人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

男物と女物

 雨なのに「傘がない」という井上陽水の歌があるけれど、映画『青春の殺人者』の冒頭では雨の中で外出しようとしたら女物の傘しかなく、それを水谷豊がさして行くアヴァンタイトルだった。
 
 前の夏にも述べたが、日差しが強い時は日傘が一番である。もちろん紫外線対策として最も有効で、そのうえ涼しい。日傘があるのと無いのとでは、真夏に屋外を歩くさい、暑さが全然違う。
 よく女性は日傘をさして歩いているけれど、これは女性のほうが紫外線で肌を傷めないようにより配慮するからで、しかし美容のためでも暑さを和らげるためでも、良いことは男性だって同じだから、日傘も男物がある。

 ところが、探せばあるのだろうが、傘の専門店が自宅の近所になく、雑貨の一部として傘も扱っている店では日傘は女物しか置いてないことがよくある。
 それで問題は雨ではなく日差しだが「傘がない」ということがあったので、女物だけどあげると言われてもらったものを持っていて、『青春の殺人者』の水谷豊と同じように、無いと困るのだから女物とか言っていられないと使った。

 それが有用なので、あるのに買うことないと、使い続けている。
 そして、このあいだ選挙に立候補した大学の先生が、女物の服が好きで堂々と着ているのだから、傘だって女物はオシャレでいいじゃないかと思うことにしている。

 ただ、雨傘と違って日傘は滴り落ちることがないからだろうけど、フリルのような装飾がある。
 これで思い出したけど『アリエスの乙女たち』で、ヒロインが男物のハンカチを使っていて、女物は無駄な装飾が付いていて実用的じゃないからだと言う場面があった。オシャレはいいけど、その装飾の分コストが増えて値段に影響してるのではないかと考えたが、もらい物なら関係ない。

 この『アリエス』のヒロインは、テレビドラマ化で南野陽子がふんしており、『スケバン刑事』に続いて人気漫画のテレビドラマ化に主演していたわけだが、よく見ていなかったので、そのハンカチの場面があったかは不明だ。
 もしかすると原作の里中満智子の漫画だけにあった場面かもしれないが、もともと女性でも「女物は無用な装飾があって無駄なだけでなく邪魔」と言っている人は少なくない。そういうのを里中満智子は作品によく取り入れて少女漫画にリアリティを出していた。
 それでも装飾があるのは、そのほうが好きな人もいるからだろう。男だけど女物が好きな人だっているのだから。

 なんであれ、夏は日笠が最も有効である。
 
f0133526_10421709.jpg
 


ブログランキング・にほんブログ村へ


 
 
by ruhiginoue | 2019-07-31 04:35 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
 「共産党は名前の印象が悪いから自民党を支持している」
 こういうアホなことを言う人がいるので、票のために共産党は名前を変えたほうがいいかもしれないと思うマヌケな人もいる。

 なぜマヌケなのか。
 まず、アホに合わせて良いことなど一つもないし、意識が低い「B層」をたぶらかす戦術にもなっていないが、なによりそんなアホなことを言う人の多くは選挙で投票してないのだから、もし共産党が名前を変えても投票しないし、今の時点で自民党にも投票してない。
 そんな当たり前のことに気づかないのはマヌケということだ。

 もちろん、ほんとうに何となくの印象や雰囲気で投票している人はいるが、そんな人は消極的だから、それについて訊かれたら答えるけれど、そこに明確な意思が伴っていない。だから、それに迎合することは土台無理である。

 この一方で、同じことを強い意思があるように言っている人がいて、そんなアホなことを言ってよく平気でいられるものだと不可解だが、これはなぜかというと政治の話を真面目に語ることに反感を持っているからであり、だから悪ふざけしているのだ。
 
 こんな悪ふざけをする人は、政治に限らず自分にとって興味がないことを真面目にしている人に対して嫌がらせをしたがる精神年齢の低い人だ。
 そんな人だから、「支持政党を名前の印象で決めるなんて」と言う人に向かって、わざと「自分はそうしている」と悪ふざけの嫌がらせをしているのだ。当然ながら選挙で投票もしない。
 
 そこを見抜かないと、本質を捉え損なってしまう。
 
f0133526_16430145.jpg

 


ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-07-30 05:28 | 政治 | Trackback | Comments(1)
 NHKから国民を守る党が参議院議員選挙で当選者を出したため、その主張であるNHKのスクランブル化に反論が出ている。
 しかし、その反論は無意味だ。

