人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

カテゴリ:国際( 460 )

コロナウイルス兵器説

 流行性感冒は原因のウイルスを家畜が媒介するから、それで家畜が多い中国の農村から拡大すると言われている。

 かつて80年に公開されたSF映画『復活の日』は、流行性感冒で地上の生物が全滅に近い状態になる話で、生物兵器として操作されたウイルスが原因だった。
 ここで世界中がパニック状態に陥る前兆として、カザフ共和国で羊が死んでいるのを牧童が発見し驚く場面が描かれるけれど、脚本では中国でアヒルが大量死する場面だった。これに地元の老婆が不吉だと言う。こんな嫌な予感がするのは日本の兵隊が来て夫が連れ去られた時以来だと嘆き、悲劇の伏線となる。
 なんで映画化では削除されたのか不明だ。ロケの事情か。政治的な配慮か。

 この原作は小松左京の小説だが、ここでは新型ウイルスによる病気が発生地から「チベット風邪」と呼ばれていたが、映画では「イタリア風邪」となっていた。そして街がパニックになる場面はまるでネオリアリズモであり、おそらく監督の深作欣二は意識して演出したのだろう。
 また、東京の病院の場合では押し掛ける患者で大混雑となっていて、意識朦朧となった小さい子供を連れて来た母親が訴える。
 「病院はどこも一杯で、私も四十度近く熱があるんです」
 しかし診察している医師も眩暈でよろける。ほかの医師も看護師も控室でぐったりしている。看護師が医師に言う。
 「死者が一千万人を超えたそうです。いったい、いつまで続くんでしょう」


コロナウイルス兵器説_f0133526_19004956.jpg



 この話は原作の方が政治的にシリアスだったが、映画化では薄まり、日本の場面など浪花節だった。脚本は名手の高田宏治なので構成はしっかりしていたが。
 これを思い出したのは、コロナウイルス兵器説を言い出した人たちがいるからだ。

 ただ、昔からインフルエンザで深刻になると、こういう話は出てきたもので、かつてはテレビそれもNHKでマイケルクライトン原作の映画『アンドロメダ病原体』を引き合いに出していた。人工衛星が採取した病原体で街が壊滅する話だ。
 今なら、こんな番組は不謹慎と非難されるからできないが、昔はネットと同じことをテレビがやっていたのだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ 

by ruhiginoue | 2020-02-13 04:57 | 国際 | Trackback | Comments(1)

日本で働く優秀な中国人

 モバイルとは正に英語で、mobileは米語だとモーボのように聞こえる発音である。だから、誰か言っていたが移動して学ぶことだから「孟母三遷の教え」だ。

 先日、出先で大型店に入ると、中にある薬店はマスクの販売に行列が出来ていた。「天網恢恢疎にして漏らさず」という期待だろう。
 その横にある飲食店に入り、Wi-Fiがあるからモバイルパソコンを開く。すると認証できないという表示。自分もマスクしていて顔認証されなかったのだ。もともとウイルスではなくホコリ対策としてマスクをしている。

日本で働く優秀な中国人_f0133526_15555658.jpg


 このモバイルパソコンは、あるカメラ系の量販店で店員に奨められて買ってしまった。性能は申し分ない。
 その時、なんだかんだ言っても米国製と中国製を使っているという話になり、しかし米国と中国はアクドイと言ったら、店員は迎合し、今流行りの中華悪口を口にしたが、続けて同店にいる中国人の従業員を称賛したら、その店員も中国人は実に優秀だと言った。これは客商売だから店員が客に合わせているだけではなかった。

 この量販店は空港に免税店があるので、数か国語が流暢な外国人の従業員を雇っている。ここに中国人は多い。そして各支店にも中国人の従業員がいる。よく留学生がバイトしていたりするそうだが、みんな五か国語くらいは楽々で、ほかにも色々と知的な物腰と雰囲気である。

