井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 例えば従軍慰安婦という性奴隷制度について、政治家が「あの時代は合法だった」と言っては問題になるが、それでも繰り返している。また舌禍事件で「誤解を招いた」と弁解していた。では真意はなんだったのかという話になる。

 これは、政治家が勝手に放言しているだけではない。合法という判断は司法の場で行うものだが、例えばドイツでは、ナチス政権下に親衛隊が拳銃で撃ったとかいうのではなく裁判で、政府を言論で批判したことが反逆罪とされ死刑になった人たちがいるけれど、これについて、戦後にドイツの連邦裁判所は、当時の法律に則り適正な手続きをとってのことだから合法であり、裁判官ら司法関係者に人道的責任はないと公式に表明している。
 だから、ナチを批判するビラをまいて死罪となったショル兄妹ら「白バラ」の人たちについても、合法であったとされ、これについては旧映画化『白バラは死なず』の最後にも、字幕で説明が批判的にでる。

 こういうことがあるから、イスラエルの諜報機関モサドは、主権侵害を承知の上で南米に逃亡していたナチの高官アドルフ アイヒマンを拉致し、イスラエルに連れてきて戦犯法廷にかけた。
 すると、やはりアイヒマンは、ホロコーストとよばれるユダヤ人虐殺の総責任者だったことについて、自分は公務員だったので公務を忠実に執行したにすぎず合法的であり、違法性があったとしても個人責任はないと主張した。
 それでも彼は有罪とされ死刑になったが、そもそも国内で裁くことに困難があるから、イスラエルもこのようなことをしたのだ。だからイスラエルが戦争で大量虐殺してきたことにしても、イスラエルでは合法なのだ。

 まえに、国家賠償訴訟で被告に含めた者が、公務だったので個人責任はないと抗弁したので、アイヒマンの写真を書証とし証拠説明書に「立証趣旨 被告の抗弁はナチ戦犯アイヒマンと同じであること」と記載して提出したら、裁判官が「これは立証ではなく皮肉だから受理できない」と言い、「逃げないで受け取れ」と法廷で押し問答になったことがある。
 そしていちおう参考ということで受け取り、被告に渡されたが、裁判には影響せず、しかし受け取った被告は不快感を露わにしていた。もちろんそれが目的であった。

 そういうことだから、人道に対する罪は、外国からとやかく言われる筋合いがないと言って避けていてはダメなのだ。外部から口出しすることが不適切である場合もあると同時に、外部からのチェックが必要な場合もある、というのこと同じことだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-21 05:27 | 政治 | Trackback | Comments(1)
 生活の党の支持者が皆そうではないだろうが、小沢一郎個人崇拝で排他的な人たちのために印象が悪くなっている。
 小沢一郎の言動に矛盾を感じてはいたが、彼の政治家としての豊富な経験などから期待できることもあると思っていた人たちがいて、ところが前の都知事選挙のあたりから顕著になった一部の支持者たちの個人崇拝がまるで宗教で、これがネットだけでなくマスコミの一部にもいるから、その気持ち悪さに耐えられなくなってしまい、関わりるのをやめようと言っていた。

 それを言ったら、創価学会や日本共産党の福祉や平和の趣向には共感しても、排他的妄信者がいて、それは一部ではあるが、しかしそういうのに限って威勢だけはやけに良いため嫌になってしまう、というのも共通している。

 これは、他所には批判的でも身内には甘いということで、例えば、北朝鮮の金正恩は三代目、日本の安倍晋三も三代目、どっちも同じで三代目なんて駄目に決まっていると批判していた日本共産党員は、前に例の菊池誠らとつるむ松本春野を「いわさきちひろ先生と松本善明先生のお孫さんでいらっしゃるのだから間違いありませんね、批判するなんて許せません」と言っていた。

 また、これは昔からのことだから飽き飽きしてはいるのだが、日本共産党について、もっと支持されたほうがいいと思うから「こうしたらいいのでは」などというと、少なくない党員が「共産党は完璧だから、こうしたほうがいいなんてことはありえない。改善の余地があるかのようにいうのは党に短所があるということだ。党への誹謗中傷だ」と言うものだ。