 この反論とは、NHKは災害などの緊急速報や選挙の政見放送をやっているというものだ。
 そして「NHKから国民を守る党だって、政見放送で訴えていたじゃないか」というわけだが、しかし連中はかつての外山恒一候補と同じで、政見放送は録画して動画サイトに投稿して騒ぐのに利用していただけで、本当に大事だとは思っていない。

 これは投稿動画サイトの登場によるものだが、その前も政見放送をビデオで録画して面白がって見る人たちはいて、その中には鑑賞会を開催して際どい話を楽しむ人たちがいた。
 このことは中島らも氏も生前書いていた。普通は放送できない内容を政見放送だからと言いまくる候補者たちは大ウケだった。
 例えば、東郷健氏がゲイの権利を説きながら性的な用語を言いまくるとか、奥崎謙三氏が天皇の戦争責任を追及して過激な言葉を吐き続けるとか。そんな中で、東郷氏は「少数派や弱者の敵であるNHKなんて有害だから、みんなで押し掛けて放火しましょう」と呼び掛けて、これがNHKで放送されたのだ。
 それと「NHKをぶっ潰す」は同じなのだ。

f0133526_11125668.jpg


 こうなるのも、もともと政見放送が選挙にとって有益だと思っている人は殆どいなかったからだ。
 ほんとうに有益で公共性があるなら、政策と公約を知ったうえで候補者と政党を選択することに役立っていなければならないが、多くの人は時間が無いなどで見ることができないし、候補者の側としては規制だらけだし、またNHKが政見放送で公職選挙法違反をしても、裁判所はNHKだからと毎度のこと屁理屈で庇い、最初はNHKの違法行為が裁判で認定されても、後から「ヒラメ判事」が覆してきた。
 これでは政見放送なんて、意義がなくて当然のことで、無くても誰も困らない。

 そもそも、そんなに大事なことなら、なんで金を取るのか。
 国民の参政権や、災害で緊急を要する場合に、そのため必要な情報が有料だなんて無茶苦茶である。こういうことは政府が責任を持つことだ。税金を納めさせておいて、選挙や災害の重要な情報は別料金を払わせる。「ふざけんな!」である。
 しかもJアラートで「アトミックカフェ」を強いるなど政治的な意図がむき出しのことをし、これにNHKは合わせて、必要がないヘルメット着用の姿でアナウンサーが空空しく中継するプロパガンダである。

 だからNHKは要らないと言われる。
 すると言うに事を欠いてNHKは「見ているのに受信料を支払わない人がいるだろうから不公平だ」と言い出した。だから「じゃあスクランブルかけろ」ということだ。

 つまりスクランブルは、最近NHKから国民を守る党が言い出して広く知られるようになったが、ずっと前から既にNHKもやれと言われていて、それは何故かというと、NHKは娯楽番組がつまらないとか報道番組が偏向しているとかだけでなく、政見放送や緊急速報も有害無益だという実態があり、これが前提になっている。
 だから「スクランブルでは政見放送や災害速報で困る」という反論は無意味なのだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ



by ruhiginoue | 2019-07-29 05:09 | 政治 | Trackback | Comments(3)
 消費税の制度ができた当時、そもそも庶民にとって増税は嫌なことだし、まず税金の無駄づかいを無くすべきだと指摘されていたのだが、それでも強行採決したから自民党は選挙で大敗した。
 ところが、今では消費税率を10%にすると堂々と表明して、自民党はいちおう勝っている。

f0133526_11170247.jpg

 もちろん自民党は得票と議席を減らしたが、これは政権に不祥事や醜聞があったことも影響しているはずである。
 また選挙制度が変わっていること、マスコミがより強く権力に絡め取られていること、労働組合が弱くなっていること、などなど様々な違いもある。
 しかし、消費税についてみると、平成30年間という時間の経過が影響大である。

 あの当時ちょうど昭和から平成になったばかりであった。最初の消費税率は僅か3%で、国民全体が広く浅く負担して福祉の財源にすると標榜していたけど、いったん税金の新しい取り方の制度を作ると、そのうち安易に率が上げられて負担が増え、それができるからと放漫財政になり無駄づかいが増えてしまうと指摘されていた。 
 だから猛反対されて、なのに強行したから、自民党は選挙で得票が激減したのだ。しかし自民党は、悪影響など無いから正しいと強弁していた。

