人気ブログランキング |

井上靜のblog(網誌)です。下記の著書を購入して支援を頂けたら助かります。下記の他は別人や海賊版なので買わないでください。アマゾンのコメント欄に嘘の書評が書いてあるのは過日倒産した出版社の宣伝です。この種の輩に対抗する意味でも何卒よろしくお願いいたします。品切れのさいはご容赦ください。


by ruhiginoue

<   2019年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 閣僚たちの相次ぐ失言と暴言が問題になっている。
 まず、河野防衛相である。彼は天候的にツイテない人という表現を持ち出して、自分は「雨男」だとしたうえで、就任したら三回も台風で自衛官が災害救援に出動したと笑いながら言った。これに居合わせた中で一部の人だけウケていた。
 そして不謹慎だと指摘された。甚大な被害があり、死者が何人も出ている深刻な事態なのだから、冗談のネタにすべきことではない。この人は冗談にして良いことと悪いことの区別ができないのか。

 そして萩生田文科相である。大学入試に民間試験が導入されたが、これは費用が高額なうえ一部の都市でしか開催されないから、全国の高校のうち七割の校長が、やめてほしいと言っているのに、今さら止められないから受験生たちは「身の丈に応じて」欲しいと発言した。
 この発言が問題になっても大手マスコミは反応が鈍かった。だから、大手マスコミも、多く政治家と同様に、富裕な家庭の出身者ばかりだから鈍感なのだろうと、あるフリーランスの記者が指摘していた。

 ところが、そういうマスコミとしては最悪のNHKが、ラジオの報道番組のなかで、相次ぐ閣僚の失言が問題になっていると取り上げたさい、萩生田文科相の失言は暴言というべき水準であるとの趣旨で詳しく報じていた。
 その民間業者による検定試験は、受験料が五千円から二万円くらいかかり、結構な額である。しかも一部の都市でしか開催されていないから、そこに住んでいない地方の人は、受験に出かけるだけで大変なうえ、交通費と宿泊費まで加わる。
 こうなると、地方に居住している人は、もともと大学に進学したくても諦める人がいるのに、それでも努力して自分の力を身に着けて社会に貢献したいと願っても無理になる。それを「身の丈に応じて」と文科相は言う。
 これに傷ついたという地方の高校生や家族の声を紹介したうえ、地方で格差がないようにすべきという教育基本法の理念に違反しているという専門家の指摘も紹介しながら、キャスターが「この発言を聞いた時、自分の耳を疑った」と率直に言う。

 よく、ここまでNHKはやったものだ。これは称賛すべきた。この件については、他の大手マスコよりずっと立派だ。

f0133526_10110746.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-31 10:48 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 大学入試に民間試験を取り入れることで入試の点数も金次第になるという問題について、萩生田文科相は「受験生は身の丈に応じて」と、ようするに実力じゃなくても良いのだという意味のトンデモ発言をした。
 これについては既に非難轟轟だが、それとともに、この大問題に対する大手マスコミの反応の鈍さは、そこに勤務している人たちからして金のある家庭の出身者だからだ、という指摘が出ている。

 その最たるは朝日新聞であることは既に拙書『朝日新聞の逆襲』で指摘していた。まさに「身の丈に応じて」ということで、教育と経済の格差を受忍しろと昔から主張してきたのだ。

f0133526_17314410.jpg


 こんなことばかりしているから衰退するのだと問題にしていたところ、例の立憲民主党から東京の選挙区に立候補して落ちた男性が、元朝日新聞記者で有名進学校から東大だと選挙ポスターで大きく謳ったから呆れられたのだった。

f0133526_18134324.jpeg

 この前からも、テレビ朝日で久米宏と一緒に出演の朝日新聞記者たちが、よく不見識を発揮していた。
 だから、セミレギュラー出演する極右の政治学者らと歩調を合わせ、日本は何もかもが上手くいっていて、貧困など存在せず、困っている人たちは努力が足りないだけで、福祉や平和など要らないのだから、保守の二大政党制度で翼賛体制になり革新や共産党を排除せよと主張してきた。
 これを政権交代のためだと偽装していた。八十年代前半から使われていた手口である。