 つまり、排他的妄信者はどの政党にもいるということだ。そして、気持ち悪かったり滑稽だったりする。こういうのをなんとかしないと、どんな政党でも支持が広がらないだろう。
 ところが自民党は違って、なぜなら理念ではなく利権目当てだから。そこが強みになっている。しかしそのうち「日本会議」なとが幅を利かせたら、やばくなると同時に支持は狭くなるだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-20 17:24 | 政治 | Trackback | Comments(1)
 前回、左巻健男という人が、ツイッターで「井上静氏は勝手に妄想しないでください」というのは左巻氏の勘違いであることを説明した。
 ところが、これをソックリ引用しながら
 「左巻さん。銀粒子が放射性物質を非放射性に変えることなどあり得ませんね。」
 とツイートしたのが、「天文学者」の大石雅寿という人である。
 こう書くと、まるで「井上静」は「銀粒子が放射性物質を非放射性に変える」という「あり得ません」というべきことを「勝手に妄想」したことになるが、そのような事実は全く存在しないし、そもそもそんな話に触れたことすらない。
 
 これを抗議したところ、大石雅寿という人は「科学的知見を述べた」だけだと釈明したが、左巻氏の勘違いに返信する形で、しかも話の経緯を無視して一部だけ引用した文と一緒だから、見た人は誤解する。そこが問題であることは、誰にでも簡単にわかる。
 ところがこれに対して大石雅寿という人は、
 「科学的知見を示すと名誉棄損になるという意味ですか?」
 
 誤解に基づく無関係の人への誹謗に付け加えて書いた形となってることが問題なのだから、これについて、不注意だったためで誤解をする人がいるだろうことは不本意であったとか釈明でもするならともかく、このように空々しく恍けるとは、学者以前に社会人としての誠実さに欠ける。

 ところが、これを指摘すると大石雅寿という人はさらに「質問に答えていただけない、ということですか?」「質問への答えはいただいてませんね」などと、とぼけ方が執拗である。
 まあ、問題の部分は左巻健男氏が書いたと責任転嫁したいのかもしれないが、それは通用しない。書き加えたことで別に問題が発生したのだから、当然だ。

 しかし、これに対し、日本共産党の松崎いたる板橋区議や、それをとりまく日本共産党の支持者が、大石ツイート片側だけを「いいね」とかリツイートとかして応援し、誤解と偏った認識の拡散をし始めた。
 この人たちはニセ科学を糾弾すると言うが、そのやり方がヒステリックな「粛清」であり、無関係とか人違いでも闇雲に攻撃をするので、まるスターリン時代のソ連や文化大革命時代の中国であった。

 これに怒りを感じ非常に危険だと指摘も寄せられた。知見ではなく人違いさせるから問題だと誰でも簡単にわかることなのに、空々しくとぼける無責任で不誠実な「学者」と、デマ拡散する議員とその政党の支持者たち。
 こんな人たちから科学とか政治とか言われても滑稽であるし、確かに危険を覚える。


 追記 後に松崎板橋区議員は他の問題で日本共産党の板橋区議団内で対立のすえ除籍処分となったが、この途端に同党員および支持者たちは態度が豹変した。 


[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-19 17:20 | 学術 | Trackback | Comments(0)
 左巻健男という人(大学のセンセイらしいぞという人がいるが、詳しくは知らない)が、ツイッターで、
 「井上静氏は勝手に妄想しないでください。ナノ銀除染のニセ科学性についてRikaTan誌4月号特集に。乞ご期待!」
 と書いている。

 これは二通りに解釈できる。
 一つは、井上静は「ナノ銀除染」について左巻氏が肯定的だと思いこんでいるという意味。
 もう一つは、井上静は自ら「ナノ銀除染」ついて科学的に何か変なことを述べたという意味。
 
 それで、左巻氏は雑誌かなにかに「ナノ銀除染」について否定的な記事を書くと言って宣伝している、ということになる。

 しかし、どちらにしても事実としては存在しない。明らかに左巻氏の勘違いだ。

 この勘違いの原因は、おそらく前のツイッターだろう。
 まず、左巻氏はあくまで著書の宣伝のために日本共産党を利用していて、内心では何を考えているのか不明で、そのさい利用された共産党の区議会議員は話の程度が左巻氏に比して低いので、左巻氏は陰で笑っているだろうと思う、と前に書いていた。

 これを読んだ人がツイッターに返信し、左巻氏は著書の宣伝のために共産党の議員が云々していた話に合わせて「ナノ銀」に触れてはいるが、彼の著書の本文では満足に言及していないという指摘をしてきた。

 これを左巻氏は取り違えたか、あるいは誤解を受けたか気になったので、先のようなツイートをしたのだろう。どちらにしても勘違いの対応であり、変な形で名前を出されたほうとしては迷惑千万である。

