井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue

<   2018年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 月刊誌『新潮45』は、差別発言を掲載して問題になると、事実誤認と無知に基づいて居直った。この醜さについては既に他で指摘されているが、このさい発行元の新潮社では、文芸部門などのツイッターアカウントが内部から問題にする姿勢を見せ、新潮社にも良心があるのかと言われた。

f0133526_11492703.jpg

 ところが、このたびの「騒動」により、このところ売り上げ不振だった『新潮45』が売り切れになると、途端にこの件について何も発信しなくなり、今までのことなどなかったかのように通常の営業に戻った。つまり、あれは社内に良心があるようにみせかけるアリバイ工作であり、同時に社を挙げて「炎上商法」のアシストをしていたのだろう。

 この指摘は主に出版関係者からされているが、知り合いのジャーナリストは、新潮社の文芸部門も同じ体質と言っていた。かつて『新潮』に掲載された柳美里の小説『石に泳ぐ魚』の内容が病気の人を傷つけ苦しめる内容であったから、被害者から訴訟を起こされ敗訴したけれど、それでも同社は単行本を出版してしまい、この時の同社の態度から、そういう体質が取材していて判ったということだ。

 また、月刊誌『紙の爆弾』(鹿砦社)に書いた記事のうち、『新潮45』を問題にしたことがある。これは読んだ方で憶えている方もいるだろう。『新潮45』は、恵庭OL殺害事件でデタラメ記事を載せて裁判になり、新潮社は敗訴し賠償金を払ったが、この傍聴をした当時、新潮社の校閲は日本の出版業界で最も緻密なのに、この雑誌だけは違うと指摘した。内容的に問題があるというだけでなく、事実誤認がひどかった。

 こんな雑誌を発行していることを知って入社した社員ばかりいる新潮社である。今回は杉田水脈という国会議員が発言したから大きな問題になっただけで、この雑誌は内容的に昔からずっと同じだった。

 だから、新潮社とはそんな所なのだ。
 ただ、いつから、どうして、こうなっちゃたのかと疑問を呈する人たちがいる。これについては、亀井淳もと週刊新潮編集部次が生前に述べていた。リベラルだったのが三島事件から急変した。中央公論社が右翼のテロに屈したけれど、それに続いて新潮社も右翼を恐れ、それとともに右傾化する政治情勢に迎合したということだ。

 また、この流れに棹差したのが『朝日新聞』であった。そして「天声人語」などで右傾化を煽った見返りに、右翼に迎合する新潮や文春から非難される皮肉なこととなった。これについては拙書『朝日新聞の逆襲』(第三書館)で詳しく述べたので、あとはそちらを参照のこと。






[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-21 12:50 | 社会 | Trackback | Comments(1)

♪水脈はまだ51だから~

 線路に入ってはいけないことぐらい小学生でもわかるが、大人になってもわからないタレントがいて、その時に撮った写真をブログに載せて騒動になった。この女性はかつてアイドル歌手としてデビューすると「♪伊代はまだ16だから~」と唄っていたれど、それから35年も経って夫も子供もいるのに何をやっているのか。「♪伊代はもう51なのに~」ということであった。

 ところが、差別発言をした杉田水脈議員(51)が問題になると安倍首相は、「若いから」これから気をつければいいので不処分にすると言った。「♪水脈はまだ51だから~」ということだ。
 
 これは自民党が老人ばかりになったということか。そうではなく、自民党が世界最大のアンチエイジング集団になったということだろう。実際に安倍首相は杉田議員より年上だが、実質的にはもっと若い。若すぎる。「還暦幼児」とも言われる。だから、こんな風刺画を描かれて話題になるのだ。

f0133526_14410792.jpg




[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-20 14:47 | 社会 | Trackback | Comments(3)
 タレントグループ「TOKIO」の元メンバー山口達也氏が酔っ払って未成年者の女の子に強制猥褻やセクハラなどにもなるであろう行為をした事件に関し、被害者に 「もう高校生だから」「部屋に行った落ち度がある」など責任を問う声が多く見られたが、本当にそう言えるだろうかという記事を読んで、そこに紹介されている事例から、職場で昔あったことを思い出した。