 ところが、やはり税率が3から5さらに8%と上げられた。
 その間、福祉は後退する一方なのに介護保険の給与天引き制度が作られ、消費税は大企業の法人税を減らしてやった穴埋めにそっくり使われている。この見返りに大企業から金を受け取った自民党は選挙資金が豊富になり、いくら批判されても選挙で金にものをいわせた。

 そしてついに10%である。
 また元号が変わって平成から令和になったばかり。30年経過している。すると、あまりに国民をコケにしていると怒ることができるのは、これまでの経緯を知っている国民であり、知らなければ「必要だからやむを得ない」と言いくるめられてしまう人も出る。
 あの、ハンセン病訴訟の控訴断念を選挙中に言い出したのと同じである。小泉総理が成功したから、同じことしようと真似しただけで、前例があるのに「異例」と安倍総理は強調した。
 しかし、小泉総理のことは18年前である。若い人は知らない。選挙権年齢を18歳に引き下げた甲斐がある。
 
 つまり、自民党の老人たちが、若者たちをけしかけているのだ。だから、今自民党を支持している若い人たちは、かつての中国の紅衛兵と同じなのである。 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ



by ruhiginoue | 2019-07-28 05:02 | 政治 | Trackback | Comments(0)

NHKは国営放送にするべき

 NHKを民営化すればいいと言う人は久米宏に限らない。
 そういう人たちは、企業が金儲けするには消費者の求めること(ニーズとか言う)に適した商品を売らないといけないから自然に品質が良くなると信じているのだ。これが非現実的であることは説明するまでもないが、信仰に対して現実を説いても無駄である。

 そんな虚しい議論より切実な話をしないといけない。
 これまでNHKについて、その放送内容や経営のあり方を問題にしている人たちは大勢いたが、庶民にとっては切実ではなかった。それより、収入が特別に多い人たちを除けば、高すぎるNHK受信料が負担になっていることが深刻なのだ。

 それなりの収入の人でさえ高いと感じていることは、以前に、市役所の年配の官吏でさえ言っていたことを、ここで紹介した。
 NHK受信料の減免は生活保護か重度の障碍者がいる低所得の世帯など極端な場合だけで、圧倒的多数の低所得者はNHK受信料のため生活苦に追い打ちをかけられている。
 障碍者の家族が死んで免除ではなくなった途端にNHKから支払いを要求され、テレビは体の動かない家族のためだったから処分するつもりだと言っても受信料は前払いで今はテレビがあるから払えと迫るなど、いろいろと冷酷で残忍なことをNHKはする。
 こうすることで、NHKは非常識に高い給与と贅沢な福利厚生を維持する。役所の福祉担当者は「私だって受信料は高すぎると感じるのに…」と言っていた。


f0133526_12180059.png


 だから、NHKから国民を守る党なんかが、地方さらには国政にまで進出したのだ。
 あんな連中は盗賊も同然だが、NHKに苦しめられている人たちからすると、ロビンフッドや鼠小僧のような「義賊」に見えるのだ。

 もう、実質は国策放送のNHKは、国営化して政府の広報予算で運営するべきだ。
 こうすることで、まずは貧困な人たちを救い、その経営と放送の内容について問題にしたければ家計的ゆとりがある人たちでじっくりやればいい。対策は急を要するのだ。「公共放送について考える」なんて悠長に言ってはいられない。




ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-07-27 05:34 | 政治 | Trackback | Comments(3)
 参議院議員選挙のとき、自宅前を通った街宣車が「元朝日新聞記者」と連呼していたので、それが何なのかと思った。

 この、良い線まで行って結局は落選した候補者の選挙ポスターについて、あの東浩紀という人が、卒業した高校まで書いていて違和感があったと述べていた。
 この東氏は山岸氏と同じく筑駒から東大だそうで、築駒卒、東大卒、朝日新聞新聞記者とポスターに記載するのはブランド名を列挙してエリートを演出しているように見え、これは些細なことだがギリギリのところでマイナスの働きをしたのではないかと推測していた。

