人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

カテゴリ:体操( 68 )

 猛暑のため、どこの放送でも天気予報で熱中症対策が語られている。ラジオのNHK第一放送では、日中に屋外に出るさいは注意するよう呼びかけ、長時間に渡り作業することは控えるようにとまで言っていた。

f0133526_10351045.jpg

 こんな中でオリンピックをやるというわけだ。
 前の東京オリンピックは、体育の日が制定されているように秋の運動会や遠足と同じで気候が落ち着いている時だからこその開催時期だった。それが、アメリカのテレビの都合で人気プロスポーツと競合にならないよう夏にずらすという理不尽である。

 だから、もともと黒字にするつもりがうまくいかず大赤字になること確実という問題もあるので、こんな東京オリンピックは中止するべきだとかボイコットすべきだとか言われている。
 ところが、NHK・FMの音楽番組「クラシックカフェ」では、この地獄の暑さにもかかわらず「開幕まであと一年になったオリンピック、今から楽しみですね」と複数のアナウンサーが同じ原稿を読んで言っていた。

 そして運動会を連想させるなどスポーツにちなんだクラシック音楽のリクエストを募集している。
 どうせ『道化師』のギャロップとか『スポーツと気晴らし』とかに決まっている。そうなるように募集して、なんの意味があるのだろうか。

 ところで、暑いのを我慢して鑑賞するのはバイロイト音楽祭だが、これは毎年のように気分が悪くなる観客がいるけれど、ドイツの緯度は北海道くらいだ。
 もう東京オリンピックに向けての音楽は葬送行進曲にしたほうがいいかもしれない。 



ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-08-09 05:10 | 体操 | Trackback | Comments(0)
 俳優の武田真治らが出演した資生堂のウェブCM。
 公開わずか1日で閲覧できなくなったことで、ちょっとした騒動のようだ。
 この突然の中止、共演している小林航太というタレント弁護士がツイッターで差別的な発言をし、起用した資生堂に抗議の声が寄せられていたから、これが原因ではないかという推測がされていた。

 この弁護士はボディビルが趣味で、これによりテレビ出演もしていたそうだ。
 ここで可笑しいのは、弁護士のくせに人権感覚が欠如していると言われたことではない。そんな弁護士はザラであるのだから。それより、そのマッチョ願望の古臭さである。88年生まれと言う彼は、筋肉を鍛えて裏切られることはないとし、受験勉強と同じだと説いていた。これが可笑しいのだ。
 こんなことは大昔から、彼が卒業している東京大学の学生が、東大の弱点として言ってきたことだ。得意になって言うことではない。

 昔から、東京大学では、野球などスポーツでは弱い傾向だがボディビルでは上位入賞者がいた。
 これは受験勉強と同じで、正しいやり方を正しくやれば確実だからだ。しかし他の競技だと駆け引きとか戦術とか戦略が必要である。だから受験秀才はボディビルは良くできても他が弱い傾向になる。
 
 それで、三島由紀夫も笑われていた。
 にわかにスポーツやっても急に上手にはならないもので、時間と根気が要る。それで手っ取り早くボディビルで、とりあえず見かけだけ。これは色々な人が指摘していたし、石原慎太郎も嘲笑していた。
 同様に、大学を二つ出た勉強家のアーノルド=シュワルツェネッガーが蹴られたのも、寄る年波ではない。映画を観れば動きの悪さが判る。
 
f0133526_17352998.jpg


 そしてボディビルは身体を内側から不健康にする。
 シュワルツェネッガーが心臓を悪くして手術を受けていたが、筋肉質になると心臓や血管に悪影響である。無理な減量のため急死したマッスル北村というボディビルダーもいた。彼も東京大学に入り中退すると東京医科歯科大学に入り直してまた中退という、受験勉強それ自体が目的となってしまった人だった。

 こういうことがあるから、東京大学の入学式で上野千鶴子名誉教授が、受験ではうまくいったけれど、この先は努力しても報われないことが待ち受けている、という訓示をしたのだ。
 しかし、わからない人がいるということだ。それで可笑しい。




ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-05-25 05:42 | 体操 | Trackback | Comments(1)
 大相撲夏場所優勝力士に特注トランプ杯を大統領が自ら授与らしい。
 ここで大統領が正面マス席での観戦を希望したので、安倍総理はマス席1000を抑えたとも言われてる。自称「国技」を天皇も貴賓席で観戦しているが、従属国の総督としての安倍は宗主国のトランプ大統領閣下に特別扱いで、天皇より米大統領は偉いらしい。
 これでは「願っていません」なんて不敬な読み間違いも平気でやらかして当然だろう。

