人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。Googleが誤情報を混ぜているので信じないで下さい。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ワープロでの作文

 本多勝一著でもっとも売れている『日本語の作文技術』について、ワープロについて加筆した版を出すつもりはあるかという質問に、あくまで作文の技術について述べているから、道具について補筆することは考えていないというのが著者の回答だった。

 この『日本の作文技術』では、筆記具について余談として言及している部分ならある。万年筆で書くと大量の文字でも疲れにくいということ、金をペン先に使い滑らかにしているならいいが、キャップなど無意味なところに使い豪華にしている無駄に高額なものはやめたほうがいいということ、今まで使ったなかではモンブランよりもペリカンがよく、パーカーは幅を利かせているが「パーカー買うのはバーカー」といわれるように、かつては劣悪で、次第に良くなったという評価もあること、などだ。

 これと同じようにワープロについて語るとしても、パソコンの機種と使用する文書作成ソフトと、日進月歩の技術については、本に書いて語る意味がないだろうし、せいぜい、よくネット上でも言われているように、いろいろな意見はあるが、その違いにも関わらずだいたいの人たちが「ソニーのはダメだ」と言っていることが、「パーカー買うのはバーカー」と同じようなことくらいだろう。

 あと、機能とは無関係の部分で高額ではないかと思うのが、松本零士がデザインした万年筆で、SFの小道具みたいで楽しい外見だが、よい材質を使っているから品質は良いとしても、五万円というのが相応かということだ。
 そして、今では五万円も出せば新型のノートパソコンを買っておつりがくる。もちろんノートパソコンは買っても買ってもどんどん古くなるが、万年筆はほとんど一生ものだ。
 しかし疲れないことが利点の万年筆なのに、手書きするのは署名の他は手紙と葉書と署名くらいになってしまった。おそらくもっとも有益なのは、黒板をノートに書き写すことだろう。

 あと、書くこと自体とは関係がないが、立花隆著『知のソフトウエア』で、ワープロについて、便利なものが出来たとし、読み返すときは画面だと誤りなどに気づかないから必ず印刷してから読み返すようにするべきだと指摘していた。
 これは、そのとおりな気がする。これくらいではないか、ワープロでの作文について述べるとしたら。  


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-09 17:36 | 雑感 | Trackback | Comments(1)
 裁判傍聴趣味の「阿蘇山大噴火」と名乗る人は、霞が関の裁判所前で何度も見かけたことがあるが、彼はプロ野球の清原もと選手の逮捕にからんで勘違いのツイートをしていた。大阪の警察が啓発のために作ったポスターで、清原選手がバットを構えている写真に「覚せい剤を打たずにホームランを打とう」というコピーが載っているのがあったけれど、これを中島らも作だと言っていたのだった。
 そうではなく、中島らもは自戒も込めながら、コピーに「ふれ愛なんとか」のような安易なダジャレが氾濫していることを批判し、そのなかで清原選手のポスターも例に出していたのだった。このポスターは、まるで清原選手が覚せい剤を打っていたかのよう印象を受けた人もいたという話を紹介しながらだった。つまり作ったのではなく逆に批判したのだ。
 
 そんな清原もと選手が、実際に覚せい剤を所持していたことで逮捕されたのだから、皮肉なことだと言われた。しかも彼は大選手だったから、なおさらだろう。
 中国でもジャッキーチェンが麻薬撲滅キャンペーンに出ていたけれど、彼の歌手である息子が自宅を麻薬パーティーの会場に貸していて、それと知っていてのことだったため警察に逮捕されてしまい、ジャッキーチェンが大きな衝撃を受けていたと報道されている。
 ジャッキーチェンといえば『酔拳』とか『蛇拳』などのカンフー映画が有名で、『木人拳』というのもあったが、ジャッキーチェンが警察の取り調べに黙っていて『黙秘権』というパロディイラストがあったけれど、息子のことはシャレにならない。

 ところで、清原という知り合いが、自分の姓は差別を受ける地域によくあり、実際に嫌な思いをしたことがあると言っていて、そのさいプロ野球の清原もそうだろうと言っていた。
 かつて清原選手がプロ野球の西武ライオンズで大活躍し注目され始めた当時、「建国記念日」で「天皇陛下万歳」の音頭を芸能人などにさせていたが、それを清原にやらせようと言い出した人が自民党の方面にいて、西武の堤義明オーナーもいったんは了承していたが、実現しなかった。これは、彼の姓が被差別地域の出身者のものだから、彼もそうだろうということで駄目ということだったと、ささやかれていた。
 また、清原があれだけの大選手だったのに監督などになれないのも、差別が原因ではないかと言われている。そして、読売ジャイアンツのちに自民党から選挙に出ている堀内恒夫もと投手・監督に対し清原が嫌悪感を露わにしていたことがあるけれど、これも関係があるのではないかと言われていた。
 
