井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue
 「♬ゆうべ素敵な夢を見たの〜お願い笑わないで聞いてよ〜」2番は「ゆうべ不思議な夢を見たの〜」
 この歌い出しの歌詩と同じように、先日、素敵というか不思議というかの夢を見た。夢の中に、この歌を歌っている田村英里子が出てきたのだった。

 まぁ、夢の中にアイドルが出てくるのは結構のことで、嫌な奴のことを思い出すよりよっぽどいいんだけど、こんなこと初めてなんで、何故だろうなぁと考え続けていた。

 そもそも夢ん中に出てくる物事とは、前の記憶との何らか連想であり、大体は間接的につながっているものである。

 今では『ヒーローズ』の田村英里子としてハリウッドセレブになって随分と出世してしまっているけれど、デビュー当時はテレビで『アイドル伝説えり子』というタイアップした連続アニメをやっていた。
 これは絵柄は子供っぽいんだけどストーリは非常に面白かった。大映テレビをさっぱりと明るく描いたようで。また、漫画化した、いわゆるコミカライズの本があって、こちらの方が面白かったかもしれない。

 しかし、この話は、なかなか信じてもらえなくて、同級生からは田村英里子のファンだと思われている。まぁ歌は結構好きだけど。声も詩も曲もいいし。

 それで、夢について考えても解らなかったけど、最近ふと思い出した。沖縄に行っていた時、地元の人と映画の話になって、ゴジラのシリーズで『ゴジラ対メカゴジラ』は自衛隊と米軍が出てこなくて、これは地上戦をしないように沖縄に配慮したからだと言われている、と説明したところ、地元の在住の人が勘違いしたことを言った。
 なるほど、沖縄出身の金城哲夫が脚本書いてるからね」
 いや、金城哲夫はゴジラではなく『ウルトラ』のシナリオを書いていた人である。そして、沖縄はもともと独立国だったこと、他の日本と違って地上戦が行われたこと、戦後も『ウルトラセブン』放送当時にはベトナム戦争で沖縄から爆撃機が離着陸していたこと、などから想いを込めて、あの『ノンマルトの使者』を書くのである。

 この当時のことが、関わっていた市川森一の脚本でNHKスペシャルドラマ『私が愛したウルトラセブン』(93年放送)となるのである。
 ここでは、その金城哲夫と、同じく沖縄出身の脚本家・上原正三が登場し、沖縄出身者としての苦悩を語る場面もあった。金城哲夫は「ウルトラセブンがベトナム戦争に参戦したらどっちの味方するんだろう。やっぱりアメリカかな。ベトコンなんて怪獣の名前にぴったりじゃないか」と言ったりしている。

 その一方で、ドラマはこの番組に関わった人たちの青春群像であり、中心になっているのはアンヌ隊員役のひし美ゆり子で、扮していたのが田村英里子であった。彼女がギター弾きながらウルトラセブンの主題歌をスローで歌う場面もある。

f0133526_17081865.jpeg

 最近、NHKのどうしようもなさについて批判があるけれども、それでもNHKの中で抵抗している人もいると言われている。
 その反映の一つとして、今は昔の事ではあるが、小渕内閣の当時、九州沖縄サミットに合わせて、NHKはこの『私が愛したウルトラセブン』を再放送していたのである。

 こういうことが記憶の中でつながって、夢に反映したのだと、一応結論付けておこう。




[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-31 16:21 | 雑感 | Trackback | Comments(5)
 かつて小渕恵三は、自民党総裁選挙に再選を目指し立候補したさい、対抗して立候補した加藤紘一と山崎拓の両名が率いる派閥を、その後の党役員人事・内閣改造で徹底的に冷遇した。これに電話で抗議した加藤に、小渕は「あんたは俺を追い落とそうとしたじゃないか。選挙とはそういうものだ」と言い放ち、加藤は絶句したそうだ。
 この、加藤の絶句は、彼が迫害されて困ったからだけではなく、小渕の非常識に驚いたためでもあるだろう。なぜなら「選挙とはそういうもの」ではないからだ。

 いうまでもなく、選挙で競り勝ったとはいえ、相手方も相当ないし一応の支持があったのなら、それを尊重して脇役に登用するなどの配慮をするのが常識だ。小さい政党はともかく、自民党のように大きい政党なら、主導権争いはしても、あくまで選挙とは誰か一人を代表者にするために実施するものであり、そこで誰にしたいかの違いはあっても、もともと同じ志をもって集まっている団体である。
 なのに、このような態度を取ったため、温厚な態度で敵を作らないから「人柄の小渕」と言われていた彼らしからぬ行動だと言われている。だが、そうではなく、ただの常識外れであるから、人柄とは関係ない。