 まあ、十億を超える人口の上澄みなら優秀な人は大勢いて当然だが、ただ昔から留学生と話すと、中国人も韓国人も日本語も英語も日本人の学生よりはできる。
 これはなぜか。少なくとも、入試にベネッセのような民間試験があったからでないとだけは言える。





ブログランキング・にほんブログ村へ 

by ruhiginoue | 2020-02-10 05:47 | 国際 | Trackback | Comments(0)
 行方不明者が北朝鮮にいると判明したのに隠蔽されていて、これは安倍総理が政治利用を意図していたからだった。
 そして、身寄りのない人だから公表しなくても良いと思ったという弁解をした。
 とんでもないことだが、この日本政府の不埒な対応の問題はひとまず置く。

 この、身寄りがない人が行方不明になったら北朝鮮にいた、ということは他にもある。
 これには、はっきりとした訳がある。韓国の様子を調べるなどするため南側に行きたくても北側から入国させてはくれないので、日本人になりすますのだ。このため、身寄りがない人なら騒がれないからと、買収したり騙したりで朝鮮に連れていき、その間に入れ替わって日本人のふりして韓国に行くわけだ。これがバレて韓国の当局に捕まった朝鮮の人もいる。

 それと、日本人の女性が拉致されたのは訳が違う。なんのためにか。
 かつて日本人の女性と朝鮮で結婚した米国人男性が、先日、一緒に帰国した日本で死去したと報じられた。彼は南で脱走兵となり北に逃げていて、外国人同氏ということで結婚したという。
 どこの国でも外国人と結婚することには抵抗や反対や偏見があるけれど、これが朝鮮では日本より強いらしい。このため、外国人同氏で結婚することにつながる。
 しかも、それが政治亡命者で、脱走兵どころかハイジャックで押しかけてきた過激派だったら、そんな人と結婚したがる女性はまずいないし、家族にも反対される。

拉致事件の容疑者を擁護する女性差別主義者の老人たち_f0133526_10340966.jpg

 かつて、赤軍派を名乗る過激派が、ハイジャックで北朝鮮に亡命した。乗っ取られた旅客機の名から「よど号事件」と呼ばれている。
 この犯人の男性たちについて、朝鮮の共和国政府はいちおう政治亡命者だから保護はしたけれど、迷惑というのが本音だったらしい。その後も「お荷物」になっていた。
 そして、疎外されていた彼らも帰国したがり、その中には密かに日本に帰って警察に捕まった人がいる。この話のさい、まだ朝鮮にいる仲間たちは、結婚したいが出来ないということも言っており、この様子は日本のテレビでも放送された。

 この裏で、彼らは外国に行くと旅行中などの日本人に声をかけて仲間に引き込もうとし、騙して連れて行ってしまった例もあると言われている。
 このような背景があって、女性の拉致被害者が出たと指摘されているし、証言もある。行方不明者の家族に、関係者が謝罪してもいる。だから、関与をした疑いがある者たちに逮捕状が出た。
 そうしたら、これに文句があると言うハイジャック犯たちがいて、その代理として日本で裁判を起こした人たちがいる。この話は前にしたことがあるけれど、彼らは逮捕状を出されて、外国にいるから逮捕はされないのに、精神的苦痛を受けたから慰謝料を払えと日本政府を訴えたのだ。
 もちろん、朝鮮にいて日本で裁判を起こすことはできない。だから、日本にいる赤軍派の一派だった元爆弾事件刑事被告人が中心になって、代理として日本で裁判を起こしたのだ。相当の証拠があって逮捕状は発行されたのだからと、訴えは全く認められなかったが。

 それだけなら愚かというか無謀というかであるだけだが、ここで卑劣にも彼らは、日本の普通の市民たちが支持・支援していると偽装したのだ。
 このために、国家賠償請求訴訟をしている市民が連帯する「国賠ネットワーク」という団体の中で、団体として赤軍派の裁判を支援している形をとったのだ。
 これは同団体の中で強く反対されていた。内容的に共感できないし、法的にも不適切である。この批判を無視したり、批判する者には嫌がらせをしたり、そうして強行したうえ、マスメディアの取材に対して「普通の市民がみんなで支援してくれている」と大嘘をついた。