 そして「ヒョー!ショー!ジョー!」とトランプさんが言うのだろうか。
 もっとも、このバンナムのデビットジョーンズさんなんて今どきの若い人たちは知らんだろう。

 大相撲で土俵の周りを持って回る懸賞旗には「なとり」とか「永谷園」とかスポンサーが載っていて、高須クリニックとかマクドナルドもあったし、ポールマッカートニーが観戦に来た時は彼のレコードの宣伝があった。
 それも「ロッキードマーティン」などに取って代わられるかもしれない。

f0133526_14385588.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-05-21 05:24 | 体操 | Trackback | Comments(0)
 元横綱=双羽黒こと北尾光司さんが、病死したと報じられた。腎臓が悪くなっていたらしい。55歳で「早すぎる死」と言われた。

 もともと格闘家には早死にする人が多いと言われている。それはレスラーやボクサーが身体を外部から痛めつけているためで、このため死んでしまう人が実際にいる。
 ところが相撲取りは、肝臓や腎臓など身体を内部から痛めつけているのが目立つ。それで、やはり大食いは早死にするのだろうと言われるわけだ。

 かつて北尾光司さんは、趣味がナイフを集めだと言ったので「危ない奴」「舛添要一と同じじゃないか」と評判を落としたことがあったし、横綱になった当時、よく読む本はフレデリック=フォーサイスと落合信彦であるとし「その…国際的…なのが好きなんです」だったから、もうちょっとマシな言い方ができないのかと可笑しかった。それに『オデッサファイル』と『2039年の真実』は一応面白かったけど他は…

f0133526_16143343.jpg

 それはともかく、趣味嗜好について北尾さんは色々言われていたけれど、これとともに「新人類力士」と呼ばれていた。この「新人類」は「前の世代には理解できない今時の若者」という意味で使われることが多く、もとは栗本慎一郎=明治大学教授が言い出し、筑紫哲也=朝日ジャーナル編集長が広め、80年代後半の流行語だった。

 それで、北尾さんが漫画を夢中に読む様子をテレビが放送するなどして、ことさら今時の若者という点を強調し、マスメディアがイメージを作った。
 これが、のちに親方と対立して廃業したことに牽強付会されていた。

 あのとき北尾さんは、新弟子がちゃんこ鍋をまともに作れないことに苛立ち、これは相撲取りにとって基本なのだからと親方に指導を進言し、そこから言い争いになってしまったらしい。
 そのさい、弟子の作ったものがひどい味付けだと言う意味で「こんなもの食べられない」と言ったのだが、これをマスコミは、今時の若者の北尾さんが、そんな古臭い料理は嫌だと言い出したように報じた。

 もちろん、北尾さんが後から語った言い分ではある。ただ、今時の若者という型にはめて勝手なことを言われていたのは事実で、この意味ではマスメディアと世間一般の犠牲者として同情もされていた。

 それは気の毒だったし、そのうえ早死には残念である。




ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-04-02 12:37 | 体操 | Trackback | Comments(0)
 覆面プロレスラーのザ・デストロイヤーが亡くなったそうだ。
 
 その報道によると、元プロレスラーの息子カート=ベイヤー氏が、自身のフェイスブックで「父のデストロイヤー、ドクターXことディック=ベイヤーが今日の正午すぎに亡くなりました。自宅で子どもたち、妻に囲まれながら平穏に去っていきました」と報告し、これを複数の米メディアが報じた。

 おそらく、少なくとも日本では、もっとも人気のあった覆面プロレスラーだろう。プロレスだけでもそうだったが、さらにテレビタレントとしても大活躍だったから、なおさらだ。

 それで久しぶりに思い出したが、小さいころ学校などでプロレスごっこをしていると、教師や親から危ないからダメだと言われたのが「四の字固め」だった。デストロイヤーの得意技であった。
 この選手には、この決め技、というので、ジャイアント馬場の16文キック、アントニオ猪木のコブラツイスト、スタンハンセンのウエスタンラリアート、などと共に、デストロイヤーの四の字固めがあった。
 
f0133526_18514709.jpg


 あと、享年88歳ということで、そんな高齢だったのかと思うのだが、それは一つには格闘技の選手は無理をしているためか短命の人が目立つからだろうし、もう一つは彼が長く活躍していたからだろう。
 その現役が長いというのはジャイアント馬場も同じだが、義理堅いジャイアント馬場が、タッグを組んだりして世話になったからとデストロイヤーにいつまでも活躍の場を提供し続けたのだという話も聞いたことがある。
 もちろん、たいへんな人気者だったということもあるだろうが。