 この話とは、都内の20代会社員女性の体験である。高校生は思っているよりも子どもで、断ることを知らない子もいる。そして彼女もそうだったと語る。
 彼女は高校1年生だった16歳の時、初めてアルバイトした先で、先輩の20代男性ベテランアルバイトから、バイトの皆で遊ぼうと誘われ、当日待ち合わせ場所に行くと、その男性しかいなかったと言う。他の人は来れなくなっちゃったと言われ、二人きりになった。その日いきなり手を繋がれ、その後も断れずに遊びに行き、漫画喫茶の個室で体を触られるなどしたが、毅然として拒絶することができず、気が進まないのに付き合うようになり、性行為も受け入れてしまった。知識が無いわけではないのに、まだ意志をしっかり持てなかったと言う。

 この話みたいなことが、職場であった。バイトみんなのはずが他の人は来れなくなったからと、19歳の専門学校生の男と、15歳の女子高校生が二人きりになった。ただし、この男性は真面目で、本当に他の人たちは来れなくなってのことだったし、その時に外で一緒に食事しただけだった。
 だが、それでも、その女の子の母親が激怒して職場に電話かけてきて、たまたまその電話を取ってしまった不運から対応する羽目になった。責任ある役職の人ではなく、いわゆるぺーペーが対応しなければならないとは、しょうもない上司だし、もともと怒っている人をなだめるのが得意な方なので、上司よりはうまく対処したと思っている。


f0133526_15531903.jpg



 しかし、すごい剣幕でまくしたてるお母さんの声は、電話が終わってからもしばらく耳にキンキンと響いていて、とんだ災難である。だから後でその専門学校生に「お前のせいだ」と文句を言った。そいつは「いやー、わざと二人きりになったんじゃないっすよ」と笑いながら言いやがった。

 とにかく、みんなでということだったのに違うことがあるから、後からでは断りにくいので最初から乗らないことである。



[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-19 15:54 | 芸能 | Trackback | Comments(3)
 自民党の杉田水脈議員が、歳がバレるからやめておけばいいのに、70年代のテレビアニメの主題歌をヘイトスピーチの替え歌で披露して呆れられている。
 このアニメ『勇者ライディーン』は、悪役が美形キャラとして女性に人気が出るハシリであった。そして二年後に『惑星ロボダンガードA』のトニー・ハーケン(全体の設定は松本零士だが、この途中登場のトニーは美形キャラが得意なアニメーター荒木慎吾によるものであると一目で判る)や、その二年後『ライディーン』と同じく安彦良和がキャラクターデザインで参加した『機動戦士ガンダム』のシャア、さらに杉田水脈がファンだと公言する特撮ヒーロー『科学戦隊ダイナマン』のメギド王子などへと続く。

 この趣味が歪に昂じたらしい杉田は、悪の組織の狂信的ドグマに傾倒していることを見せつけている。
 現に杉田水脈議員の非常識な発言の数々は、テレビのアニメや特撮物に悪役として登場する秘密結社などが説いていることと同じであり、つまり彼女は、悪の美学ではなく否定されるべき狂信性として描かれていることに共感してしまっているのだ。その反映の代表が、生産性が無い者は社会の無駄だから排除せよという発言である。


f0133526_07152454.jpeg


 この「生産性」発言について安倍首相は、「私も妻も大変つらい」と言った。ここでいう「生産性が無い」とは子供ができない夫婦の意味であるから、不妊治療したのに子供ができなかったという安倍夫妻としては傷つくだろう。
 しかし、こんな杉田水脈議員を推挙して自民党の比例名簿に載せて当選させたのは、他でもない安倍首相だった。
 