 こんなことをして、よく恥ずかしくないと疑問に感じて当然だが、彼ら「学生運動世代」「過激派世代」の老人たちは、女性が被害者であることについては何とも思っていない。だから拉致だけではなく他でのことでも、女性が被害者だと常に嘲笑っているのだ。
 だいたいの「人権擁護運動」は、この調子である。このため、共産党が支援する団体は、過激派がらみの人は相手にしない。それでは、平等であるべき人権に思想信条で差をつけることになると批判している団体もある。そうしている団体でも、過激派に割り込んで来られると、やはり迷惑だと言っている。

 こういう実態について、あの伊藤詩織氏はジャーナリストだから知っているはずで、だから彼女は「支援」(実は便乗)の団体などに関与しなかったのだろう。
 それで正解である。みんなそうするべきだ。
 


ブログランキング・にほんブログ村へ 


by ruhiginoue | 2020-01-24 05:29 | 国際 | Trackback | Comments(0)
 もともと仲良しだったのだが、しかしイラクのフセインについて、あれではいけないと批判していたリビアのカダフィは、そこに付け込まれやられてしまったし、そんなカダフィを批判していたイランが、今度はやられてしまった。

イランや北朝鮮を非難しておいて今さらアメリカを非難する人たち_f0133526_12102865.jpg

 もともと、イランは産油国で外貨があるから、北朝鮮に「人工衛星のついでにミサイル」と取引をしていたわけで、それを「けしからん。世界の平和を乱す」と綺麗事を言っても、アメリカがこれなんだから「しょうがねえだろ」としか言いようがない。
 こんなことが起きる情勢だから、北朝鮮だって気を抜かずに対抗せざるを得ない。

 これについて、前にも触れたかもしれないことだが、知り合いの地方議員で社民党に所属する女性が「それでもダメ。軍事ではなく話し合いで解決しないといけない」と言っていた。
 いいよ、社民党なんだから。そうでないと整合性と一貫性がない。

 しかし、そんな社民党を甘いとか非現実的な理想主義だとか非難している人が、なんでイランや北朝鮮を悪く言うのか。国防に熱心だから結構なことで、戦争ではなく抑止力のためと、賞賛したり擁護したりすべきだ。
 ただし、アメリカにベッタリの自民党にベッタリの人たちは、ウソだと自覚して政治な意図からデタラメ言っているということで説明できる。
 ところが、リベラルな人たちまでイランや北朝鮮が悪いと、よく言っている。
 それだけ、アメリカの占領政策がうまくいっている証拠だろう。




ブログランキング・にほんブログ村へ 



by ruhiginoue | 2020-01-07 04:56 | 国際 | Trackback | Comments(0)
 先日、タバコを吸いながら歩く人が前にいて嫌な臭いが漂ってくるから不快だったが、中国に行くと中国人の歩きタバコが傍若無人のうえ、どうやら中国人はタバコが体にいいと思い込んでるような態度だと言ってる人がいた。
 だいたい、鄧小平が「私は60年もタバコを吸い続けたおかげで長生きできました」と言ってたのだから当たり前だろう。
 
 この発言、実はブッシュ大統領が健康マニアだから皮肉っていたのだ。
 よくブッシュ大統領は、国民に「テレビを見る時間を減らしてスポーツを」と呼びかけ、アーノルド=シュワルツェネガーに「健康顧問」になってもらい指導を受けていたが、それにしてはジョギング中に心筋梗塞を起こすわ、来日中にテニスをした後の晩餐会で気分が悪くなりゲロ吐いて倒れるわ、これが世界中に「ブッシュ米大頭領、外遊中に日本で倒れる」と報じられ、次の選挙で致命傷になってしまった。

