、みんな非常識に怒って当然のこと。いくら無能な政府にしても、これはひどすぎる。



ブログランキング・にほんブログ村へ 

by ruhiginoue | 2020-03-11 05:10 | 経済 | Trackback | Comments(0)
 タピオカドリンクがブームである。
 「ブーム」というのは「バン」と同じで擬音から発生した単語らしいが、こうした外来語は珍しい。日本語ならオノマトペがいっぱいなのだが。

 ところで、タピオカドリンクは台湾の発祥だが、日本で大流行だから台湾の企業がビジネスチャンスと注視しているそうだ。
 ただ、日本人は熱しやすく冷めやすい。ナタデココが大流行の時、東南アジアで、日本に輸出して儲けようと設備など投資したが、完成してさあ売ろうとしたらブームは終わり破産した人がいる。

タピオカで思い出すナタデココ_f0133526_14200001.jpg

 その人はフィリピン人だったらしいが、日本でナタデココが人気急上昇で品薄になっているほどだと知ると、これは大儲けのチャンスだと思い、融資を受けて設備投資したという。
 ところが、準備ができて大量生産で日本に輸出しようとしたら、もうブームが下火になっていて、売れなかった。これでは破産だと嘆き「もう日本人なんて嫌いだ」と喚いていたとも伝えられる。

 さて、タピオカもいつまで人気が続くか。

 そういえば、ロシアのメディア論調が、日本人の熱しやすく冷めやすい体質を政治と絡めて説いていた。ナタデココも、ティラミスも、だっこちゃん、フラフープ、ルービックキューブ、たまごっち!、急激に人気が出て、しばらくして飽きられた。
 これと同じで、新党というとブームになり、すぐ萎む。小泉純一郎総理は過去に自民党から出た総理大臣としては一風変わった人という印象だったから目新しい感じがして高支持率となっただけだと指摘していた。



ブログランキング・にほんブログ村へ 


by ruhiginoue | 2020-03-08 05:18 | 経済 | Trackback | Comments(0)
 タクシー業界が健全化のため「近代化センター」を作って苦情などを受け付けているのは、もとは、暴力団が経営して団員が運転手をしていたり、それで乱暴な態度や危険な運転をする「カミカゼタクシー」と皮肉られる実態があったからだった。
 今でも、運転手の言動や、料金を高くしようと遠回りしたり、などで苦情が寄せられているそうだが、あとヘイトスピーチする運転手がいるので通報しようと言う人がいる。
 これは、床屋政談のような感覚で軽口を叩く運転手だが、差別で客を不快にさせるなんてとんでもないことだから、会社と運転手の名前を控えておいて、どんどん通報してやるべきだ。
 それだけでなく、そんな運転手だったら、その場で降りてしまえと言う人もいる。そんな奴を儲からせることない、というわけだ。昔は主にカミカゼタクシーが問題だったが、今は差別が特に問題だから。

差別発言するタクシー運転手と元銀行員_f0133526_10574797.jpg

 ところで、前に某都市銀行の投資相談で、外国の債権を購入する話をしていたら、その「アドバイザー」という他の銀行を定年退職した男(だいたい、そんな人が再就職でやっているものだ)が、経済とは関係がない中国の悪口を言うので、こんな奴は要らないと銀行側に通告し、こいつがいるなら取引をしないと言って放逐した。
 このてのオッサンには少なくない傾向だが、しかしヘイトスピーチとかいうより、そんな話をして相談のうちだと思っているのは客を馬鹿にしているからで、客を馬鹿にしていては誠実な取引など不可能だから、相手にしてはいけないのだ。
 
 それにしても、いい歳こいた人がケジメなく仕事で悪趣味を発揮する不真面目は何故か。昔からだったのか、最近の傾向か。後者じゃないかと思う。ダメな人が多数派の世代だから。



ブログランキング・にほんブログ村へ 



by ruhiginoue | 2019-12-17 04:54 | 経済 | Trackback | Comments(0)

MMTと酒の飲みすぎ

 ある民放ラジオで出演者が経済の話をしていて、そこで麻生太郎がMMTについて的外れどころか経済の基礎も知らないことを露呈させた事実とともに、これが日本の政府で財務担当なのだとアメリカの専門家が呆れていたという事実を紹介していた。
 サイバーセキュリティ担当の大臣がUSBも知らないことを国会答弁で露呈させ外国の報道に取り上げられたりもしている。
 もともと、大臣なんて飾り物の名誉職であるから、こういうことになってしまうのだろう。相変わらずの田舎政治である。

 ところで、他の議員たちも、高校の科目の政治経済すら飛ばしてMMTとか言いだすから可笑しなことなっているという指摘がある。
 ここで、よく山本太郎が、しょせんは芸人で中卒だと言われているが、しかし高校どころか大学まで行った人はどうなのか。
 もちろん、麻生太郎とか安倍晋三とかは、親に金があったから、金次第の私立大学を勉強しないで卒業しているという事情がある。