Keizo Obuchi.jpg


 この後、自民党は過去の自民党から変わってしまい、今は安倍晋三が、他に総裁選に立候補する人がいたら、その者とそれを支持した者たちは干すと言っている。
 つまり、外部との対立ではなく、内部の仲間に対して、勢力争いで勝ったのなら負けた者を粛清するというスターリン主義的な手法に、小渕から安倍に至る自民党は変容してきているのだ。






[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-30 18:18 | 政治 | Trackback | Comments(4)
 中一の時のこと、親戚の家へ行って、そこの家の人がワゴン車を運転して一緒に出かけたさい、前はセダンの車を持っていたんだけども、あれは全然実用的じゃないと言っていた。人は大勢乗れないし、荷物はたくさん積めないし、あんなものを買ったり持っていたりするのは金の無駄だ、と。

f0133526_21450339.jpeg

 そうかもしれないなと思ってはいたけど、それでも、最初に車を買うときにワゴン車を買おうなんて言う人は周囲にいなかった。

 ところが、みんな後になってからワゴン車に買い換えている。ステーションワゴンみたいに業務用の感じがしないものもあるので、そちらにと言う人も含めて、とにかくワゴン車に、である。

 まぁ最初は彼女と2人でクーペに乗っていたりしても、子供ができれば人数は増えるし、どっか出かけるなら荷物も増えると言うことがあるだろう。
 そうでなくても、ソアラなどかっこいい自動車がいいとか、バブルの頃にはベンツだのセルシオだのシーマだのと言っていた人たちが、バカらしくなったと言ってワゴンに買い換えである。

 そして最近、定年退職してからよく家族と出かけてる人の車に乗せてもらったんだけど、その人もワゴン車を持っていて、この買い替えの話をしたら、自分もかつてはベンツだったと言っていた。目が覚めたんだそうだ。

 なるほど。





[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-29 22:10 | 雑感 | Trackback | Comments(3)
 高須クリニック院長が、従軍慰安婦の件で暴言を身内から注意されていた。そんなことする医師に、患者は身体を診てもらおうと思うか、と。
 この件については、すでに拙書『朝日新聞の逆襲』で、従軍慰安婦がらみの発言から高須クリニックに要注意だと指摘していたが、身内からも同じ指摘が出たわけだ。

 この人に限らず、被害を訴える女性を侮辱する医師では、医療過誤でも同じ対応をするだろうし、まして自らが責任を問われたらもっと醜いことになるはずだ。とくに女性が多い美容外科では、どうなることか。現実に、自らの不適切や失敗を認めず、その被害を訴える女性を貶める医師は少なくない。
 これは他の科目でも同じで、医療事故・過誤・ミスは患者の狂言だとかマスコミが騒いでるだけだとか言って責任逃れしようとする医師がいるものである。そんな態度で診療や手術に臨む医師なのだから、最初から危険とみなされるべきである。

 また、被害を訴える患者に「私を訴えた伊藤詩織さんへ」山口敬之『月刊Hanada』みたいなことを、よく医者もする。とくに美容外科は、大量の広告を出しているため、もっと大手の影響力ある雑誌で、スポンサーの立場を利用して言いたい放題ができる。
 それが怖くて、裁判に訴えれば勝てそうなのに泣き寝入りしている人もいる。

 しかも、無関係なのに便乗して嫌がらせや虐めをして劣情を満足させようとする野次馬もいる。
 「そうだ、難民しよう」「他人の金で」と、難民少女の写真をもとに、悲しそうな表情を狡そうな表情に変えて描いたことでトンデモ漫画家として知られるようになったのが、はすみとしこ(もと看護師を自称)。

f0133526_19415835.jpg

 この女、次は被害を訴える女性を「枕営業に失敗した」とし、からかう絵を描いた。これが伊藤詩織さんそのもので、法的措置をとるべきと弁護士らが指摘していた。
 これと同じように、医療過誤・事故に対しても、後になって横から便乗して嫌がらせをする奴がいる。

 こういう人間性の持ち主が多いのは、個人では気が小さく群れると大きく出たがるということだから、つまり日本的というべきだ。
 これに対処するには、そいつが一人になった隙を突くことである。