 なのに、リベラルなジャーナリズムであるかのように錯覚した人たちがいて、この結果、自民党の亜流でむしろ自民党よりも右派が「反自民」「非自民」として幅をきかせ、選挙で誰が当選しても変わらなくなり、どんどん投票率が低下する今の惨憺たる状態となったのである。




ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-30 10:46 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 ラジオ体操は昼にも放送されているが、朝と違い『ラジオ体操の歌』は無し。昼に「♪新しい朝が来た~」は滑稽なので、無しで当たり前だ。

f0133526_11242653.jpg


 ところで、ラジオ体操に続くNHKニュースで、22日はゲストの保阪正康が皇室を空々しく称えていた。
 皇室が国民にとって重要な存在であり、諸外国も好意的で、不幸なのは過去の一時に政治的な利用をされたことだと言う。
 それは現在のことだろう。これはその22日にまた証明された。
 しかし、内閣の批判はしない。この人は元々こんな奴だ。だからNHKは出す。

 この保坂正康については、既に拙書『防衛医大…』の冒頭で問題にしている。
 だが、ここで問題なのはNHKである。次の日はゲストが竹中平蔵で、消費税率を引き上げたけれど、軽減税率や商品券と福祉の充実などで庶民には莫大な還元があるという話。
 ラジオは無料だから何とか我慢できるが、これで受信料を取られてはたまらない。 

 しかし、こうした宣伝がある程度は功を奏しているし、こんな学者を雇っている東洋大学を問題にした同大の学生が卒業を取り消すと大学当局から脅迫されたのだ。
 そして、マスコミが香港についての的外れ報道などをしているのも、一つには国内から国民の目を逸らさせるためだろう。



ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-29 05:25 | 経済 | Trackback | Comments(1)
 天皇に即位礼について、またマスコミが不当な報道をしている。
 キリスト教など一部の宗教団体がケチをつけて、共産党だけが政教分離原則違反を指摘しているが、他の野党は与党と同じように祝意なのだーという相変わらずの虚偽である。
 これは秋篠宮発言もあったとおり、皇室の私的な儀式と、公費を支出する公的な催しとは区別するべきということであり、それを問題にしたら祝わないことになるというのは酷いデタラメである。

 もともとマスコミは、この問題に限らないが特にこの問題では酷いデタラメばかりである。
 昔から特にテレビ朝日が酷く、「評論家」の塩田丸男(元読売新聞・國學院大學中退)が、連日のように、大臣が靖国神社に参拝して当たり前で、それは国教と法律で決まっていなくても国で一番の宗教だから国教と同じだという非常識であった。
 さらに、中近東諸国などでイスラム教が国教となっているのと同じように、アメリカでもキリスト教が国で一番の宗教だから国教と同じだと言い、キリスト教徒だから聖書に手を置いて誓うことを、キリスト教徒でなくても大統領なら多数派に従って聖書に誓うのだと、凄まじい嘘をテレビで言い続け、少数派が迫害されないように政教分離原則があることを真っ向から否定する。

 これでは程度が低すぎると指摘されたのか、塩田丸男は次第にデタラメ発言の趣旨を変えて、しばらくしたら番組を降板して別の局に出て、そこで差別とプライバシー侵害発言で抗議を受け、テレビに出なくなった。
 そしてテレビ朝日には三宅久之が出るようになり、やはり強引な自民党ひいきで嘘八百の発言を連発していたが、靖国神社の参拝は止めるのが正しいと言った。
 しかし、それはあくまで総理大臣に追従してのこと。かつて中曽根総理大臣が靖国神社に一度だけ公人として参拝したが、批判されてその後は中止した。
 これに右翼が怒ったけれど、色々な問題を考慮しての判断だったことを三宅久之は中曽根総理と直接に会って話を聞いたとし、だから参拝しないことは仕方ないと言う。
 
f0133526_11322791.jpg

 このように露骨なこともやっているマスコミだが、他でも普通に報じているようでいて実は印象操作してばかりいるものだ。
 これが今回の即位礼の問題でも相変わらずなのだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
by ruhiginoue | 2019-10-28 05:25 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 10月22日は台風の影響か東京でも一時的に激しい雨と風だった。
 するとNHKは、「即位礼正殿の儀」の直前に雨があがり、虹がかかったと報じた。そしてスカイツリーに設置されたカメラで撮影したという薄い虹を放送した。
 これでは、ただ風雨が収まって良かったというのではなく神秘主義だから、NHKのしていることはこじつけで、とても気持ちが悪いし、報道に相応しくないと指摘されている。当然の指摘だろう。
 
