井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

<   2018年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 先日、高齢だが元気な男性から、辺野古に行ったことについて、日当をもらって反対運動しに行ったのだろうと言われた。

 それは反対運動をしている地元の人たちを貶めるためのデマなのに、そんなこと信じているのかと言ったら、そのじいさんは「なんだデマなのか」

 だいたい、金もらえるなら、それを目当てに行く奴がいっぱいいるじゃないかと指摘したところ、「ああ、俺だって行くよ」と言った。
 じゃあなんでデマだと気づかないのか、と問うと、「本当か嘘かなんて、どうでもいいんだ」と言った。
 「俺は大阪もんだから、沖縄の人間を差別して悪口を言えば何でもいいんだ」
 「この間もヘイトスピーチ参加してきた。とても楽しかった」
 と、ニコニコしながら言った。

 また、こうも言う。
 「差別や弱い者いじめほど楽しい事は無いんだ。これが他の地域の人間にはわかんねぇだろうけど、人生を損していて可愛そうな奴らだな」
 ニコニコと満面の笑みを浮かべていた。

 なるほど大阪には、そういう発想をする人が大勢いる。

f0133526_16403601.jpeg









[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-19 16:15 | 社会 | Trackback | Comments(0)

地震と害虫大発生の関係

 いろいろな昆虫について写真や動画をツイートしていたら、テレビ局から大形の蛾クスサンの動画を放送で使わせて欲しいと申し入れがあり、TBSの「Nスタ」という番組の中で流れた。
 この話は、昨年した。

 これは前に説明したが、クスサンの幼虫がサナギになろうと木によじ登っている映像が、今年はなぜ大発生したかと解説している背景になったのだった。

 このクスサンの幼虫は、よく栗の木を食害する。大発生して栗園が壊滅的打撃を受け、経営者は何百万円もの損害となって、また栗拾いを楽しみにしていた人達に申し訳ないと言っている。

 その報道の中で、昆虫に詳しい人が解説した。幼虫が大発生するのは天敵がいなかった場合で、よく鳥に食べられるのだけれども、その天敵である鳥が人間や猛禽類にやられたり、あるいは何らかの理由でいつもの場所に来なかったりで、食べれらることがなく大発生したと考えられている。

f0133526_16471761.jpeg

 これについて、やはり鳥が来なかったからではないかと言う人がいた。
 いつもいる鳥がいなくなってしまったとか、ハチがいつもの場所に姿を見せなくなったとか、そういうことがあると地震などの天変地異が起きると言われている。
 この関係について究明はされていないが、そういうことがあって何かおかしいと思ったら地震だったりは、実際にある。
 それで、このところ地震や噴火が多いから、これが関係してるのではないか、ということだ。

 つまり「風が吹けば桶屋が儲かる」式に、地震など天変地異があって、それが鳥などの行動に影響を与え、その鳥に食べられるはずの虫が大発生し、農作物に壊滅的被害を与えた、という図式になる。

 さて、皆さんどう思うかな。






[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-18 16:10 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 今ではコンビニ店がライフラインの1つとなっているけれど、これを支えるフランチャイズオーナーやバイト店員たちは、仕事は忙しく収入が少ないので大変である。

 それについては、先日、労働問題で傍聴しに行った話を、ここで報告した。そこにいる人たちから、お話も伺った。

 ところで、最近はコンビニ店だけでなく、様々な職場で、よく働いてるうえ客に対する愛想もいいのは、外国人ばかりだと言われている。

 仕事がてきぱきしてて笑顔の店員は、名札を見ると中国人など外国人のバイトで、なんだか顔が陰気くさくて愛想が悪くて仕事もぞんざいで投げやりな店員の名札を見たら日本人だった、と言う証言をよく聞く。

 これは、給料が安くて仕事が大変でも、外国人は希望を持って働いていて、日本人は将来に希望が見えず、それが態度などに表れているのではないだろうか。

 もう日本は行き詰まっている。みんな、その重荷を背負わされているんだろう。


f0133526_13074562.png
この画像は無料だそうです。


[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-18 13:07 | 経済 | Trackback | Comments(2)

 時代劇で、 三代将軍徳川家光が、自分は先代・先先代と違い、生まれながらに支配者であると嘯く場面があった。


 自分の努力で地位を築いたのではないから謙虚になる、のではなく逆に威張っているわけだ。

 こういう発想もある。


 それを言ったら、現代の日本もそうだ。

 大災害を気象庁が警告してるのに総理大臣らは宴会で飲み食いしてはしゃいでおり、被災者を助けるより選挙制度で自分たちが有利になるようにしようとか、よく恥ずかしくないものだといわれてる。


f0133526_20061570.jpeg


 けれども、昔からよく指摘があったように今の自民党は2世3世4世であるから、この人たちは自分たちを為政者とも代表者とも思ってなくて支配者だと思っている。


 こう考えれば、今の政府の対応も決して不可解ではない。

 そして、これを国民が容認してしまっているのだから、現代の日本の政治は江戸時代と同じなのだ。

 