中国人はタバコが健康に良いと信じている_f0133526_12214738.jpg

 いつも共和党に投票しているけれど今回は投票しなかったと言うアメリカ人がテレビのインタビューで「ブッシュは歳をとりすぎ」と見放すようにしていた。
 そのとおり歳とりすぎなのか、シュワルツェネッガーの指導が効果なしだったのか。シュワルツェネッガーは心臓の手術を受けていて、このような筋肉質の体系になると心臓に負担が大きいもの。

 しかし、皮肉にしても鄧小平の影響はあるだろう。中国人のタバコはいい加減にしろというくらいであることは、学生の時に一緒に留学生とバイトしていて思い知らされている。韓国人の留学生はマナーがよかったし、そもそも吸っても量が少ない。中国人はマナー以前に吸う量が多い。



ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-12-24 05:20 | 国際 | Trackback | Comments(0)
 外国で平和のために活動し続けていた中村哲医師が銃撃を受けて殺害された。
 するとTwitterで異常な発言をする人たちがいて、とんでもない非常識・非道であると抗議を受けていた。
 
中村医師の死にザマミロと嘲る人非人たち_f0133526_10533089.jpg

加藤清隆(政治評論家)
アフガンで長らく活動されていた中村哲医師が何者かに銃撃され、死亡された。心よりご冥福をお祈りします。ただ残念なことは、生前のインタビューで「憲法9条が僕らを守ってくれている。(アフガン)政府側もタリバンも我々には手を出さない。むしろ守ってくれている」。9条では人の命は守れません。

小野寺まさる 自民党もと議員
残念ですが「憲法9条」は他国の攻撃から日本人を守らないことを証明してしまいました。中村哲医師のご冥福を心からお祈りします。
引用 アフガンで活動の医師・中村哲さんに聞く:憲法、守るより実行すべきだ 9条はリアルで大きな力「日本人だから」命拾い何度も -

 すぐ解ることだが、上記のtweetは事実誤認に基づいている。だから以下のような指摘と抗議が寄せられた。

日本に好意的だったイスラムを敵に回したのは集団的自衛権と憲法改正の動きです。
9条を維持すると日本がきちんと表明していれば起きなかった事件です。9条が守らなかったのではなく、9条を守らないと表明した勢力のせいです。

中村医師は9条単独で守られると言っていたのではなく「憲法9条の縛りで日本は軍事行動に消極的な国と思われ日本人は守られてきた。日本が米国に加担する事で却って危険になる」と言っており、むしろ現在の状況を正しく予言していたといえます。それをこう捻じ曲げて伝えるのは極めて不謹慎と思います。

 などなど。
 
 事実誤認または故意の曲解をしたうえ、中村医師が憲法9条のおかげで日本人は外国で平和のために活動できると説いている部分を不正に引用しながら、しかし中村医師は殺されたのだから憲法9条は間違いだと言う人たちは、「ご冥福をお祈りします」なんて書いてあるけど実質は「ザマミロ」と言って人の死を嘲っているのだ。

 まったく、政治性とは関係がない人非人の発言である。
 これは、匿名のネトウヨが悪ふざけ又は狂信性によってしたことではなく、堂々と実名を出した人たちなのだ。





ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-12-11 04:50 | 国際 | Trackback | Comments(1)
 またバチカンの親玉が安倍に逢いに来たが、すると「なんで安倍なんかに」とか「安倍に説教して」とか言っている人もいる。
 けれど、そもそも安倍みたいな政治家だと貧富の差が拡大して宗教としては慈善事業で勢力を拡大することができる。お互いに反共主義者として同志でもある。政治の責任で貧困のない平等な社会の実現なんて言われたら商売あがったりで困るのだ。


バチカンから来た安倍総理の同志_f0133526_11251132.jpg


 そして、民衆が政治に不満を持たないように、従順な子羊であれば草を食めなくて飢え死にしても天国に行けると説教して、権力に逆らわないように飼いならすのも大事な仕事である。