 この杉田発言を自民党の野田聖子議員も批判した。野田議員は高齢出産で障害児が産まれたけど子宝を授かり幸せと言っていた。それなのに、あの曾野綾子という小説家崩れの差別主義者のヘイト売文屋から、障害児を産むなんて社会に迷惑と侮辱された。
 そして野田議員は、保守派の論客だから尊敬していたのにと言って嘆いた。これでは、杉田議員を右派だからと推挙した安倍首相と同じである。

 どうやら今の自民党は、人を見る目がない議員が中心になっているようだ。



[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-18 15:38 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 広報の拡声器が「景品を受け取りましょう」と呼び掛けているので何かと思ったら「敬老の日」の配布物のことだった。
 これを、かつて親戚がもらったのを見たことがあるけれど、ガラクタだった。これの何が「敬老」なのか。歳よりだからとバカにしているとしか思えなかった。
 それで、何か欲しい物があればあげると言われたけれど、宣伝の「粗品」みたいで役に立ちそうなものはなかった。要らないから押し付けようという感じで、こっちも遠慮どころか願い下げだった。
 もちろん、自治体によって違うのだろうが、予算からして大したものでないことは確実だ。

 それに、今の老人は「逃げ切り組」だし、人口比が高いのだから、逆に年寄りたちから若い人に何か贈り物でもしたほうがいいのではないか。じいさんばあさんから若い人たちへ一番の贈り物は死ぬことだと、昔のビートたけしなら言っただろうが、彼も齢70なので老人虐めギャグは言わなくなった。
 かつてビートたけしは、四コマ漫画が原作のテレビドラマ『こにくらじいさん』をやっていたが、このドラマの紹介が新聞のテレビ欄に載ると、「こにくらじいさん(たけし)は人に迷惑をかける憎ったらしい爺さんで、趣味は銭湯の女湯を覗くこと」で、当時すでにたけしは地で演じていると言われていたけど、今はその元気もないらしい。

f0133526_17293664.jpg


 そして、毎年のように「敬老の日」は老人が自殺するもので、今年は何人自殺したという新聞記事が恒例であった。さて、明日はどう発表されるのだろうか。



[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-17 17:31 | 社会 | Trackback | Comments(2)

山谷ブルース

 昨日の夕刻、スーパーで買い物をしていたら、レジで前の客が、合計金額が出たら所持金が足りないと言う。百円足りないというが、カゴには三点くらいしか商品がない。
 それで、その客は何か引いてくれと言って、しばらく迷ってから値引きシールが貼ってある惣菜を選び、これを買わないと言う。それでパート勤務レジ係の女性が計算しなおし他の店員を呼んで商品を売り場に戻させていたが、この間、行列ができているのに停滞して、とても迷惑そうにし、後に並ぶ客にも申し訳なさそうにしていた。
 
 この客がカゴに入れていた商品の中で最も大きくて目立っていたのが、ペットボトルらしい(プラスチックかもしれない)透明容器に入った質より量の酒(焼酎らしい)であった。こっちを買わなければいいのにと思うが、この人の優先順位は違うのだろう。
 この人は年配の男性で、着ているのは作業服で、上下ともかなり汚れていた。『山谷ブルース』という昔の歌を思い出してしまった。
 
f0133526_16355700.jpg





[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-16 16:49 | 雑感 | Trackback | Comments(1)
 ロシアの民話や、それに基づく寓話に出てくるイワンのバカは、純粋無垢というか天衣無縫というかなので幸せになるし世の中のためにもなるが、日本のバカは違う。

f0133526_18160611.jpg

 これは他でもない安倍総理のことだ。世界各地にバラマキをして、これではただ相手が喜ぶだけと決まっているのに、「外交の安倍」とか、世界で最も影響力のある人たちの中の一人に選ばれたとか、自画自賛している。これも進展しない拉致問題と同様に、自分で言ったのではないと後から言い出しそうだが。
 そしてロシアには何千億円もくれてやる約束をして、だから領土問題が進展するかと思ったらそうではなく、北方領土(ロシアでは南クリル諸島)にスホーイ戦闘機(これは航空自衛隊も使っているF15戦闘機と空中戦をしたり、アメリカの長距離巡航ミサイルを迎撃したりするためにソ連時代に設計されたものの発展型といわれる)などが配備され、ロシアに軍事力増強を誇示されてしまっている。
 