[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-17 06:51 | 政治 | Trackback | Comments(5)
 これは今は亡き大橋巨泉氏がテレビで言っていたことだけれど、日本では酒のマナーに甘くて、諸外国では、同じように酔っ払っていたら、それだけで迷惑行為として逮捕されることもある。

 この指摘をしたうえで、大橋氏はユーモアを交えながら言った。
 街中で酔っ払ってフラフラしていて、ときにはベンチで座り込んで寝てしまったりすることは、日本ではよく見かけるけれど、こんなことをモスクワやヘルシンキでやっていたら凍死するだろうし、ニューヨークやロサンゼルスだったら強盗に襲われて身ぐるみ剥がされるだろう。

 結局、日本は季節による寒暖の差は大きいけれども、もっと厳しい国々があり、それに比べたら穏やかで、また治安のひどい国に比べたら犯罪の心配は少ないから、そのこと自体はいいんだけど、それで油断して、マナーにだらしなくなってしまったと、大橋氏は説いていた。

 今問題になっているけれど、しかし政府や大手マスメディアが黙殺している、オリンピックの真夏の開催についても、同じではないか。
 これが赤道直下の国など、もっと暑さに気をつけていて、炎天下に作業などもってのほかで、どうしてもすることがあったら夕方からにしたりと、注意しているそうだ。

 ところが日本では、夏は暑いし冬は寒いのだけれども何とかしのげることが結構あるもんだから、それを精神力や根性で乗り切ろうという発想になるのではないか。

 こういう事はもう終りにしないといけない。とても危険であるから。猫のように暑さ寒さに対して素直になるべきだ。


f0133526_09060425.jpeg



[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-16 17:04 | 社会 | Trackback | Comments(3)
 拙書『宇宙戦艦ヤマトの時代』で、オウム真理教の信者たちにはヤマト世代の人たちがいて影響受けていたことに、ちょっと触れたが、そしたら他はいいけどオウムの話なんかするんじゃねえよと、その部分に文句言ってるファンの人がいた。

 まあ、原理主義というか熱狂的なファンの人からすると、そういう否定的な話をされるのは不愉快なんだろう。

 そのオウム教は、自分たちで毒ガスを作ってばらまいておきながら、自分たちが被害者であると言い、教団内に対策で独特の巨大な空気清浄機を作って設置し「コスモクリーナー」と名付けていた。

 このコスモクリーナー、『宇宙戦艦ヤマト』の最終回で活躍する。デスラーが毒ガス攻撃してくるからだ。

 この時、必死の操作をするヒロインの名セリフが「だって古代君が死んじゃう」だった。
 このような自己犠牲と言えば今では『アナと雪の女王』の「だって、姉さんだもの」だ。

 このセリフをアテレコしている神田沙也加が、テレサの声で出演している。昔さやかさんといえば『マジンガーZ』だったが、松田聖子の娘が声優として『ヤマト』に出演すると予想できた人はいなかっただろう。
 
f0133526_19112269.jpeg





[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-15 18:55 | 映画 | Trackback | Comments(0)
 強引に株価を上げて、そのツケは将来に回しているのだけれど、自分の持っている株の値が上がるからいいと安倍内閣を支持してるのが高齢者たちである。

 今の高齢者たちは、自分さえ得すれば良いとしか思っておらず、その深刻なツケが回ってくる頃には「死に逃げ」しているとタカをくくっている。自分の子供を連帯保証人にして借金をし、金を持って夜逃げするようなものである。

 ところが、これを問題にすると、若い人も株をやればいいんだと言う愚か者がいる。仮に株をやって大儲けしたとしても、そのツケは確実に回ってくるのに。
 それにみんなで儲けることは不可能だ。

 まえに企業の投機部門で働いていた知り合いが言っていたけれど、社会の中にある富には限りがあるのだから、その富を偏らせることによって利益になるのであって、富が増加するわけではない。
 このあたりまえのことによって、株で儲けている人がいるから自分も株で儲けたいと考えても無理なことなのだ。

 しかも、株で儲けられる時代が終わってしまった。
 かつて、預金をすれば利子がそれなりについた時代があったけれど、今ではほとんど無意味な額しかつかない。少額貯蓄非課税制度(マル優)も廃止された。