 とにかく、ちょっと寂しい話である。



by ruhiginoue | 2019-03-14 16:55 | 体操 | Trackback | Comments(0)

風邪で喉が痛いとき

 今日は、暑いのにキンモクセイが香るから、芳香剤かと錯覚してしまった。小さい子供が、本物のキンモクセイに「トイレの匂いだ」と言ったりするが、こう暑いと秋になった気がしないので、そこへキンモクセイの香りがすると人口の匂いかと一緒は思ってしまう。
 また、秋に暑いと風邪をひくことがある。汗をかいたあと急に冷えるからだろう。
 
 さて、高校生の時、口を動かしていたのを教師に見咎められ、授業中に飲食はダメだと言われ、飲食ではなく舐めていると言ったら、飴もダメと言われ、のど飴がダメなら喋るのがつらいので当てないでくださいと言ったら、では前に出て黒板に書けと意地悪されてしまったのを思い出した。これが数学の∫だったから面倒だった。まあ、大学で情報科学に使えたから、やっておいてよかったが。

 そして先日、たかがのど飴を舐めるという害のない行為で議会が8時間も延長したため、海外から批判的に報じられていた。いったい日本人は何を考えているのかと。
 そういえば、プロ野球でアメリカからジャイアンツに来たクロマティ選手(現在はアメリカのローカルラジオの人気DJ)は、よくガムを噛みながら打席に立ち、ヒットで出塁したり点が入ったりするとベース上でガッツポーズしながらフーセンを膨らませていたが、これは不謹慎であり、相撲を見習えという的外れな投書が朝日新聞に掲載されていことを思い出した。

f0133526_19023739.jpg

 この議会でのど飴が問題になったとき、野党からも飴はいけないという人たちが出て、共産党の議員まで不真面目だと非難したので、なんか変だと言われている。
 かつて、職場の忘年会で上司に勧められた酒を風邪だからと断ったら労組から除名された女性の問題で、企業批判をウリにする佐高信は、それは日立の労組だからだと指摘したが、しかし筑紫哲也は、この会社が九州にある日立系であり、セクハラなど女性が渦中の人になると九州ばかりだと指摘し、自分も九州の出身だが男尊女卑で有名だと言った。
 つまり、この議会も九州で、のど飴は女性議員のことだから、党派とは関係なく土地柄に原因があるのではないか。男性だったら、赤ん坊を抱いて議会に来たりしなければ、のど飴で文句を言われてなかったと思う。

 ところで、喉が痛くでポピドンヨードうがい薬を使用してもダメだったけれど、ある医師が、表面ではなく内部を温めれば、風邪のウイルスは熱に弱いから、喉もムズムズしなくなると言ったので、唐辛子を入れた風呂に入ってみたら、一発で喉がよくなった。
 

by ruhiginoue | 2018-10-06 19:04 | 体操 | Trackback | Comments(0)
 テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝したら、彼女の家系と国籍について、やはり変なことが言われている。
 まず安倍首相である。「おめでとうございます」はいいけれど、「日本選手初のチャンピオン。この困難な時にあって、日本中に、元気と感動をありがとう」とは不可解である。「日本中」と言うが、今は大災害でそれどころではない人が大勢いるのだから、これでは政府のひどすぎる対応をごまかそうとしているとしか思えない。
 また、「日本選手」とはどんな定義なのか。彼女は二重国籍である。
 
 この件で、トンデモ発言ばかりしているヘンテコ右翼の足立康史議員が、またやらかしている。「ノーベル賞、オリンピック等で快挙を成し遂げた日本国民には、二重国籍の特例を認めたらどうかな」
 こんな、功績があったら特例で二重国籍を認めろというのは、後から日本人の功績ということにしてしまうわけだから、よく塾や予備校が、受験の難関に合格した人に頼んで通っていたことにしてもらい、合格者何名と宣伝に利用するのと同じじゃないか。