 それにイタリアでは保守政治の腐敗が原因で共産主義の勢力が強まったから、右翼とカトリックとマフィアが三位一体になって弾圧してきた。
 これはどこの国でも同じ図式がある。
 
 沖縄では宗教が盛んだが、そこではキリスト教会を中心に宗教が米軍のための宣撫工作を行ってきて、共産主義と戦いうために土地を差し出せと説教してきた。
 上智大学は日本における反共の砦の一つであり背後にCIAがいるとまで言われてきたほどで、洗礼を受けて信者という渡部昇一が統一教会とズブズブとなりながら威張っていた。
 博打で儲けて施しをする日本財団の頂点にいる「聖心のお嬢様」曽野綾子が貧しい人たちを「乞食」と見下したり人種隔離の主張したりと様々な差別発言をしているけれど、それをデーケン神父は「日本を代表する作家」と持ち上げてきた。
 学生運動に対する大学当局の弾圧も激しくて嫌らしかった。
 …などなど挙げていたらきりがない。

 だいたい、どんな宗教でも日本会議と同じなのだから、幻想は捨てないといけない。
 労働組合だって多くは弱者を食い物にする貧困ビジネスであるが、宗教も偽善性がより強いだけでほとんど同じである。
 信じる者は救われず、信じさせる者が安泰なのである。



ブログランキング・にほんブログ村へ
by ruhiginoue | 2019-11-28 05:23 | 国際 | Trackback | Comments(4)
 よく用事でアメリカに行く人が、アメリカは各所にトイレが少ないので不便だと言っていたけれど、もともと日本人に比べてアメリカ人は便所に行く回数が少ないので、その数も多くないし、独り暮らしでなくても風呂と便所が一緒で困らない。
 そして、英語で「はばかり」に行くという意味で「バスルーム」と言ったりするし、貯めているのが長いためか直腸ガンなどの病気が多い傾向である。
 これは昔から言われていたことだが、よくアメリカに行く人が知らなかったというのは意外だった。

 こうした排泄の頻度と病気については、高校の時に保健室の先生から聞いていたが、あと東洋陶器(TOTO)の人が、こんな話をしていた。

 太平洋戦争の東南アジア戦線でのこと。撤退した日本軍の陣地を米軍が調査して、残されたものから敵の勢力を分析した。
 もちろん日本軍も敵の資料になりそうなものは残していかない。そこで、便所の排泄物の量と日本軍が滞在した期間から、兵士の人数を推測した。すると日本軍の兵士の数は米軍の四倍くらいと考えられた。
 このまま戦闘になっては負けてしまうから、米軍は兵士を補充して日本軍の二倍にして戦闘に臨んだ。そうしたら勝てた。圧勝というか楽勝だった。二倍にしたつもりだったが八倍になっていたからだ。もともと同じくらいの人数だったのだ。
 この計算違いの原因は一人あたりの排泄量の間違いだった。米軍は自分たちの平均値で計算して日本兵の数を実際の四倍だと思ったのだ。つまり日本人が出すウンコの量はアメリカ人の四倍ということだ。

 まさか、日本人よりアメリカ人の方が身体は大きいのに四倍なんて、と思いそうだが、日本人は胴長で腸が長い。低カロリーの食事をしてきたから、それで栄養の吸収をよくするため適応した身体になったのではないかと考えられている。
 そして欧米人はダイエットに向いていると和食を食べることがあり、日本人が欧米の料理を美味しいからとたくさん食べるたら太ってしまう。
 
 というわけで、何が四倍かという話題であった。

日本人はアメリカ人の四倍_f0133526_09431067.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-11-11 04:37 | 国際 | Trackback | Comments(0)
 カラシニコフ社が、AI搭載した軍人用ロボットの構想を発表したが、これは指示を一々受けなくても敵を識別して攻撃できる機能を売りにしている。
 こうなると、機械の判断で人殺しすることに不気味さを感じる人は多いが、それとともに、このさい発表された構想図に描かれているロボットの姿が、まるでSF映画『ロボコップ』に出てきた戦闘メカみたいだから、見るからに危なそうだとも言われていた。