 また、その掲示板の前で年齢40歳代くらいの女性たち5人くらいが、そこに貼ってある山岸候補のポスターに記載されている「築駒中高卒」の部分を指差して、こんなことを言っていたのが目撃されている。
 「これしか売りが無かったのよ」

f0133526_18134324.jpeg

 これで思い出したのが、あの伊東乾という人の有名なツイートだ。
 この伊東氏は、かつて「山本太郎議員は高校生の時に芸能界入りして学校は中退らしいから、彼が勉強したのはそこまで。それに比べて私の友達の鈴木寛議員は灘高校と東大法、私は武蔵高校と東大理、同級生からして違う」と誇った。
 
 あのパンツ一丁姿をツイッターに載せた裁判官も東大法。
 よく、ヘボ弁護士には出た高校と大学をホームページなどでひけらかす奴がいる。しかし、この裁判官は身体を鍛えたことを見せたくてプールの更衣室で自撮りした写真を載せるとともに、出た高校が田舎で偏差値が低いという説明もしていた。
 つまり、進学校ではないところから東大に入ったという自慢だった。これに対して伊東氏は超有名進学校を出たが東大には三浪して入ったそうだ。どちらも自慢したくなる気持ちはあるだろうが、微妙に違いがあるだろう。
 
 どうであれ、選挙で卒業した学校について高校を言うのは地元の出身を強調するためだけだろう。だから時には小学と中学も言う。  
 



ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-07-26 05:22 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 選挙の日は、投票日が終わったあとの開票に立会うことにしている。
 これは知り合いの議員と一緒のことが多い。この議員は、自分の選挙だと結果が気になるので行くが、それ以外でもよく行くのは不正防止のためだと言う。もともと開票の作業が公開なのは、不正がないようにだ。

 この議員は、アメリカで子ブッシュ大統領の時に集計が問題になったことで関心を持ったそうだ。
 また、集計機ムサシを作った会社の経営者が安倍総理と親しいことで不正をするのではないかと言われた時、だから変な細工ができないように監視するべきで、みんなで立ち会えば機械でどうにかできるものではなく、それなのに何もしないで陰謀だとか言うのは真面目に不正を心配するのではなく面白がっているだけだと指摘している。

f0133526_15530183.jpg

 これは白川もと自治大臣(今は本業の弁護士)も指摘していた。
 このごろは不正選挙について根拠もなく騒ぐ人たちがいるので同調したくないが、ただ、不正をやりそうな人たちは現実いて、だから開票の監視は必要であり、それは誰でも立ち会うことによってできることだから、みんなでやるべきだと説いていた。
 これは自分も同感だった。選挙で集計の不正を心配するべきだとは思うが、それを面白おかしく語り面白がっているだけの人がいるので、不正防止を訴えにくくなっていた。

 また、投票用紙に鉛筆書きは改ざん可能だと言われる。
 もちろん、可能だから事情と隙があればやることがあるだろう。もともと選挙での不正は過去に実際あって逮捕者も出ているのだから、要注意である。
 しかし、だから投票場に備えてある鉛筆を使わないよう油性ペンを持って行くという人たちは滑稽だ。これはまるで、よく割り箸を使わないようマイ箸を持ち歩いて環境保護に貢献していると悦に入っている人たちのようだ。
 それより、開票の立会いに行く方が現実的だ。闇雲に陰謀の危険を説くより今ある不正防止をまずはちゃんとやることだ。
 
 


ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-07-25 05:03 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 ♪Che vuole questa musica stasera~ 

 ヒロシです。
 『ニュースステーション』に眼鏡と髭で出演したら、大竹まことに間違えられたとです。
 
 ヒロシです。
 『ニュースステーション』で小沢一郎を持ち上げてまくったとです。
 
 ヒロシです。
 『ニュースステーション』で小選挙区制がいいと宣伝しまくったとです。
 政権交代どころか「安倍一強」になったとです。

 ヒロシです。
 『徹子の部屋』に出た時「僕の目の黒いうちは日本に戦争させない、という意気込みで『ニュースステーション』をやっていると言ったら、黒柳徹子に「あなたの目の色なんて関係なく戦争はいけない」と言われてしまったとです。
 実際には日本が改憲と戦争に進む露払い役だったとです。

 ヒロシです。
 反自民を装って右派を持ち上げて番組スポンサーの大企業にたくさんお金をもらい、後ろめたかったので東日本大震災の被災地に二億円寄付したとです。
 ぼくの貯金からすると、はした金だったとです。