 こういうことを政治家先生たちが平気で言っている国であることと関係があるけれど、大坂なおみ選手の一家は彼女が3歳の時アメリカに引っ越しており、そうしなかったら、小さいころから人種差別による虐めと暴力を受けて才能が潰されていただろうと指摘されている。
 たしかに、そうだ。アメリカにも差別はあるが、そこに才能潰しを付け加えるというのは日本の特徴である。日本は、差別がなくても何か突出しようとすることを寄ってたかって否定する「文化」がある。
 それでいて、功績があると態度を一変させるが、これは後から手前のために利用するためである。

  これが、日本では普通のことなのだ。


f0133526_16065084.jpg





by ruhiginoue | 2018-09-13 16:08 | 体操 | Trackback | Comments(3)
 アメリカンフットボールの試合で、日大の選手が対戦相手である関学大の選手に反則により重症を負わせたうえ、そのあとも反則を繰り返したため退場処分となったが、このさい日大のチームでは監督などから叱責するわけでもなく平然としていたので、関学大から日大に抗議したという報道があった。
 そして、この危険行為は単に反則というだけでなく故意の危険行為にしか見えないと、競技に詳しい人たちから指摘され、実は監督の指示だったという証言があった。 

f0133526_14171991.png

 ところが、問題になった直後は日大チームの監督が自分の責任と言っていたはずなのに、騒ぎが大きくなると日大は「反則を意図的に指示したことはない」とし、危険タックルが「監督指示」だったことを真っ向否定した。監督は「壊してこい」と言っていたとの証言もあるが、しかし監督は、あくまで選手が意味を取り違えたのだと抗弁した。
 これではまるで最近の政治家みたいだから、この話題を話すと、最近の日本全体の風潮かと呆れて言う人が多い。
 もともと、暴力団だって「でかいことしろ」などと言い「殺せ」とは言わないし、安倍晋三や中川昭一だってNHKに押しかけても「番組を改変しろ」とは言わなかったから、「反則しなさい」と監督が選手に指示するわけがない。

 かつて日大のアメフトチーム「フェニックス」は名門だった。赤いユニフォームがかっこよくて、少年たちの憧れだった。アメフトは高校でやる人が少ないので、大学で初心者として入部する人が今もいる。かくいう自分もかつて同級生と、大学ではアメフトやりたいねと言っていた。あの映画になったルディみたいに、下手でもいいからと。

 また有名なのが東大のチーム「ウォーリアーズ」で、昔から東大は野球が弱いけどアメフトは強いと言われていた。そして東大の中の落ちこぼれと言われる学生が多く、官僚などにならず社会に出てから変わった目立ち方をする人がいた。例えば、主将をしていた人には、映画監督の長谷川和彦、ニュース23に出ていた元TBSの杉尾現議員がいる。

 その後、大学で実際にアメフト部に入った人から、もうフェニックスよりウォーリアーズの方がずっと強くなったと言われた。それどころか、日大フェニックスは長く低迷する。
 これを今の監督は厳しい指導でまた強くしたそうだが、このあたりに無理があって、今回の事件の原因になったとみられている。

 そして、反則の選手が退部し、監督は八月まで自粛、と報じられた。しかし問題は監督であり、やはり辞任することにしたそうだ。だだし、彼を選んだOB会にも責任がある。直接の当事者だけ処分ではトカゲの尻尾切りであるから、そうではなく、いったん廃部にするべきだという意見がある。
 それで思い出すのが国士舘大学である。バンカラ大学とか右翼大学とか言われ、いろいろと事件や騒動が起きていたので、その改革のため、早稲田大学の総長として強硬な姿勢で辣腕をふるった西原氏を招いた。受験勉強もよくしたバンカラ大学で、学費値上げでうるさい学生たちと直接対峙した西原学長は、国士舘大学に赴任すると、剣道部だったはずだが、とにかく武道系の部で暴力沙汰があったら即座に廃部としてしまった。そして推薦入学だった者は退学した。
 これくらいやらないと、日大のアメフト部も改善しないだろう。


by ruhiginoue | 2018-05-21 06:22 | 体操 | Trackback | Comments(1)
 大相撲の暴力事件でマスコミが相撲協会を擁護しているという批判がある。
たしかに、一連の報道を見ていると、それぞれの立場があって報じたり論じたり受け売りしたり、というものばかりである。
 これらは記者クラブの問題と同じで、不都合な話をしたら出入り禁止を食らって商売に差し障るということだろうとの指摘が昔からあった。