医療と軍事のAI化が御粗末_f0133526_15014070.jpg


 この『ロボコップ』出てきた戦闘メカは、最初は軍事用に開発されたが、あとから治安維持のため警察官の代役として犯罪多発地域に配備しようという計画が提案された。
 ところが、開発した会社のプレゼンテーションで社員が死亡する事故をおこしてしまう。これについて映画では説明不足だから観ていると誤作動したようだが、設定では、実演のため銃を構えて見せた社員に対して戦闘メカが「銃を棄てろ、棄てないと撃つぞ」と言い、予定通り社員は銃を投げ棄てたが、そこの重役室は床にふさふさのカーペットが敷かれていたので落ちた音がせず、それでメカは警告を無視されたと判断して銃撃してしまう、ということだった。
 それで、もっと認識力が精密になるようにと、死体を利用してサイボーグのようなロボットを作り警官にする「ロボコップ計画」に移る。
 このあと、ロボコップと対峙した戦闘メカは、階段で段差に対応できず転倒してしまいもする。

 これと同じで、「これからは軍事もAIだ」と喧伝してはいるが、それは開発費用のため投資を募って派手に騒いでいるだけで、完成したものは大して役に立たず、売れないから利益が出ず、投資した人たちは配当がなくて大損こいたということになるのではないか。
 すでに現実として、「これからは医療はAIだ」と騒いで「医師は失業」と言わんばかりだったけれど、出来たものは役立たずで儲からなかった。それで投資信託は元本割ればかり。乗せられて信託商品を購入した人たちは大損して怒っているのだ。

そこで危惧されるのは押し売り。軍事と医療は、それで商売が成り立っているようなものだから。



ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-20 04:56 | 国際 | Trackback | Comments(0)
 このところ入管の人権無視が問題になっていて、労働力不足で外国から人材を輸入しないといけなくなるのに困ると指摘されていたが、遂に外国人の死者が出た。
 なんと餓死だそうだ。ナイジェリア人の男性が抗議のハンガーストライキをしていた中でのこと。

 かつてソ連時代のロシアでは、ハンストで要求を飲むこともあったけれど、拒否ならハンストを続けることで死なれても困るから、軍医などが点滴を打っていた。韓国の軍事政権でも似たようなことがあった。対応が洗練されていなくて犠牲者は多かったらしいが。 
 こういうことすら、今の日本はしなくなったのだ。もともと日本でも、命が危険なら強引に点滴してもよいと決まっているのに。

 そもそもハンストとは、抗議で行うものであると同時に「要求を受け容れないなら死ぬまで止めない。その結果として死んだら、お前たちが殺したことになるのだ」と、圧力をかけるためにすることだ。
 だから、苦しいことを自ら、生命の危険を伴って、実行するのだ。

 そこで、権力の側は強引にでも助ける。死んでくれたほうが好都合とか殺してやりたいとかでも、そいつが死ぬのはいいが、これを政治的に敵対している勢力から「弾圧で人を殺めた」と悪宣伝に利用するネタにされては面倒だ。
 これは特別な例だか、あのサハロフ博士がハンストすると、ソ連当局は餓死しないように助けるどころか要求を飲んでいた。国内でも名士だったうえ国際的にも有名人だったからだ。
 つまり人道的な問題と戦略的な問題と両方があり、このたび日本は国際的な評判が悪くなってしまい下手打ったのだ。

 これを知らない人たちが、「違法だから捕まったのに勝手にハンストしたから自業自得」と言う。
 そいつらは無知なうえ人間性が悪いけれど、そうでない人は、上記のとおりハンストの意義をきちんと理解しておくべきだ。そうでないと、もしも自分がハンストする場合に効果的なやり方ができなくなってしまう。

ハンガーストライキの意義_f0133526_12065945.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-10-13 05:12 | 国際 | Trackback | Comments(1)