井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

<   2013年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 今でもまだ人気があり映画化もされている80年代の漫画『北斗の拳』の面白さは、もちろん、まず活劇として迫力があり、さらに残酷描写も含めた派手な暴力場面にもあるが、それを支えているのが、ヤラレ役の小悪党どもの性格と行動だ。
 これを描いている漫画家が言うには、よく見かけるような憎たらしい奴らを漫画の中で死刑にするそうだ。だから『北斗の拳』は、クライマックスだと主人公が大物の敵役たちを相手に死闘を演ずるが、それまでのイントロでは、小悪党どもが小物ゆえの嫌らしさをむき出しにしながら、善良な人たちに暴力をふるい、これに激怒した主人公が必殺拳によって小悪党どもを血祭りにあげるので痛快だ。
 例えば、米を作ろうとする老人の話だ。荒廃した未来の大地で、希少な種籾を苦労して集め、収穫できたらみんなに食べさせようとするのだが、その種籾を無法者が奪おうとする。しかし量が少なくて腹一杯にはならないのだから、奪って食べてもほとんど意味がない。植えて育てて収穫できたら貴方にも食べさせる。こう老人が言って説得しようとしたら、無法者は、それを聞いてますますその種籾が食べたくなったと言い嫌らしく笑い、老人を殺害する。そこへやってきた主人公の怒りが爆発する、というわけだ。
 この悪党は、小物だから発想が貧困で合理性を欠き、それで嫌らしさをまとった残酷さを発揮する。自分がほとんど得をしないのに他人を迫害し、それがいずれは自分の損につながるのだが、そこまで考えず、他人に意地悪をすることで自分だけ得する錯覚によって悦に入る。
 このような小悪党は現実に身近にいて、それがただ嫌われているだけならまだいいが、しばしば漫画に描かれるのと同様に、いちおうの力を持っていたりするから、困ったことになる。その最たるのがいわゆるブラック企業の経営者だろう。
 もともと悪徳経営者というのはいるもので、大きくなった企業はよく悪どいことをしているものだし、ケチとかセコい経営者も珍しくない。ところがブラック企業というのは、ただ悪徳というのではない。利益とはあまり関係が無いと思われる部分にまで、従業員に対して意地悪にしかなっていないことをして、そうまでしても経営者がさほど得をしてはいない。
 そして、そういう企業の商品が売れるのは、ただ安いからというだけでなく、その客になれば自分も従業員をいじめている側になったという倒錯した快感を得られるからだ。飲食店でこき使われている店員に、横柄な態度をとって悦に入る客は、その最たるものだろう。
 だから、大学生のとき、居酒屋なんかに行くのは止めようと同級生たちに提案し、店に行かず飲食物をまとめて購入して、誰かの自宅に集まって宴会や打ち上げ会をすることにした。
 そうすれば、まず安上がりであるし、精神衛生上も良い。自分が安い時給でバイトして稼いだ金を、同世代の学生などがやはり安い時給でバイトしている店に払い、客をカモにするよりむしろ労働力となる若者からピンハネすることで経営者が儲ける、という図式にはめ込まれるなんて、馬鹿げているのだから。
 しかし、その図式をどうしても理解できない者もいた。ただ、安い店に行けばあまり金もかからないとしか考えられないのだ。そのうえ、大忙しの従業員に早く持ってこいと威張って命令するのが楽しい、という嫌な人もいた。
 そういう人とは付合うのをやめたほうがいい。社会にとっても自分にとっても、経済的かつ精神的に悪すぎる。
 その『北斗の拳』のエピソード結末では、主人公が殺された老人の墓を作ってやったうえ種籾を供えるように撒く。そんなことしたら種籾の無駄だが、しかし老人の意思を継いで栽培しても、実れば実ったで奪い合いなど争いのもとだ、という主人公の諦観なのだろう。
 


[PR]
by ruhiginoue | 2013-06-10 00:51 | 経済 | Trackback(1) | Comments(8)
 片山さつき議員の変な発想を指摘してきたが、もうひとつ指摘しておきたいのが、学歴と就職の古臭い観念だ。自分は東大を出て大蔵省に入ったと誇らしげだが、そうした、学歴と就職のゲームが社会的な富と威信を再分配するチャンネルのひとつであるという発想は、中間層といわれる人たちに根強くありながら、しかし八十年代の半ばから、過当競争の時代に入ったのに、そんな虚構にはもう付き合っていられないと資本側が言い出していた。
 そうした時代の流れを理解していないらしい片山さつき議員は、その認識の上で狂信的な発想に基づく発言をしている。それは要するに、エリートはそれだけで良い思いをして当たり前で、最下層にいる者には権利などなく、施しを受けさせてやる代わりに奴隷労働をさせよ、という趣旨のことを主張している。