[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-28 17:23 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 アメリカの政治家だったマケイン氏が死去したそうだ。

f0133526_16521808.jpeg

 最初、彼には良い印象だった。彼は元軍人で、ベトナム戦争で乗っていた軍用機が墜落して捕虜になり、コネやツテで交渉して捕虜交換を早めることもできたのに、それをしては他の方たちに申し訳ないと言って順番通りにし、こうしたために負傷の治療が遅れ、彼は身体に障害が残ってしまった、という話は美談として伝えられていた。
 また戦後は何度もベトナムを訪問し、関係改善に尽力したそうだ。

 しかし議員からさらに大統領を目指すと、選挙でマケイン候補は600万ドルの巨費を投じてオリンピック開催中のテレビに広告を流す権利を獲得したという。サイボーグじゃないけれども600万ドルの男である。
 しかも、晩年の彼は、軍から軍事産業への天下りを問題にして正義の味方のようでいて、その一方では戦争を積極的に推進していてかなり汚いことしてることを告発されていた。

 もともと良い印象だったのは、CBSドキュメント60minuteのような、アメリカの正面玄関からの情報によってもたらされたものだと後で気付いた。

 あと、選挙の際、人種差別主義者の人が、オバマが大統領になるなんて心配だと言ったらマケインさんはそれをたしなめて「もちろん自分が立候補してるんだから大統領には自分がなりたいし、オバマさんに大統領になってほしいと思っていないけれど、彼はちゃんとした人物なので、なったから心配と言うことはありませんよ」と言って、人種より人柄ですよとたしなめた。これに不愉快そうな白人たちがいたけど、マケインさんは立派だなと評価されていたことがあった。
 これを、例えば朝日新聞の記者などが蒸し返して、マケイン氏は共和党の良心だったと、甘いこと言っている。

 しかしこれはテクニックである。例えばアメリカのテレビドラマでも、マーチンシーンが扮する大統領に対して、彼のリベラル姿勢を共和党の応援演説が「左よりだ」と罵っていたのに対して、共和党の候補者は「でも彼を私は尊敬しています。もちろん政策に関する考え方は全然違うけれども、彼は誠実だったから務まったのです。私も大統領になったら彼のように誠実に務めたいと思います」と言う。
 これをテレビで見ていたマーチンシーンの大統領は「うまいこと言いやがって。これで無党派の票を100万ぐらい、かっさらっていきやがった」

 つまり。死んだから美化してはいけないと言う以前に、メディアに作られたイメージを捨てて自分の認識を修正しなければならなかった、ということである。


[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-27 17:01 | 国際 | Trackback | Comments(6)

投資で悩んでいること

 投資をやっている人たちの中で、人の助言なんかいらないよと言うくらいの熟練した人は関係ないと思うけど、そうじゃないと、よく銀行でも証券会社でもアドバイザーみたいな人が出てきて、なんだかんだ言う。

 その人の言う通りにしても儲かると限らないどころか、むしろ損する場合がある。これはもちろん結果論である場合も多い。
 しかし、納得した上での結果なら、損してもやむを得ないからと腹も立たないが、意に沿わないことを、こうするべきであると言われて、従ってみたら損した場合、ほんとに頭にくる。

 例えば、外国に投資する件で、今の世界情勢について安直に、こういうもんだなんていう話ばかりだから、内容が陳腐だし、しばしばネトウヨと変わらんようなことまで言うので、無益なだけでなく不愉快でもある。

 そんな人はもう結構ですから他の人に変えてくれと言うか、アドバイスなんていらないから自分で決めた通りにしろと言うか、店に行かずネットで自分だけでやるか、などと今考え中である。





[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-26 19:03 | 経済 | Trackback | Comments(3)
 銀が足りなくて困るというのは懐かしい話だ。身内に写真業界に勤めている人がいて、銀が値上がりすると、ほんとに困っていた。もちろんフィルムに使うからだ。
 それでフイルムのことを「銀塩」と呼び、また映画なんかで現像の時に独特の画質にする「銀残し」という方法もあるのは周知の通り。

f0133526_18195291.png
 
 ところがデジカメ全盛で銀が足りないなんてことにはならないと思ったら、オリンピックのメダルが作れないんだとか。
 それで、銀が使われているものを提供しろなどと、敗戦目前のようなことを言い出したそうだ。