 実際に、これをリツイートした人たちがいて、その多くは誤った認識を持つことだろうし、さらにひどいことを書く人まで出た。それが「天文学者」だという大石雅寿という人である。これについて次の回に述べる。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-18 17:17 | 学術 | Trackback | Comments(1)
 自民党が日の丸と君が代を強制するのも、日本共産党および系列団体の人たちが疑似科学を糾弾すると称して政治的な介入と干渉をしているのも、問題が同根であるという指摘を前回した。
 また、日本共産党がやっていることは、スターリン時代のソ連と文化大革命時代の中国と全く同じ発想と手法であるから、危険であるうえ時代遅れ加減がはなはだしくて滑稽でさえあるという話も、すでにした。

 ここで、同時に滑稽なことがある。同党および系列団体の人たちの様子と行いの順序から、「ニセ科学」の糾弾と追放の運動は、日の丸と君が代の反対運動で政治的敗北を喫した代替であることがわかる。
 つまり、前のネタがダメになったので次のネタというわけだ。反対のための反対をするネタを欲しがる運動屋サンの情けない姿である。

 そのさいの空虚で気取った様子から、自らの無様な姿を客観視できていないことがよくわかり、これを鏡の部屋に入れたら、あの人たちは自らの醜さを見て「蝦蟇の油」が滴るだろう。

 そもそも、学者や関心を持つ人たちの間で自由闊達に議論や論争をすべきことである文化の分野に、政治家が口をだして権力をふるって肩入れしたり迫害したり、ということをしてはならないはずだし、そんなことをしては危険である。学術論争が政治闘争と化してしまうからだ。何十年も前に中国が文化大革命で懲りたことを、今になって日本共産党がやっているというのだから呆れてしまう。
 
 しかも、政治の課題というなら、構造薬害のように大企業と省庁の癒着などが背景にある重大で深刻な案件に対し、命がけで取り組まなければならないはずだ。
 それをしないでおいて、安易に片っ端から粛清を仕掛け濡れ衣を着せまでして個人攻撃や人身攻撃をヒステリックに行い、これが日本共産党のやり方だとうそぶきSNSに公然と記述する感覚は、正直言って異常である。

 もちろん、そこまで異常なのは例の板橋区議員ら一部だけであり、共産党員のすべてがこのような狂信者ではないはずだ。しかし、狂信者ほどやけに威勢が良いと昔から相場が決まっていて、だから厄介である。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-17 17:35 | 政治 | Trackback | Comments(3)
 前に政治評論家の森田実氏が、こんなことを言っていた。

 例えば日の丸と君が代について、かつてはこんなに強制することがなかった。これはあくまで文化の問題である。それに対してまで、政治権力が介入して強制するべきではない。まして異論を排除して従わせるべきではない。なぜなら、政治権力の介入は必要最低限の範囲であるべきだと考えるからだ。
 なので、どんなに反感をもっていても、また、それをつぶす権力が自分にあったとしても、そこにまで手を出してはならない、という信念が政治家にはあった。

 ところが、そうした政治哲学をもった政治家が、昔と違って自民党にいなくなってしまった。そして青年将校的な体質に染まってしまったのだ。
 それで、昔だったら、そんなことまで政治家が口を出すべきではない、ということになるはずの範囲や分野にも、「問答無用」という態度になったのだ。

 もっともな指摘であるが、しかし自民党だけが勝手にそうなってしまったということは考えにくく、やはり社会全体の傾向が自民党にも反映していたとするほうが自然だ。
 だから他の分野にも反映しているはずだし、他の政党だって同様であるはずだ。
 
 実際に、自民党と最も違うとされている共産党も、やはり政治の最低限を逸脱しようとする。医療や教育などで社会的責任をどこまで政治に求めるかということでは、自民党よりも共産党のほうが、広い範囲を主張するだろう。
 しかし、それは問題ではない。それはあくまで、制度を充実させるなどして市民の権利を保障することを指し、これを政治の責任ということだ。
 そうではなく、その具体的な内容に政治が介入と干渉をしてしまっては、逆に市民の権利を侵害することになる、という意味だ。これは実際に、医療でも教育でも、しばしば問題になってきた。
 
 この意味を理解していないから、日本共産党および系列団体が、権威のない科学を学校から追放しよう、などと騒いでいるのだ。その当否とは別に、政治的な介入と干渉は不適切な範囲への逸脱である。
 そういう問題に対する認識が、自民党も共産党も同様に欠落している。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-16 17:35 | 政治 | Trackback | Comments(3)
 昨日、コンビニ店員に横暴だったり暴力をふるったりの客について話題とした。
 ところが、もっと醜い話を思い出した。