 これと同じようなことを言っていたのが、片山議員の元夫だった桝添要一元厚生労働大臣である。彼は東大助教授だった当時、大蔵官僚だった片山氏と結婚し、披露宴で恩師か誰かが祝辞で「これほど知的水準の高い夫婦は珍しい」と、変な褒め方をしていたそうだ。偏差値と知的水準を間違えてないかという疑問のある祝辞はともかく、二人は結婚して三ヶ月くらいでうまくいかなくなり、すぐに別居して後に離婚したそうだ。
 このあと桝添氏は別の女性と結婚したが、実は他に親しくしていた女性がいて、子供もできていたのに中絶するように告げて一方的に捨てるようにして別れ、そのうえで結婚したと報じられている。その女性の写真が週刊誌に載っていたが、見覚えがあった。前に世田谷区に住んでいた時、二回、桝添氏が女性と一緒に歩いているのを見たことがある。羽根木公園の近くを歩いていた時テレビで聞いたことがある声がすると思ったら、そうだったというわけで、近くには「桝添政治経済研究所」なる事務所があった。
 そうした経緯で再婚したとしても、夫婦仲はうまくいっていて、子供ができて、幸福だということらしい。そして、議員になったら、子育てと親の介護で家庭の大切さを身をもって認識したので、福祉に力を入れたいと語っていた。
 これは、単なるポーズかもしれないと思いもした。今までナチズムまがいの発言ばかりしてきたのだから。しかし厚生労働大臣に就任してから、ほんとうに福祉関係には熱心だったという外部の証言もある。暴言を吐かなくなったのは責任ある立場になったから気を使ったのだろうが、よくテレビで論争していた相手の田島陽子議員の評価だと、桝添氏は家庭が幸せになり政治家として世間から認めらたら紳士的になった、ということだ。
 これは、よくあることだろう。桝添氏は自民党とうまくいかなくなって追放され、選挙には出ない意思を表明しているが、満足したから良いと思ってるのかもしれない。
 一方、片山さつき議員は、再婚したけれど幸せになれなかったのではないか。それは相手がどうかではなく、おそらく、愛されるより評価されることを望む性格のためだろう。そうでないと、あの一連の言動が考えにくい。 

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2013-06-08 11:05 | 政治 | Trackback | Comments(3)
 報道によると、宮城県石巻市の市立中学校で、40代の女性教諭が入学したばかりの複数の1年生に暴言を繰り返し、学校が保護者らに謝罪していたそうだ。同教諭は今年の新学期早々、体育の授業中に整列がうまくできなかった生徒に「頭が悪いなら脳みそを手術してきなさい」などと暴言を吐いたほか、掃除のやり方が分からず戸惑っていた生徒に「頭おかしいの」と発言するなどしたらしい。
 この教諭の、他の暴言も併せて考えると、思い通りにならない他人は能力が劣っているという発想をする人なのではないかと考えられる。そういう困った人は時々いるものだ。
 しかし、ダニエル キースの有名な小説『アルジャーノンに花束を』みたいに、脳を手術して知能が高くなるということは、今のところ現実には無い。そのため、場合によっては冗談として許される言い方になることもある。それと違って、現実に可能なら、そのほうが暴言になる場合もある。
 以前、今は亡き中川昭一という国会議員が、自分と異なる政治的見解を持つ人たちについて、頭が悪いという趣旨の発言をした。これだけでも問題だが、そのうえで、「クロイツフェルトヤコブ病に感染して脳がスポンジ状になっている」と言ったから、患者とその家族から抗議を受け、中川は謝罪した。
 よく頭がボケているという意味で「脳がウニになっている」という表現をするが、これは冗談ですむ。脳とウニの中身の外見が似ているけれど、現実に脳がウニになることは無いからだ。だから「中川昭一は酒飲んでばかりいるから、脳がウニになってるいる」というのは冗談とか皮肉になる。
 しかし、クロイツフェルトヤコブ病は現実にある病気で、脳がスポンジ状になって死に至る恐ろしい病気だ。これで苦痛と恐怖と不安を感じている人とその家族がいるし、また家族を失い悲しんでいるたちが、現実にいる。しかも、これは薬害によって広がったのだから、政治の責任であり、ますます政治家の発言として許されない。
 そういう観点だと、かつて自分が小学生だった当時の担任教師の暴言を思い出す。転校生が来て、彼は行動に問題があった。暴力をふるわれた人もいる。そのため自分も含めて同じ組の児童の多くが、嫌な思いをした。それで怒った担任の教師が言った。
 「おまえは転校ばかりして友達ができないから、そうなんだ。もう転校しないように、お父さんに頼め」
 これは、ひどいと思った。その転校生が嫌いだったけど、それは無いだろうと、9歳の小学生でも理解できた。
 その転校生は実際に、転校してくる前にも、すでに何度か転校していたらしい。そして、しばらくしたら父親の仕事の関係で、また転校して行った。友達ができなくても当然だろうし、それが言動に影響しているかもしれない。
 しかし、家庭の事情は色々ある。転勤が頻繁にある仕事かもしれないし、事業がうまくいかなくて債権者に追われているとか、政治的な理由から権力に追われて身分を欺いているとかで、バレそうになったら転校ということかもしれない。