 ところが、これを他のメディアも受け売りし、FM世田谷では出演している女性らがオカルトめいた口調で「日本と日本人は大いなる力に守られている」と言っていた。
 この口調が気持ち悪いというだけでは済まない。ワーグナーの楽劇では、最初は神々が虹の架け橋で入場するけれど、結末は神々の黄昏で城が炎上する。ナチスは戦争末期にはラジオでワーグナーばかり流していたが、負ける国は他にすることがなくなり宗教がかってくるのが歴史の経験則であり、現実に今の日本は各分野で諸外国に敗退している。

f0133526_11174738.jpg

 この日は自衛隊の祝砲も放たれた。
 ところでプロコフィエフは、代表作の一つでちょうど作品100となる交響曲第5番を、自ら指揮して初演、ラジオで全国中継されるという晴れの舞台で、その直前に軍隊が祝砲を20連射することになったから、その轟音が鳴り終わるまで待つことになった。戦闘で大勝利となり、ドイツ軍が敗退して行ったとの知らせ。
 これに会場の聴衆は歓喜し、祖国の勝利と祝砲の力強い轟きに続いての演奏開始となった。そこで、あの雄大な大地を思わせる旋律が奏されると、みんな涙ぐんだ。

 一方、そのドイツとつるんだ日本は敗れた。
 そして、たくさん金を出すから獲られた領土は返してほしいと安倍総理が言ったらロシアは「日本は戦争で負けたんだぞ」と。それに沖縄では、米軍基地のためなら反対されても力づくで排除しているのだから、島を渡すなんて危ないことはできるわけないだろうということで、金だけ取られる結果になってしまった。

 こんな無様さで何が「日本を取り戻す」だ。
 ところが天皇が代替わりしただけで自衛隊が祝砲を鳴らし、オカルトめいた調子でマスコミは良かった良かったと騒ぐ。
 だいたい、経済政策も破綻し、不正もいっぱい自殺者まで出している、そんな内閣なのだが、その支持率は下がっていないと御用マスコミが報じる。
 なんと日本人は平和ボケして幸せなのだろうか。



ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-27 05:00 | 政治 | Trackback | Comments(1)
 歴史上、革命が起きると独裁政治になって民主主義は後退すると言う人がいる。
 これは、急進派が実権を握るから一時的に強権政治となる問題を取り出して、王党派や保守派が現状維持を主張する常套句として殊更に強調する話であり、政治学でも御用学者が言い続けている。
 これについては拙書『朝日新聞の逆襲』で、「学士会報」の程度が今でも所詮そんなものだと指摘している。

 ここで滑稽なのは、日本では革命が起きたことが無いから、革命が起きなくて良かったことを日本人はよく知らないとか、天皇がいるから幸せであることを日本人はもっとちゃんと知るべきだとか、そんな話をする人がいることだ。
 とんでもない、誤った歴史観である。というか、植え付けられた認識である。
f0133526_10580145.jpg
 ほんらい、「大政奉還」によって穏便に封建時代を終わらせて近代化するはずだったのに、そこへ薩長の急進派が暴力で割り込み日本の政治を牛耳り、この勢力は野蛮なだけで政治も経済も知らない極めて無能な連中だから、多くの日本人が努力した成果を横取りしたり壊したりであった。
 そして「革命」ではなく「維新」と称し、否定せず利用するため天皇は江戸城に拉致監禁された。

 こんなことをする無能で野蛮な急進派だった薩長の家系の連中が未だに排除されず、政治と経済の中枢に、無能さと野蛮さだけ受け継いだ子孫どもが盤踞している。このことこそ、政治と経済に最も悪影響である。
 その今の代表格が安倍や麻生である。