 それで苦悩して薬に手を出したと単純に言うべきではないが、同じ清原という人から直接聞いた話のため、どうも気になってしまうのだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-08 17:32 | 体操 | Trackback(1) | Comments(0)
 実話に基づいたアメリカ映画『ミスターグッドバーを探して』では、クリスマスプレゼントについて「クリスマスなんてデパートの陰謀だ」と言う場面があったが、それを言ったら成人式なんて呉服屋の陰謀だし、恵方巻なんてコンビニ店の陰謀だし、バレンタインデーなんて菓子屋の陰謀というべきだろう。

 陰謀というほどのことではないかもしれないが、中学生の時、特に仲が良かった同じ組の男子が、リボンのついた化粧箱に入ったチョコレートをバレンタインデーにもらったのだが、これは同じ組の女子が、ある女子から匿名で貴方に渡してくれと頼まれたと言って渡したものだった。訳があって名乗れないから気持ちだけということだった。
 しかし、それは同じ組の男子数人が仕組んだことで、誰がくれたのだろうと嬉しそうにしている彼の様子を見て笑っていたのだった。特に彼は女の子にモテないから非常に嬉しそうにしていて、それを見て笑うという悪趣味であった。

 ただ、あまりにも嬉しそうにしていたから、そのあとで実はヤラセであったと知らせて落胆させてやり、さらに笑ってやろうと思っていたのに、この歓びようでは真実を知ったらショックでどうなるかと不安になってしまい、それでほんとうのことは教えなかったということだった。

 で、彼とは自宅が近かったこともあって卒業してからも付き合いがあったが、毎年二月になると「あれをくれたのは誰だったのかな」と必ず言い、二十歳になっても「十代のころの美しい思い出だ」と真顔で言っていたから、こっちも合わせて「そうだね」と言うしかなかったのだった。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-07 14:32 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
 朝日新聞は、最近になってやっと、学歴は親の金次第だという実態を報道したが、それまでは、どんな指摘があっても、本人の努力次第だと強弁する紙面であった。マスコミでもっとも東大卒を重宝がってきた会社らしい。
 それについてあの本田雅和記者に話したら、彼は横浜国大卒で、同期は東大出ばかりだったと言う。そして「いまどき東大出なんて駄目だ」とも。

 そんな話を拙書『朝日新聞の逆襲 「クオリティー紙」復活の条件は?』でも述べている。この副題は出版社がつけたもので、もとは『朝日新聞の逆襲』だけで、前置きで説明したとおり『フランケンシュタインの逆襲』とか『ゴジラの逆襲』『キングコングの逆襲』などと同じ意味である。

 ただ、会社から学歴の汚染を除去したほうが活性化するという提言にするため、副題もつけられたという次第である。
 あの松本清張も、貧困のため進学できず、朝日新聞で働いていたが正社員になれなかった、ということにも触れているのは、そのためである。

 ところで、今も問題になっていることだが、生活保護を受けている家庭では、子供が大学に進学してはいけないことになっている。だから、進学する子供を別の世帯にするという奇策をしなければならない。一昔前には高校ですら、義務教育ではないから不可だった。こんなことを学歴社会の現実があるのにやっているから、貧乏人の子どもは貧乏人になるという貧困の再生産となる。

 なので、前に「私は生保の母子家庭で育ち東大に入った。家庭環境は無関係で、本人の努力と頭の良さだ」という匿名アカウントのツイートがあったが、ホラ話だとすぐに判った。
 しかし、このホラ話、朝日新聞の紙面と似ている。これでは、記者たちに社会の現実が見えていないと思うしかないだろう。



人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-06 17:34 | 社会 | Trackback | Comments(1)

清風堂書店 ‏@seifudosyoten 1月30日
新刊色々。イスラム過激派に入った若者が書いた『僕がイスラム戦士になってシリアで戦ったわけ』(金曜日)、イスラームの第一人者と精神科医が世界を語る『非道とグローバリズム』(ブックマン社)、『朝日新聞の逆襲』(第三書館)も売れています!
『朝日新聞の逆襲』が中東イスラムコーナーにあるわけ_f0133526_16403980.jpg