 また、日本各地が災害で大変な今、北海道にたった五億円で、さっさと安倍総理はロシアに行ってしまった。もともと安倍総理はプーチン大統領に待たされてばかりで、『巌流島の決闘』の「遅いぞ武蔵」みたいにコケにされているのだ。
 そのうえ、平和条約を締結しようとプーチン大統領に言われたなどと何か良い成果であるかのように言うが、それは無条件で、つまり問題を解決ではなく問題が無いことにされてしまうということなのだが、その意味がどうも安倍総理の脳では理解できないらしい。

 だいたい、沖縄のアメリカ軍基地があれだけ反対されても、それを弾圧して強引に建設するのだから、地理的にロシアが警戒している当地に軍事施設は建設しない条件で領土を日本に渡すということにしても、そんな約束はあっさり反故にされるに決まっているのだから、ロシアが領土問題の交渉を拒絶するのは当然だけど、これも安倍晋三という人の脳では理解することが無理なのだ。

 だから、イワンのバカと違って晋三のバカは国にとっていいこと一つもないのだ。






[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-15 18:44 | 国際 | Trackback | Comments(1)
 よく、「読み書き算盤」と、生活に必要な知識として言われるが、この点から学校の教科でも「国語算数」と先に言われる。では、あとの教科はどうか。他は趣味だから学校でやることないと言う愚かな人たちがいる。

 とんでもないことだ。ちゃんと考えて教科が設定されているのだ。これは戦争と平和のためである。
 「国語算数」に続いては「理科」だが、これは軍事研究に必要である一方、資源の問題を解決するなど戦争の原因を除去して逆に平和のためになる研究もする。
 次は「社会」だが、戦争は政治の手段なのだから武器が優れているだけではダメなので、必要である。逆に戦争を防ぐ学問にもなる。

 中学からは英語が加わるが、捕虜を尋問したり艦船を臨検したり通信傍受や諜報に役立ち戦争に必要である。逆に外交や文化交流により戦争を防ぎ平和に役立ちもする。

 他の教科はもっと軽んじられているが、しかし「体育」も兵士を強くするのに必要だからナポレオンは「ワーテルローの戦いではなく英国の運動場に負けた」と言ったし、平和運動にも体力は必要だから「若者よ体を鍛えておけ」(ぬやまひろし)という歌が学生運動で唄われていた。韓国が軍事政権を打倒して民主化したのは若者に体力があって学生運動が盛んだったことと関係があるけれど、この背景には兵役があった。

 「家庭科」は衣食住を通じて強い兵士を作ることになり、だから桜美林大学の川島四郎という有名な学者は、軍の学校で優秀だったから東大に進んだが、軍事力増強になると主張して栄養学を専攻した。この点で森鴎外は麦飯で脚気が防止できる経験則を、医学的根拠が不明確だと言って無視し、兵士たちを脚気にしてしまい軍医失格だった。

 「美術」と「音楽」は戦意高揚のプロバガンダに利用できるし、逆に反戦の意識を鼓舞したり平和交流の材料にしたりもできる。

 だから、ちゃんと学校の教科は国のため必要なことだと考えられている。なのに、この教科は必要でこの教科は不要とか言っている連中は、なぜそんなこと言うのか。その話を聞くと実は何も考えておらずテキトーに言っているだけなのだ。



f0133526_19294643.jpeg



 