 大学生の当時、高校の同級生らと近所の飲食店に行ったのだが、すると店員たちは大忙しで働いていた。それで注文したものを持って来るのが遅いと、ある同級生が言って店員を叱りつけるので、一緒にいた同級生らが、そんな横暴をしてはいけないと注意した。すると彼は、同級生らに向かって、こう言った。
 「こっちは客なんだよ。忙しくったって店員は客の言うとおりにするものだろ」
 そのうえ、同級生らに向かってさらにこう言った。
 「そういうもんだろ。お前らファミレスや喫茶店でバイトしたことがあるからわかるだろう」
 やったことがあれば大変さがわかるだろう、と横柄さをたしなめて言うならともかく、逆に横柄な方が居直り、そのうえ注意した人を侮辱したわけだ。

 この人は、この場に居合わせた同級生の中で、最も偏差値が低く最も学費が高い私立大に通い、している人を侮辱するだけにバイトなんてしたことがなく、なんでもクレジットカードで買い物し、それは親が支払いの保証人となる「親子カード」だが、「大人になったらこういうものを持たないと駄目だぜ」と同級生らに自慢もしていた。
 また自分用に買ってもらったマイカーで通学し、ガソリン代も親に出してもらっていた。
 そのうえ、親がいなくて働きながら大学に通う苦学生となった同級生には、「やーかーんー(夜間)」とか「ニーブーッ(二部)」などと言いながらケッケッケとかニタニタとかいう調子で、つまり貧乏人だと嘲笑するわけだ。酒に酔ってのことで、後で憶えていないと言う。

 ただ、この人は就職活動したら、五流大に浪人して入り留年して卒業だが親はしっかりしているというので、いちおうの企業に就職した。そして一月後に仕事ができなくて退職し、親の関係している会社に入ったのだった。

 それで思うのだが、最近の自民党って、この同級生のような人たちではないか。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-15 17:54 | 社会 | Trackback | Comments(2)
 先日、コンビニ店で店員を殴って重症を負わせた客が逮捕されたという報道があった。どうして殴ったのかというと、愛想笑いをしなかったからだという呆れた話である。
 ただ、「わが社は商品に笑顔のオマケをつけて売る」と言って従業員に卑屈な行為を強制していた松下幸之助なんかを「経営の神様」と祭り上げていた日本の風潮に、そもそも原因がある。

 コンビニ店の乱暴な客は、自分でもつい先日、目撃したばかりだ。
 たまたまコンビニ店に行ったときのこと。店員が荷物を運んでいたら客にぶつかってしまい、店員の男性が失礼しましたと言って謝っているのに、その中年の男性客は激高して怒鳴り続けたから、近所の交番から制服警官が自転車に乗ってやってきた。大声に、近所の人が何事かと驚いて通報したそうだ。

 あのとき、すぐに警官が来たけれど、そうでなければ加勢しようかと考えていた。
 とは言っても、暴力沙汰になりそうではなかったので、その客を腕ひねって押さえつけたりする必要性を感じなかった。他の客が店員に味方してちょっと威圧的な口をきけば、その怒鳴っている客はビビッてしまいそうだったのだ。
 そもそも、下手に出ないといけない立場の人に対してブチ切れる人は、小心者である。

 また、コンビニ店員としてバイトしている人が、いつも仕事で客の横柄さに耐えていて、自分が客として別の店に買い物に行ったら立場が逆になり、すると些細なことで店員を怒鳴りつけた、という話もある。

 こういうのは、とんでもない人のことであると同時に、ある意味では悲しいことである。社会が不景気であると同時に抑圧感も強くなり、心までが貧しくなってしまったのだから。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-14 17:35 | 社会 | Trackback | Comments(1)
 森田健作は、出身地の東京都大田区で、演説したり握手したりせっせと選挙運動したおかげで国会議員に当選できたが、その直後に自民党から、その手塩に掛けた選挙区を公明党に譲れと命令されてしまい、怒り悔しがっていた。彼が嫌いな人でさえ気の毒に感じることだった。
 しょせんは芸能人ということで自民党から軽く扱われていたのだろうが、同時に、選挙協力は政党にとって重要だということだ。

 その選挙協力だが、民主党の中には前原のように自民党と同じだから野党の選挙協力に反対している者もいて、こういうのは論外である。
 しかし、そういうわけでもないのに嫌がる者もいる。わかりやすいのは鈴木宗男で、共産党に恨み骨髄だからあえて天敵の応援をすることにしたらしい。「ムネオハウス」の一連の告発で笑い者と悪者の両方になってしまったのだから無理もない。しかし身から出た錆というやつだ。