 なぜ、マスコミ論、メディア論、朝日新聞論、なのに中東イスラム情勢のコーナーに置かれているのかというと、欧米メディアの戦争プロパガンダ報道を受け売り垂れ流ししている日本のマスコミの状況への批判に相当の紙面を費やしているからで、日本では報道されていない記事をインターネットで海外から取り寄せて翻訳したりもした。

 これについて、知り合いのいるいくつかの出版社に発行を頼んでみたが、もっともよく理解してくれたのは第三書館の北川明社長であった、という次第。
 もともと第三書館は中東イスラム情勢に力を入れていて、カダフィ著『緑の書』の邦訳を出したり、フランスで銃撃事件があった「風刺かヘイトか」のイラストを問題にしたりで物議にもなっていた。
 
 もちろん、一昨年の社長辞任や、直接話した有名記者で、本多勝一、筑紫哲也、伊藤千尋、本田雅和の各氏のことなど、ほかの話題もいろいろと取りあげている。
 
 
人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-05 16:54 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
 一部のスターリン主義者が「ニセ科学」の濡れ衣を着せて(ニセ科学なのか以前に、それに関する発言すらしていない場合まである)集団吊し上げと粛清をしようとする日本共産党員たちの狂信性を批判すると、同類の日本共産党員から中傷されたりデマを流布されるが、これと同時に、ツイッターで日本共産党の支持者や議員からも「イイネ」を貰う。同党内にもまだ良識があるということだ。
 
 この問題に限らず、日本共産党の妄信者たちは、党の政策のごく一部に賛同しないだけで非常識な物言いや汚い言葉を使い差別的な非難をするものだ。まったくネトウヨ(ネット右翼)やオザシン(小沢一郎の信奉者)顔負けである。
 しかも、日本共産党の党員や支持者の中には、実名を出して平然とやることが目立つ。れだけ狂信性が甚だしいということだ。
 
 もちろん、共産党でも自民党や生活党の支持者でも、全部が下品ではない。どこの政党にもロクデナシはいるということだ。ただ、そういうのに限って威勢だけは良いから厄介である。
 ただ、日本共産党員の多くは社会運動の経験が無いか、有っても学生時代から民青などの系列団体だから、同党の活動を客観的に知らない。それで、党の活動方針に合わない場合はもちろんのこと、合っていても主導権を持てず票にならない場合にまで敵意を露わにするため、日本共産党が昔から市民運動の間でたいへん嫌われてきた、という実態を認識できていないのだ。

 近所の知り合いの日本共産党員が言っていたが、前に社民党にいたけれど駄目だと思って共産党に入ったが、そうしたら、これまでやっていた平和運動や障害者福祉やホームレス救援などの活動をやめるように命令されてしまったと言っていた。
 それが他の政党の活動であるならわかるが、そうでないものでも党以外であるから不可で、その手間暇があったら党活動をもっとたくさんやれと言われ、社民党の緩すぎさにも困ったものだったが、共産党の狭量にも困ると言っていた。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-04 17:33 | 政治 | Trackback | Comments(4)
 かつて劇映画『戦場のメリークリスマス』がテレビで放送されたのを観たうちの母親は、大島渚が真面目に映画を作ると結構よいと言っていた。
 彼がテレビのワイドショーなどでバカなことをして稼いでいるのは経済的事情があってのことだとしても、とても褒められたものではない。しかし、この映画では主人公のミスターローレンスとビートたけし軍曹のからみなどが良くて、戦争なんてしなくてもよいはずだということがよく伝わってくるという。
 また、隊長役の坂本龍一もキレイだったし、それよりなんと言っても素敵だったのはあの英国軍の捕虜だという。それまでデビッドボウイを知らなかったのだ。
 
 そういうのはうちの母親だけではなく、この『戦メリ』で初めてデビッドボウイを知り、「レッツダンス」しか聴いたことのない俄かファンが「シリアスムーンライトツアー」で来日公演したさいに押しかけてきて、七十年代からのファンとしては不愉快だったと言う人もいた。

 この映画の中で、ローレンスを背負い収容所を脱走しようとしたが見つかってしまうという場面では、奪った小さな銃剣しか持っていないのに、日本刀を持った相手では勝ち目がないとデビッドボウイに指摘された大島渚が、なるほど敵わなくても戦おうとするのは日本人の感覚だと気づき演出を変え、すぐ降参するようにした。
 この、勝てないのに意地や体面で戦う日本人の感覚が、戦争で多くの悲劇となったわけだ。