 そういうことが現実にあるから、転校しなければ良いんだとしても、そうだからこそ、安易に言ってはいけないはずだ。
 ということで、教師の生徒児童に対する暴言は昔からあることだけど、しかし問題になって謝罪することもあるようになったのだから、昔よりは良くなっているのかもしれない。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2013-06-07 00:53 | 社会 | Trackback | Comments(5)
 ナチ政権のドイツで、政府と総統を批判するビラを大学で配布した学生らを死刑にしたことについて、ドイツの最高裁判所は、戦後になってからも、手続きには沿っていたので当時としては合法だったとの見解を表明している。
 そうすることで、国の責任を免罪にしていたのだが、これについて、ナチと戦争を言論によって批判したためギロチンで殺されたショル兄妹らの悲劇を描いた実話の映画『白バラは死なず』(統一前に西独で製作された旧作)は、最後の場面で、そうした最高裁の見解を批判的に説明している。
 ちなみに、数年前に日本でも公開されたリメイク映画は、ドイツ統一後に、旧東ドイツで発見された資料をもとに、裁判の内容をより詳しく描き足している。
 旧作も新作も、弾圧裁判における裁判官の狂気じみた態度が共通している。このような裁判官は、現在の日本でも東京高裁などでしょっちゅう見かけるから、傍聴してみたらいい。
 そんな狂気の裁判も、法律にしたがって手続きを踏んだのだから、当時としては合法だったというわけだ。しかしドイツでは、80年代すでに「当時は合法」論の無責任さが問題にされていた。だから映画にも反映していたのだ。
 ところが日本では、その点で遅れていた。そのため治安維持法とか従軍慰安婦のことで、当時としては合法だったなどと、特に元弁護士の政治家たちが平気で言ってしまう。ドイツではとっくの昔から批判されていた無責任なのに。
 つまり、日本は外国と意識の差があるから、追及されても意味がよくわからない人が多いのだ。とくに日本の司法関係者は、このようなことに関心を持とうとしないから大体が無知である。橋下とか稲田に限った問題ではない。困ったことである。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2013-06-03 05:48 | 司法 | Trackback(1) | Comments(1)
 前に、片山さつきセンセイのお笑い天賦人権論を書いたが、この人はまたまた勘違いの発言をしている。
 この人は、あるお笑い芸人が、病気で失業した母親を扶養せず生活保護を受けさせていると非難されたことに便乗し、福祉そのものを否定し、さらに人が生きる権利まで否定する発言をした。これは週刊誌に掲載されたもので、あまりの酷さに対談相手が怒ってしまったと話題である。
 この中で、片山さつき議員は、ホームレスが糖尿病になっていると言い出した。糖尿病は贅沢病というのは昔の錯覚と偏見で、今では否定されている。だから麻生副総理の、暴飲暴食で糖尿病という発言も問題になったのだが、なにより片山議員の、ホームレスが飽食という発想が滑稽だ。
 浮浪者が美味い料理屋に詳しいという場面が、黒澤明監督の映画『どてすかでん』や伊丹十三監督の『タンポポ』、映画化などもされている漫画『美味しんぼ』にある。
 これは、まず、「食通」「美食家」を自称する文化人たちの感覚が高級趣向とかブランド趣向であり、自分の味覚に正直でないと批判し、そんな人たちより残飯あさりをしているホームレスの人たちのほうが判断が公正だと皮肉っているのだ。
 それで、『美味しんぼ』では最初の話で、食通を気取る連中に一席ぶたせ、演芸評論家(明らかに山本益宏をコケにしている)とか作曲家(明らかに團伊久磨をコケにしている)らの言うことは当てにならないので、ホームレスに相談に行く。
 また、高級料理の食べ残しが多いため庶民より宿無しのほうがグルメになってしまったという意味でもあり、貧富の差への風刺となっている。
 それを勘違いし、ホームレスですら飽食だから日本はものすごい豊かなんだと言ってしまった元大蔵官僚の国会議員がいる、というわけだ。
 このように勘違いが得意な人だから、他にも変な発想をしている。
 もしも自分が官僚だったら、仕事で頑張って実績をつくり、昇進や昇給で同僚たちに差をつけて、胸を張ってやろうと思う。これは誰でもそうだろう。
 ところが片山さつき議員は、その週刊誌での発言で、自分は大蔵省に入ったと威張り、努力したからしない者たちと差があるべきだと言って、年収400万円の人とか生活保護の人を引き合いに出している。この滑稽な思いつきは、いったい、どこからどう出てくるのだろうか。まったく不可解だ

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2013-06-02 18:27 | 政治 | Trackback | Comments(0)