 それで、今回は相撲協会の役員という立場で登場した元横綱の貴乃花だが、彼が相撲取りとして活躍しはじめた当時、タレントとして人気の宮沢りえと婚約と破棄でも言われたことだ。
 あのとき、相撲界の体質に破談の原因があると言われた。しばらく後の横綱曙と相原勇の交際と破談の時も同様だった。


f0133526_23400800.jpg


 これについて当時、俳優の天本英世は、二枚目から悪役さらにクイズ番組の語学に強い回答者としても有名になっていたので、エッセイを出版していたが、そこで時事ネタに言及し、相撲界の封建的な体質を問題にしていた。
 彼は東大生の時に学徒動員で戦争に駆り出された思いとともに「相撲界なんて昔から日の丸と君が代をありがたがっている団体」だから封建的で当然だと手厳しく指摘したうえ、宮沢りえの母を悪者に仕立て相撲協会擁護するマスコミは取材拒否を恐れるからで、報道の自由より商売の利益が優先だと批判した。

 そして天本英世は、マスコミが商売を気にしているのも元はと言えば大相撲に人気があるからだと指摘し、みんなで相撲なんか見なくなるしか方策はないのだが、それでもまだ大相撲を見る者が多くいるからダメなのだとファンを批判していた。
 この批判は今も有効である。大相撲なんて見なければいいし、マスコミ特にNHKをボイコットし、八百長と暴力の大相撲など中継しないよう抗議したうえ受信料の不払いをすることだ。



by ruhiginoue | 2017-12-01 23:41 | 体操 | Trackback | Comments(0)
 今日の東京新聞にスポーツライターの署名記事が掲載されていて興味深く読んだ。そこで問題になっているのは体育館の床の手入れだった。体育館の床が破損しているため競技中に負傷する人が少なくないという。
 この床の破損は扱いが不適切であるためで、床に折り畳み椅子を置くならシートを敷くべきという指摘とともに、よく清掃の仕方に問題があるとのこと。例えばモップで水拭きなどするため木が湿るのと乾燥とを繰り返すために痛んでしまうのだが、このことを認識していないことが多く、これにより破損した床による負傷者が出て、滑り込みのようになった時に何針も縫う重症を負い、稀には内蔵に達する傷となることもあるそうだ。

 この、床の手入れについては、高校のころに苦い思い出がある。体育館に椅子を置く場合はシートをしていたが、問題は教室であった。濡れたモップで拭くために床が傷んでしまう。
 また、定期的に日常より丁寧に掃除する時は、箒で掃いた後に取り切れない細かい塵を硬く絞った雑巾でふき取り、ほんのわずかに湿るがすぐ乾燥するので、そうしたら木製の床のためのワックスを塗って伸ばしてから乾拭きして磨き艶出しするものなのに、そうではなく濡れたモップでいい加減にこすったあと材質に合わないワックスをぶちまけるようにするから、艶が出ないどころか汚れと混ざって染み込んでしまい、掃除すればするほど汚くなってしまう。
 それで、この学校の教室は床が汚いのかと、最初に見て感じた原因を納得した。だから担任教師に申し入れたのだが「何も言わずに従え」だった。その時は、言いなりにさせることしか頭にないファシストの一種かと思ったが、どうも違うようで、掃除の方法が間違っているという意味を全く理解できないというのが正しそうだった。

 これは同じクラスの同級生が裏付けることを言った。この担任が前にいた学校はすごい田舎にあり、これが現代なのかとビックリするような山奥だという。
 この同級生はそこに住んでいたことがあるから知っている。学校はワックスなんて想像を絶する建物で、もしもワックスをかけようとしたら床の隙間から雨漏りみたいに滴り落ちるそうだ。
 そういうところから赴任してきた教師がこの高校には多いので、知らないということだ。そんな教師に指摘してもチンプンカンプンに決まっているから、生徒が良かれと思って助言しても難癖をつけたくらいにしか思えない。そういうことだった。

 そして、その田舎に行ったことがあるけど、実際にそうだった。そして何年か前に、そこがテレビの報道番組で映った。老人だけの世帯の家が火事になり住んでいた老夫婦が焼死したという事件だったが、焼けた家とともに周囲が映ったら、昔と変わっていない。これでは仕方なかったと納得はしたが、そういうところから教師が来てもらっては実に迷惑なことだとも思った。



by ruhiginoue | 2017-06-19 19:39 | 体操 | Trackback | Comments(2)