 ところで、デビッドボウイと同じころ、作曲家で指揮者のピエールブーレーズも亡くなった。
九十一歳だったそうで、デビッドボウイより二十年以上長生きだった。寿命とはずいぶんと個人差があるものだ。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-03 17:33 | 映画 | Trackback | Comments(1)
 蓮池氏の発言が話題になっている。
 だが、それより何年も前に、同じ趣旨の発言を、デヴィ夫人がしていた。あのときデヴィ夫人が個人的に北朝鮮を訪問したことでマスコミが変に騒いだため、右翼が彼女の自宅前に押しかけてきて、怒ったデヴィ夫人にちょっとした「立ち回り」があったことも報道された。

 この「武勇伝」のさい、デヴィ夫人はブログなどで発信し、妙な騒動に発展したのはまともな報道がなされていないからであるとし、そんな「マスゴミ」など信じないでほしいと述べた。
 
 そもそも政府が真面目にやっていないから、なにか自分にできることをしようと考えてデヴィ夫人は、正式国交がないため普通はなかなか行けない北朝鮮に、亡き夫のコネを利用して行ったと説明したうえで、政府がちゃんとやっているのだから余計なことをしなくてよいとでも言われるならともかく、そうではなくて、特に安倍氏が酷くて、外交に熱心なふりをするために利用しているだけだ、と批判していた。

 そういわれてみれば、小泉総理のころから歴代の総理大臣は、不十分ではあるが一応の進展があったり、具体的な解決への提言があったりしたが、安倍総理になると煽情的なばかりの印象である。

 そうしたら、蓮池氏の発言である。
 最初、蓮池氏は被害者の家族の立場から、事件の解決に熱心な姿勢をとる安倍氏を応援していたが、いっこうに安倍氏は真摯に取り組まないので、機会があって直接に抗議し、国を相手に訴訟を起こして責任を問うことも考えていると伝えたところ、「国の不作為を立証することは難しいよ」と安倍氏は笑いながら言ったそうだ。

 こうして、デヴィ夫人の批判が関係者によって裏付けられたというわけだ。安倍氏は蓮池氏の発言を否定しようとするが、何年も前から他の人からも指摘されてきたことである。こういう人が総理をやっているとは情けないことである。


人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-02 17:31 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 ある同級生が、飲み会をやろうと言うのだが、彼の自宅の近くにある飲食店にするという。彼の自宅はかなり遠く、私鉄などをいくつも乗り継がなければ行けない。時間もかかるし、電車賃だけで片道二千円以上になる。しかし、どうしてもそこでやると言う。
 なぜなら、家族の健康上の事情から自宅から遠くには離れられないからだということだった。その代り、店の割引券があって安くできるという。

 それなら仕方ないと考えて、不便で時間も費用もかけて行ったのだが、割引券というのはホームページからプリントすると三名以上は総額から五パーセント引きという、どこでもあるものだった。特に安いという金額でもない。
 また、家族のことについて心配して言ったら、あれは嘘だったと平然として彼は言う。そして、騙してはるばる越させたおかげで、楽できたとまで言う。酒を飲んで酔って、自宅まで歩いてすぐ帰れるとヘラヘラして言う。騙されて来たほうは、これから何時間もかけて終電を心配しながらまた二千円以上使って帰ることになる。

 この話をすると、たいていの人は信じられないと言い、ほんとうなら彼は「ジコチュー」だと言う。たしかに、もともと彼はいつも自己中心的な発想をして、それが当たり前だと思っている様子である。だから、その後も、みんなで集まりやすい場所ということは絶対に考えない。それでは拒絶されるくらいのことならわかっているようで、だから嘘をついて騙そうとする。
 ただ、騙し切ろうとしない。嘘がバレるというのでもない。その時だけ騙してしまえば解決したと思っているようだ。だから後で嘘だったことを平気で言う。それで悪いとは思っていない。
 
 この話に、多くの人から、悪気が無くて我儘な発想をする人がいるものだと指摘された。そして、この癖は絶対に治らないから、そういう人とは付き合うのをやめるしかないということだ。

人気ブログランキングへ1日1クリック投票をお願いします
by ruhiginoue | 2016-02-01 17:29 | 雑感 | Trackback | Comments(0)