 そういうことではないが、共産党と一緒に選挙するのは気が進まないという政治家もいる。
 例えば、知り合いの社民党の地方議員は、かつて共産党と同じ候補者の応援をすることになり、候補者とは政策で一致点を見出せたし、共産党の地元議員らとは差異や齟齬を乗り越えて連帯できたし、だからとてもよかったけれど、選挙が始まったら、共産党とは別組織だが昔から提携をしている民主青年同盟という団体(民青)が他所から押しかけてきて、その連中に辟易させられたそうだ。
 若い連中が熱心なのは結構だがSEALDSのような感じではなく、妙な同調性をもって集団で連呼しながら街中を練り歩く民青の様子に、耐えがたいほどの気持ち悪さを感じたという。

 たしかに、あれは動員されて他所からやってくるから地元を知らず、それで指図されたとおりに叫ぶ言葉は熱心のようでいて空虚に響く。
 ちょうど映画『ラストエンペラー』の文化大革命の場面で、紅衛兵と呼ばれる若い集団が毛沢東語録を掲げて「造反有理」と連呼しながら街中を行進する姿と酷似している。
 
 このように、政党それ自体ではなく支援団体が原因となって、政党の連帯に困難が付きまとうこともあるのだろう。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-13 17:21 | 政治 | Trackback | Comments(6)

デビッド ボウイの訃報

 大病をして事実上引退といわれていたデビッド ボウイだが、また作品を発表したり回顧展が開催されるということで話題となっていたところ、亡くなったと発表されて騒ぎになっている。彼はエルビス プレスリーと同じ誕生日で、その直後だった。

 デビッド ボウイといえば、よくカラオケで利用させてもらった。「♪スタ~マ~ン」とか。
 あと、90年に来日した東京ドームのコンサートを観た。ちゃんとアンコールに応じた日であった。
 その前日は、重要なので必ず曲目に入れると言っていた『ロックンロールの自殺者』を唄わず、アンコールにも応えなかったので、疑問を呈されていた。体調がよくなかったと説明されていたが、ただの気まぐれだったともいわれ、興行主のほうからは、次の日の当日券の売り上げに影響すると苦情が出たらしい。

 また、元アイドルグループという俳優が、子供の父親が自分とは別人だとDNA鑑定で判明したという訴訟を起こし、その離婚した妻である喜多嶋舞は、映画『ラビリンス』のジェニファー コネリーをひどい素人演技の吹き替えをしていた。
 これは当時フジテレビが、洋画の吹き替えを経験のないタレントにやらせて話題づくりして、一時的に視聴率を稼げれば映画をむちゃくちゃにしてもよいという態度で非難されていた一環である。
 そのうえ、デビッド ボウイの吹き替えが堀勝之佑(銀英伝のルッツなど)で、ベテランだからきちんとした演技ではあったがイマイチ合っていなかったし、歌詞のテロップがひどい誤訳であったから、もしもボウイが知ったら怒ったのではないか。それくらいひどかった。

 あと、先日くだらない番組『朝まで生テレビ』の話をしたが、その大島渚はテレビのCМに出ていたのを見てボウイに『戦場のメリークリスマス』の台本を送ったところ興味をもってもらえたと言っていたが、時期からすると「ジンロック ジャパン」だろう。
 そしてボウイは、会うにあたり観てとブロードウェーの舞台でやっていた『エレファントマン』のチケットを届け、歌手だとしか思っていなかった大島渚はボウイの演技がうますぎるので驚いてしまったと言っていた。

 ブロードウェーの舞台に出た歌手といえばマドンナもそうだが、こちらは酷評されていた。評価されていた『エレファントマン』について、よく言われる「姿は醜いが心は清らか」という主人公ではなく、同情をひいて冷笑していたという解釈だとボウイは語っていた。
 おそらく『金閣寺』の影響で、三島由紀夫の小説はよく読んだとボウイは言っていたことがある。しかし、緒方拳が主演の映画『ミシマ』について、ボウイは興味深く観たと言っていたが、大島渚はつまらなかったと言っていた。
 あの映画は、エドウッド映画と同じで、ツッコミを入れながら観ると面白いのだ。

 デビッド ボウイは「ステージ上で殺されたい」と言っていた。芸人として舞台で死ねれば本望だし、唄いながら熱狂的なファンに殺されたら最高だと。
 しかし、一時の親交があったジョン レノンの事件があると、ボディーガードの人数を増やしていたそうだ。芸人の発言を真に受けてはいけないということだ。

 ということで、いろいろな思い出のあるスターであったから、その訃報には驚いた。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
[PR]
by ruhiginoue | 2016-01-12 17:18 | 芸能 | Trackback | Comments(8)