[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-14 19:37 | 学術 | Trackback | Comments(12)
 テニスの大坂なおみ選手が全米オープンで優勝したら、彼女の家系と国籍について、やはり変なことが言われている。
 まず安倍首相である。「おめでとうございます」はいいけれど、「日本選手初のチャンピオン。この困難な時にあって、日本中に、元気と感動をありがとう」とは不可解である。「日本中」と言うが、今は大災害でそれどころではない人が大勢いるのだから、これでは政府のひどすぎる対応をごまかそうとしているとしか思えない。
 また、「日本選手」とはどんな定義なのか。彼女は二重国籍である。
 
 この件で、トンデモ発言ばかりしているヘンテコ右翼の足立康史議員が、またやらかしている。「ノーベル賞、オリンピック等で快挙を成し遂げた日本国民には、二重国籍の特例を認めたらどうかな」
 こんな、功績があったら特例で二重国籍を認めろというのは、後から日本人の功績ということにしてしまうわけだから、よく塾や予備校が、受験の難関に合格した人に頼んで通っていたことにしてもらい、合格者何名と宣伝に利用するのと同じじゃないか。

 こういうことを政治家先生たちが平気で言っている国であることと関係があるけれど、大坂なおみ選手の一家は彼女が3歳の時アメリカに引っ越しており、そうしなかったら、小さいころから人種差別による虐めと暴力を受けて才能が潰されていただろうと指摘されている。
 たしかに、そうだ。アメリカにも差別はあるが、そこに才能潰しを付け加えるというのは日本の特徴である。日本は、差別がなくても何か突出しようとすることを寄ってたかって否定する「文化」がある。
 それでいて、功績があると態度を一変させるが、これは後から手前のために利用するためである。

  これが、日本では普通のことなのだ。


f0133526_16065084.jpg





[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-13 16:08 | 体操 | Trackback | Comments(5)
 過日、福祉事務が生活保護を手渡しするのはやめるべきだという話題をとりあげた。これを読んで憶えている方もいるだろうし、コメント下さった方もいた。
 これは、そもそも生活保護を受けている人が、だいたい傷病や高齢のために、多くはその両方のために、歩くのもつらいから振り込みにしているけれど、それを一部の福祉事務は足労させたうえ手渡ししているため、色々と問題であるという話だった。
 そして、プライバシーが保たれないとか、受給者たちを一同に集めて行列させ待たせるなど屈辱感を与えているとか、そのうえ職員の中には保護費の入った袋をちらつかせて渡さず侮辱する言葉を浴びせたり、渡そうとして落とし拾わせたり、などのパワハラ行為をして悦に入っている者までいる。

f0133526_17214295.jpg


 こういう話だった。
 そうしたら、ずいぶんと間延びしてコメントがまた来たのだが、ふざけた内容であった。HNからしてそうだったから、サッサと削除したが、その内容は無知丸出しだったので、ネタに使用することにした。
 そのコメントによると、手渡しは呼び出して指導するために必要なことであるとし、問題をおこすのは一部の特殊な職員であり、なのに問題にするから、不正受給があるということだった。

 これには笑ってしまった。だいたい、身体が悪い高齢者などに足労させて何を指導するのか。そもそも、支援のため助言などするためには訪問するものである。そのほうが自宅を見て状態を把握できるし、不正の防止や発見もできる。だから予告なく抜き打ちで訪問するなどしている。
 また、不正があったときに言い訳として一部の特殊なことであるというのは紋切り型で、原因が明確であるから同じ問題が発生しているということに対しての否定とはならない。

 こういうことは、新聞などの報道でわかることだ。新聞が信用できないので読まない人でも、本当にマスコミに不信感を持っている人は自分の無知の口実にはしないから、新聞で報道されている程度のことは認識しているものだ。
 なのに、こうした新聞で報道されている程度のことすら知らない人が、けっこう大学教授などにいて、無知を正当化するため自分は体育だからとか理系だからとか滑稽な言動をすることがある。実名出してこれでは、匿名で変なコメントする人がいても不可解ではない。

 



[PR]
by ruhiginoue | 2018-09-12 18:03 | 雑感 | Trackback | Comments(2)