 しかし、片山さつきのように真面目に勉強して東京大学を出て官僚をしていた人が、高校どころか中学の社会科で習う水準のことも理解していない現実もある。
 この人には、おそらく、そうなってしまった事情が何かあるはずだ。
 他にも東大出て官僚のあと国会議員で可笑しなことになった丸山ほだかという人がいるけれど、この人は明瞭で、学生のころからすでに兆候が同級生などから言われていたように、酒の飲みすぎである。
 
 自分の高校の同級生で、真面目だったけど、しばしば可笑しい言動をする人がいて、彼は酒を飲むようになったらバカとか頭が変とか言われても仕方ないような行動をするようになってしまったと自ら言っていた。
 それでも酒が止められないから、麻薬とあまり変わらない。そして、彼は政治家でもなんでも、優秀とか真面目とかであるはずの人が可笑しなことになっていたら、まず飲酒を疑うべきだと言っていた。

 当たっているかもしれない。


MMTと酒の飲みすぎ_f0133526_10555157.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-11-26 05:15 | 経済 | Trackback | Comments(0)
 新しい電気製品を買うと不良や故障ばかり。
 これは自分が不運にも「ハズレ」ばかり引くからではないようだ。かつては、買ったばかりで不良や故障だとクジ運が悪かったと誰でも解釈したのだった。
 また、安売りの店はハズレの率が高く、これは工場でエラーがあって修復したものを、その代わり安く仕入れさせてもらったからで、それに対して老舗のデパートなどは検品で一発合格したものばかり仕入れているから、値引きはしてなくても優良な製品であることが多く、こちらで買う方が安心でむしろ得とすら言われていた。

 ところが、デパートで購入しても量販店と変わらないと言われることが出て来て、これは量販店が力をつけてきたから優良な製品の率が高くなった為だと言われた。だから新規参入の小さな量販店では不良や故障が多いとも言われた。
 この一方、大きな老舗が潰れたりとデパートも衰退しているから、この影響もあると、某有名デパートに勤務している人が、かつて言っていた。

新しい電気製品を買って不良や故障_f0133526_15435332.jpg

 さらに、最近ではどこで買っても不良や故障が多くなり、それは安くするために人件費が安い外国で組み立てるようになったからと思われる。
 しかも、広く人口の多い中国では安上がりだったのが、そうして中国が経済力をつけてくると人件費も上がり、ではシンガポールならまだ安い、などとやっているから、製品の質が上がらなくて当然ではないか。

 これは個人経営の電気屋が言っていたことだが、古い電気製品が二十年とか三十年とか経っても変わらず使えるのは、その当時は日本で組み立てていたからで、この当時の日本の工業は、外国輸出で信用されたいと必死だった。ところが…というわけだ。
 なるほど、と思ってしまう。それくらい、最近では何を買っても残念なことが多い。



ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-11-04 05:31 | 経済 | Trackback | Comments(0)
 ラジオ体操は昼にも放送されているが、朝と違い『ラジオ体操の歌』は無し。昼に「♪新しい朝が来た~」は滑稽なので、無しで当たり前だ。

NHKはラジオ体操の後で保坂正康に続き竹中平蔵_f0133526_11242653.jpg


 ところで、ラジオ体操に続くNHKニュースで、22日はゲストの保阪正康が皇室を空々しく称えていた。
 皇室が国民にとって重要な存在であり、諸外国も好意的で、不幸なのは過去の一時に政治的な利用をされたことだと言う。
 それは現在のことだろう。これはその22日にまた証明された。
 しかし、内閣の批判はしない。この人は元々こんな奴だ。だからNHKは出す。

 この保坂正康については、既に拙書『防衛医大…』の冒頭で問題にしている。
 だが、ここで問題なのはNHKである。次の日はゲストが竹中平蔵で、消費税率を引き上げたけれど、軽減税率や商品券と福祉の充実などで庶民には莫大な還元があるという話。
 ラジオは無料だから何とか我慢できるが、これで受信料を取られてはたまらない。 

 しかし、こうした宣伝がある程度は功を奏しているし、こんな学者を雇っている東洋大学を問題にした同大の学生が卒業を取り消すと大学当局から脅迫されたのだ。
 そして、マスコミが香港についての的外れ報道などをしているのも、一つには国内から国民の目を逸らさせるためだろう。



ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-29 05:25 | 経済 | Trackback | Comments(1)
 サイゼリヤが「増税後」も値段を据え置くと広報している。
 個人的には、美味しくないから行かないので関係ないが、それはともかく…

 まず「消費税率の引き上げ」であって「増税」ではないのだから、ここからして変なのだが、この意味の違いが解らない人が特に低所得層の庶民には多いので、値段の安さを売りにしている店としては、それに合わせているのかもしれない。
 そして、小さい子供のいる家庭を助けるため税金を増やす必要があるという政府の嘘を、低所得層の庶民の多くは無知なので信じ込む。そういうところに常に権力は付け込む。