 だから、前の天皇と皇后に対して、その健康を「願っていません」と言い間違えるわ、新天皇と皇后が即位したことで、お披露目する式典を自己満足に利用するわ、ひどいものである。
 これに国粋主義や国家主義や民族主義の方々は怒ったり批判したりだが、御用の人たちが国民を言いくるめようとし、また言いくるめられてしまう人もいるのだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-26 04:48 | 政治 | Trackback | Comments(0)

新聞の無意味な世論調査

 読売新聞の世論調査で、安倍内閣の支持率は「横ばい」だそうだ。
 安倍内閣の不正を暴露した高級官僚が「出会い系バーに通っている」とデカデカと報じて貶めたものの、如何わしいことはしてなかったと右派の週刊誌に否定されてしまった新聞が世論調査をしたら、不正ばかりの安倍内閣だが支持率が下がらないということだ。

 「敵」を貶めることには失敗したが、不正ばかりの内閣でも政策は良いことにしてしまうのは成功したかもしれない。
 とはいえ、政策が良いと多くの人が判断したのではないことはもちろん、そう錯覚させたのですらない。みんながそう思っているように上辺だけ見せかけたのが実態だ。錯覚すらさせていない。

 朝日新聞の世論調査によると、消費税率の引き上げを過半数が「納得」しているそうだ。
 これは、国の経済や国民の生活に悪影響があると認識しつつ、それでも必要なことだと思ってのことであるらしい。また、これは特に自民党の支持者に多かった。
 しかし、もしも共産党の政権で、批判の多い政策も同党の支持者のほとんどは「納得」するし、支持者でなくても政権与党だから付和雷同する人が多いはずだ。
 
f0133526_10465624.jpg

 そもそも、啓発された「市民」ではなくタダの「庶民」「大衆」では、「政権・政策を支持する」という言葉の意味からして解らないものだ。
 だから、「上」にいる人とか「力」を持つ立場の人とかに従うという意味で「支持」を選び、この実質は「追従」である。

 だから、こんな「世論調査」は無意味なのだ。
 ここで、執拗な政府広報および下請けマスコミ特にNHKと日経新聞によるプロパガンダの実態を暴き、いかに世論を誘導しているかという分析でもあれば、まだ意味があるけれど、それすら無いのでは、国民に諦めを促すことになる。
 
 こうして、上辺だけの取り繕いが出来上がるのだ。




ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-10-25 05:38 | 政治 | Trackback | Comments(2)
 病気や負傷について、どうするかを患者が判断するさい、判断の材料を医師は専門家として提供するもので、ここで必要なのは正確さである。それでも患者が適切な判断をできない可能性があれば患者の家族にも話すなどの対応をするものだ。
 そこで医師が「こうするべきだ」とか「こうしたほうがよい」とか、患者の側で判断する域に踏み込んでは越権行為になる。

 この話に対して、医師の中には「それがいいですよ」と自分は患者にいつも言っていて、それが普通だから越権行為ではないと宣う人たちがいる。
 この中には、医師が他人の身体生命について勝手にするものだと思っている狂信者がいて、それは結構な割合であると考えることができる様々な事実があるけれど、それよりもっと多数派なのは、「それがいい」とは何のことか理解できていない医師である。

 こんなこと本来は説明するまでもないことだが、医師が患者に「こうするべき」とか「こうしたほうが」というのは、患者の症状と事情や希望からすると、期待できる結果はこれで、そのために最も適した対処はこれだ、という医学的な考察のことである。自分の考えを相手に押し付けるのとは全然ちがう。

f0133526_11063537.jpg


 この区別ができない医師が多くいて、だから女性の看護師は、よく「医者はバカばっかり」と言うのだ。女性は普段おとなしくしていても何か機会があれば辛辣になるが、それで「医者は試験勉強しかしてないから、枠にはまった質問に限られた範囲で回答するしかできない」と言って見下す。

 ただ、これに女性の医師は異を唱える。
 ほんとうにキチンと学問を究めていれば、専門知識の他に問題が混ざっていても、それを併せて考えたり、逸脱や混濁は適切に排除して考えたり、できるはずだ。
 それができないのは、ガサツな男が緻密さに欠けているためで、これはどんな分野でも問題を発生させているけれど、特に医師は問題になったら深刻だから言われてしまうだけ、ということだ。