 それと同じように、ニーサと呼ばれる少額投資の非課税も、いずれ無くなるだろう。

f0133526_09060425.jpeg

 
[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-14 22:29 | 経済 | Trackback | Comments(3)

 西村康稔・副官房長官は、アメリカのカジノ関連企業からパーティー券を買ってもらったと週刊誌に報道されたことについて、「購入は事実」とした上で「立法過程に何ら影響与えた事は無い」と、奇妙な抗弁をしている。


 これは、権力の中枢にいる者が「李下に冠を正さず」の諺(故事)を知らないのかと呆れられている。


 そもそも、政治資金を稼ぐためのパーティー券をある業界に購入してもらったけれど、その業界にとって利益になる法案には反対したから影響していないと言うならまだわかるけれど、賛成したのでは弁解にならない。


 また、法案について純粋に考えた結果として賛成するのならば、それとは別に純粋な献金をしてくれたとしても、その法案がその業界にとって得になるのであれば、法案の採決をする前にお金を返すものだろう。


 そんなこともわからない人が政治家をやっていることに、先ず驚かされる。

 そうではなく、不適切な行為をしていると認識しながら、それが後から問題になって居直っているのかもしれない。


 あるいは、知らなくて、問題になったら居直る、ということかもしれない。この可能性が1番高い。最近の政治家、特に安倍内閣の政治家はそうだから。


 本来、わかっていてやったことの方が、知らずにやってしまったことよりも責任が重い。

 けれど、政治家や専門家の場合は、知らないでいること自体が問題であり、しかも、それによって不適切な行為をしでかして批判されたら居直るのでは、最低最悪である。

 

 こういうことをわからない人が、政治家に限らず弁護士や医者などにも多いので、それだけ日本の社会が衰退してるということだろう。


f0133526_09060425.jpeg


[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-14 08:30 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 北海道の湖畔に「キャビン」と言うレストランがあった。ここは洋食屋さんだった。かなり本格的な作り方である。

 この敷地内に、なぜか「シルバー仮面」の等身大の人形が置いてあった。
 これは何なのかと訊いたら、店の主が言うには、どこか昔よくあったデパートの屋上などの遊園地で、不要になったものをもらったそうだ。

 そしてインターネットで調べてみたら、1971年に放送されていたテレビ番組の変身ヒーローだと判り、色あせていたのを写真を見て塗装し直して展示したと言うことだった。

f0133526_18195291.png

 ところが地元の人に聞いたら、この店がもうなくなっていると言う。店の主が亡くなったのだそうだ。去年シルバー仮面の話を伺った時には、かなり年配ではあったけど元気で料理を作っていた。
 それなのに。と言うことで周囲の人たちもびっくりしたそうだ。人の命は儚い。




[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-12 18:23 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

 イタリアは、欧州でも特に共産党や左翼の勢力が強いので、それに対抗するため宗教と暴力団を利用したから、この影響でカトリックやマフィアも増長した。


 日本共産党も、イタリア共産党のようにテレビ局までやっているほどではないが、政権与党の機関紙ではなく野党の機関紙としては世界最大級である。

 それで、反共の道具として宗教と暴力団を使ったから、外国人が驚くほどヤクザとカルト宗教が堂々としている。 


 その中で、オウム真理教の事件があった。

 だから、その幹部たちを処刑したとき、いくら犯罪者でも酒盛りしていて不謹慎と自民党の幹部たちが批判されているけれど、仮に酒盛りするほどの犯罪者たちであるとしても、安倍晋三ら自民党に、その資格はない。

 反共と選挙にカルトやヤクザを利用して、自らの集票と、対抗候補・政党へ選挙妨害、など汚いことをしていたくせに。


 しかも、安倍晋三は祖父の代からデモにヤクザを雇って暴力を振るわせていて、晋三も自ら暴力団と仲良くし、カルトの代表的な統一教会の支援を受け、欧州では支部がカルト認定されている創価学会の傀儡である公明党と連立している。

 これでは、オウム真理教が増長した社会背景に責任があるはずだ。
 実際、オウム真理教は大きな事件を起こす前に迷惑行為で批判されると、顧問弁護士(後に逮捕・服役)が、「批判しているのは共産党員だ」とテレビに出て罵っていたし、オウムに一家皆殺しされた弁護士は、警察による共産党議員宅盗聴事件の弁護をする法律事務所に勤務していて、警察と敵対していたから、捜査に影響していた。

 つまり、オウム真理教の幹部が死刑にふさわしいなら、それを醸造した自民党政権にこそ、最大の責任がある。


f0133526_17331143.jpeg



[PR]
by ruhiginoue | 2018-07-11 15:36 | 政治 | Trackback | Comments(3)