 ヒロシです。
 二大政党制がいいなんて今も思っているとです。

 ヒロシです。
 日刊ゲンダイに「オオカミ中年」と書かれたとです。

 ヒロシです。
 週刊文春には「淫魔」と書かれたとです。

 ヒロシです。
 CNNの渡辺みなみとの関係を、週刊詩やスポーツ紙に何度も書かれたとです。

 ヒロシです。
 『ザ・ベストテン』の当時は、愛人が自殺未遂したとです。

 ヒロシです…ヒロシです…

f0133526_17440085.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ



by ruhiginoue | 2019-07-24 05:33 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 久米宏がNHKを批判して見せたことが話題になった。
 しかし、予算と人事を内閣に握られて権力から首根っこを押さえられているとか、とっくの昔から指摘されていたことをなぞっただけの内容だった。
 しかも、久米宏が相変わらずなのは、だからNHKも民営化して企業がスポンサーになれば良いという古臭い固定観念を平気で開陳して恥じないことだ。

f0133526_17440085.jpg

 かつて久米宏がやっていたころの『ニュースステーション』は、小泉内閣が進めた郵政民営化の時、それは国民の財産を大企業に売り飛ばすことになるという批判に対抗して、とにかく民営化はただただバラ色で素晴らしいと宣伝し、それを言うため番組に出てきたのはヤマト運輸の社長だった。番組のメインスポンサーが自社の利益になることを言うために。公私混同も甚だしい。
 また、「反自民」的な番組づくりをしてはいたが、それで代わりに小沢一郎など自民の中でも特に右派だった人たちをもちあげて、共産党などを排除せよ、平和も福祉も邪魔だと訴えた。
 これが、今ネット上で「反自公ネトウヨ」と言われている連中の基を作ったと言っていいだろう。

 もともと久米宏は、TBS所属さらにフリーランスのアナウンサーとして司会者をしてしたが、民放の立場からNHKを皮肉るだけなのに「官」を批判すれば反権力だと勘違いしていた。大企業にすりよっているだけなのに。
 そんな久米宏の馬鹿らしさに気づかない人が多すぎる。




ブログランキング・にほんブログ村へ



by ruhiginoue | 2019-07-23 05:24 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 近所の大手チェーン店が嫌になり、そこのポイントカードを捨てた。
 よく、店でポイントカードを、最近ではアプリを、しつこく勧められる。それで付き合うと、だいたい不愉快になる。これも、結局はそうなったということだ。

 ここで買い物をしたら、ちょうど税抜きで1000円だった。
 このチェーン店のポイントカードは、100円で1点を税抜き500円に5点の加算とし、500円未満では切り捨てで1点も付かない。

 そして、会計のさい合計が1000円なら税が加わり1080円だが、この店の会計は商品ごとに税金を足してから合計する。このさい代金によっては端数が出るから切り上げか切り下げとなる。
 このため、ちょうど税抜きで合計1000円だから税を足し1080円が、一部の商品に切り下げがあって1078円になった。
 これだけなら、少しだけど安くなるのでいいが、税抜きは1000円だからカードへ10点加算のはずなのに5点となっていた。支払いが1078円だから、ここから税金を抜けば999円になる計算なので、カードにつくポイントも500円以下は切り捨てで半分になるということだ。
 そして総合的には、消費税で少し切り捨てたがポイントカードの還元が減らせるわけだ。
 もともと、この店のポイントカードは点数が奇妙だったけれど、今回たまたまピッタリの買い物をしたので、そのカラクリがすぐ解かった。くだらない小細工でケチるものだと呆れた。
 それに、貯まったポイントで買う時も500円以上でないと使用不可だから不便である。

 もともと、どんなカードのポイントもシケたものだが、そのうえ、こういうトリックを用いてセコイことをするのだから、労力の無駄とともに不快感を併せて考えると、むしろ損である。
 だから、この店のポイントカードも捨てた。もうこのチェーン店では一切買わないことにした。

 ほんとうに常連客となって欲しかったら、一部のチェーン店がやっているように、カードを作ったら、提示してその場で値引きとするべきだう。
 それをポイント貯めてまた来いなんて、付き合っていられない。
 よく、ポイントカードやクーポン券は、遊びの感覚でやるものであって、節約を目的にやるものではないと言われている。益が小さすぎるし、費やす手間や思考の損失は少なくない。別のことに気持ちを向けたほうが楽しいし、節約または収入増につながる。
 だから、非良心なポイントカードは廃棄しよう。



f0133526_11284821.jpg

画像はイメージです





ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-07-22 05:25 | 経済 | Trackback | Comments(0)