 これを、診療とは無関係の知り合いの女医から聞いて、言われてみれば診療で関わった医師を思い出してみると、女性のほうが緻密で適切だった。
 だから女性を恐れて、どこぞの医学部は女子を入れないように試験の点数を操作していたのではないか。
 



ブログランキング・にほんブログ村へ


by ruhiginoue | 2019-10-24 04:54 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 よくTwitterで「エビデンス」という言葉を使う人がいて、そのほとんどが他人を非難するための使用である。だから当然のことだろうけれど「ネトウヨ」に多い傾向である。これは匿名・顕名どちらのアカウントもある。

 これに既視感があるのは、かつて掲示板で「厨房」と呼ばれる連中が、リンクやコピペしただけで「何か?」とやるのと同じだからだ。この「厨房」から「ウヨ厨房」さらに「ネトウヨ」へと続いたという経緯だったが、言葉づかいは変節しても中身は進歩していない。
 つまり、ただ提示しただけで、そこから導き出される結論が無いから、相手方が述べたことに対しての否定や反論になっていないのだ。

 このように、聞きかじりで得意がるのは、思考力が乏しい人の特徴である。
 前にTwitterで顕名のネトウヨブロガーが粗雑な結論に異を唱えられたら、その結論ではなく前提の事実が正しいという的外れを言い出した。その事実も踏まえたうえで「しかし―」「それでもー」「むしろー」という話なのに。
 ところが、この意味を理解できず、いくら指摘されても自分が挙げたのは事実だから自分が正しいと強弁した。そして、やはり「エビデンス」と言った。同じエビデンスに基づいていても結論や見解が異なることはあり、また別のエビデンスも併せれば別の結論や見解になることもある。
 この意味が理解できないということは、そもそも「エビデンス」という語彙からして正しく使用できてないということだ。

f0133526_11502735.jpg


 もとは、ビジネス用語として「記録」とか「文書」とかで事足りるのを「エビデンス」にする人たちだったという指摘がある。
 そこからTwitterにも波及し「出典」「根拠」「証拠」を一緒くたにして、前の紋切り型「ソース」より「エビデンス」の方がカッコイイかなと思って使っている連中がいるのだろう。

 だから「エビデンス」を安易に言う人はバカと見做しておけば、まず間違いない。




ブログランキング・にほんブログ村へ
by ruhiginoue | 2019-10-23 05:38 | 社会 | Trackback | Comments(0)

コンビニ店の前にて

 コンビニ店の前で喫煙するオッさんたち。
 受動喫煙防止の為に灰皿を撤去したという貼り紙の意味が理解できないらしい。

 そして灰を撒き散らし、最後は吸い殻を駐車場の地面に投げ捨てる。
 注意したいが、揉めると店に迷惑をかけるからと、みんな我慢している。

f0133526_10545958.jpg

f0133526_10531053.jpg


f0133526_10535573.jpg


f0133526_10542418.jpg

 コンビニ店が「お知らせ 受動喫煙防止のために灰皿を撤去しました」と表示してる前で吸うおじさん。

f0133526_10555161.jpg

 コンビニの前でタバコ吸う婆さん。

f0133526_10563344.jpg

 携帯灰皿を使っているだけ、吸い殻を投げ捨てる爺さんよりはマシだが、店は「受動喫煙防止の為に灰皿を撤去した」と表示しているのだから、迷惑行為に変わりない。
 とにかくマナーが悪いのは年配の人ばかり。


 コンビニ店の前で新聞を読みながらおにぎりを食べている人。
 店内にはイートインコーナーがあるのに。
 最近よく見かけるけど、やっぱ馬鹿な税制のせいでしょ。

f0133526_10570148.jpg


 高価な店で外食ならともかく、コンビニ店などで買ったものを店内の「イートインスペース」で食べたら、同じものを持ち帰って飲食するより消費税が高くなる。
 これは店に場所の使用量を払うのではなく、国に払うということ。
 なんてアホな制度だろうか。

f0133526_10572349.jpg





ブログランキング・にほんブログ村へ

by ruhiginoue | 2019-10-22 04:52 | 雑感 | Trackback | Comments(1)