 では、ここでサイゼリヤとしては善意なのか。
 それには疑問が既に呈されている。もともと低価格を売りにしている大手は、取引先と従業員にしわ寄せしているものだから、消費税率の引き上げ後に価格を据え置くのは経営努力というより更なる締め付け強化の恐れがある。
 そもそも、小さい店では到底不可能なことを大きな店が実施すると誇っていること自体が欺瞞である。

サイゼリヤの値段据え置きは本当に良心的か_f0133526_10120382.jpg

 これで思い出すのはプロ野球の優勝セールである。
 いつもチームのスポンサーおよび地元の大型店は、取引先に商品を供出させる。だからいつも出入業者は泣かされていて、優勝しないよう望んでいるものだ。
 そして、売られる段階では大して安くもない。これをバーゲンセールの常套手段である雰囲気で乗せて客に買わせるのだ。これを無知な田舎の庶民は得したと錯覚するから実にオメデタイ。

 だからサイゼリヤが詐欺商法しているとまでは言えない。
 しかし、もともと消費税は他に負担を押し付けられる仕組みになっていることが問題になっていて、ここに業者間の力関係が反映してきたのだから、そこで消費税の引き上げに対して価格を据え置くと言われても素直に受け取れないのは当たり前だろう。





ブログランキング・にほんブログ村へ
by ruhiginoue | 2019-09-29 07:04 | 経済 | Trackback | Comments(0)
 ちょっと取引している銀行から「投資セミナー」の案内状が送付されたけれど、興味が無いというより無駄だと思っているので無視していたら、いつも投資を担当している行員の女性からご丁寧に電話で「まだ定員に達していないので」と誘いがあり、それで「生憎ちょうど同じ時に用事がある」と嘘をついて断った。

 ほんとうは、「投資セミナー」なら御行の「投資アドバイザー」に受けさせるべきだと言ってやりたかった。しかし、皮肉にしかならないので「嘘も方便」を選んだ。
 だいたい、「投資セミナー」の講師からして何も解っていないのだから、その話を何も解っていない「投資アドバイザー」が聴いても無意味だ。

「投資アドバイザー」はダメだねえ_f0133526_11160448.jpg

 このところ投資は全く利益にならない情勢だが、それについて希望的観測で「米中貿易戦争」が収束したらどうにかなるなどという話をしているのだから、聴くだけ時間の無駄である。
 そもそも、日本政府が自己保身のため対米従属で、また経済政策の破綻から国民の意識を外に逸らそうとして中国や韓国の悪口をいいふらしていたりで、この御粗末にマスコミは付き合っている。圧力をかけられて、その後は忖度して。
 
 ところが、金融や証券の業界に勤務してきた人たちは、このマスコミの垂れ流しを鵜呑みにしている。サラリーマンしてたら当たり前であるが、これでは経済の正確な情勢など把握できないし、したがって適切なアドバイスなど無理というものだ。
 だから会社という会社が衰退している。それで日本経済の先行きは暗いが、最悪から少しでもマシになろうとするなら、会社に従順でマスコミに従順すなわち無能な政府に従順な勤め人たちとは距離を置くべきである。




ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-09-25 04:48 | 経済 | Trackback | Comments(1)
 これは英語圏で最近よく話題にされていて、特にIT技術者や管理系に目立つことだが、仕事である程度の実績ができたらサッサと在宅勤務にしたり自由契約や請負の自営に転じたりする人たちがいる。
 こうすると収入は減ってしまうが、それ以上に支出が減るから困らない。出勤しないから服はいつもラフで、スーツは無用だしビーチサンダルにTシャツなんて恰好したりもする。会社に通うなら毎日のことなので交通の便を考慮するが、その必要がないので住む場所が安くなり生活費が倹約できる。時間があるから旅行に行けるし、みんなが行く時期を避けられるから交通も宿泊も安くなる。
 
 なんともダラダラした仕事と生活だが、緩い生活でストレスはナシとういうことだから「クール」なのだ。

 これは、どんな仕事でも同じだろう。

 例えば、銀座でホステスすると給料は多いけど、それに相応しい服など出費も多くて割が悪いし、人に気を使うから大変である。これと、会社に行けば収入がそれなりでもスーツとか対人関係とかで割が悪くなるのは、共通した構造である。
 だから自分もそうだが、フリーランスとか自営だと、毎日着るビジネス用のスーツはいらないから二着で割安なんてものは買わない。たまに出かける時はダーバンで普段しまむら。
 ということになる。

 

仕事を減らし収入と支出が減り時間と金の自由が増える_f0133526_09362985.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ



by ruhiginoue | 2019-09-20 05:29 | 経済 | Trackback | Comments(0)