 かつて『スターウォーズ』の主演マーク・ハミルは、テレビに出た時に「C3POの傷に貼るためにチョコレートを食べたら包み紙をとっておいている」と冗談を言ったら真に受けた子供が金紙を送ってよこして、しかも「これ少ないけどもC3POにあげて下さい」なんてかわいい手紙が添えられていたもんだから困ってしまったそうだ。

 どうしても足りないんだったら仕方ない。貴重な金属を使うことない。表面だけ包んで中身はチョコレートにすればいい。よくアスリートが小判の真似をして噛んで見せるけど、食べて見せてもいい。
 ただ、真夏に開催したらグニャグニャになっちゃうかも知れないけど。






[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-25 17:23 | Trackback | Comments(4)
 オリンピックのボランティアをしたい人がいたら受け入れる、と言うのならわかるが、募集すると言うのではボランティアではないし、しかも煽り立てたり半ば強制となるように学校に働きかけていて、それだけ公益性のあることなのかというと、実質は大企業の私的な営利事業に過ぎない。

 だから騙されてはいけないと、いろんな人が告発や警告をしているが、それでも騙され続けたい人がいる。嘘でも良いことすると信じたいのだ。

 これと同じようなことが、医療についても言える。高校の時に献血車が学校に来て、任意と言いながら拒否しにくい雰囲気であった。
 これも裏に製薬業界の利権がからんでいて、特に日本では731部隊の残党が作った会社が朝鮮戦争で大儲けをしたことで大きくなり、その後はあの薬害事件を起こしている。
 それでも「献血手帳」を作って、なんだか大人になった気がすると言って喜ぶ同級生もいた。

 また、「臓器移植意思表示カード」に、すべての臓器を提供しますと記入することで、なんかすごくいいことしたと言って、そのカードをみせびらかす同級生がいた。
 そういうことしたら非常に危ない。これにも裏があるんだからと注意しても、耳目を塞ぐようにする。なぜなら、嘘でも何でも善行していると信じて幸せでいるのだから、それを壊さないで欲しいのだそうだ。


f0133526_17562910.jpeg


 だからオリンピックのボランティアも、騙されてもいいから、いい事した気になりたくて、やる人がいるんだろう。

 そして、そのオリンピックについて批判してる人の中にも、献血手帳や、臓器提供意思表示カードを持っている人がいるんじゃないかな、と疑っている。
 おそらく、そんな人たちは、オリンピックとは違うんだと虚しく言うはずだ。





[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-24 18:01 | 社会 | Trackback | Comments(3)
 宝くじの当選を引き換えに行った売り場で、発売中の宝くじをどうかと言われた。
 それを見たら、東京オリンピック協賛の宝くじだった。企業から金集めて学生らをボランティアだと騙してタダ働きさせて、そのうえ宝くじとは、よくやるよとしか言いようがない。

f0133526_20113953.png

 この時、当たりで気が良くなっていたから、普通なら買っただろうが、これは買う気になれなかった。これを買う人も、別にオリンピックのために買うのではなく、自分が当たったらいいと思って買うのだろうから、ボランティアだと騙されてタダ働きさせられる人たちよりはマシだろう。

 それにしても、ほとんどの人はハズレで金を丸々もっていかれる。そもそも宝くじとは、公共性のある事業の資金なのだから、余計に税金を支払いという定義である。このため当選して得た金は非課税なのだ。
 ところが、オリンピックは企業の営利で開催されているのが実態であるから、これを名目に宝くじ販売は不適切というべきことだ。

 言い添えると、当選金は残念ながら億単位ではない。そうだったら公言しない。集られるだけだから。








[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-23 20:23 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

刃物に魅せられる人たち

 山の中で使用していたサバイバルナイフを持ち帰るのに、乗り物などで見咎められると銃刀法違反に問われるから、先に送っておいた。あのランボーも、警察署長にサバイバルナイフを持っているのを見咎められ逮捕されていて、これが物語の発端になっている。
 このナイフは紐を通す穴があり、棒の先に括り付けて槍に変えることができる。これでランボーはイノシシを仕留めて丸焼きにして食べていたが、そういうことはしていない。ヘビは出たけど、もっぱらカラスを追い払うのに使っていた。追い払うだけで、あれは焼き鳥にしたら不味そうである。
 あとはゴミ処理で解体するのに使用した。

 ところで、映画『ランボー』で有名になったので、同型のサバイバルナイフが売り出されていて、日本でも輸入販売されていた。映画のプログラムにも広告が載っていた。

 
f0133526_21112117.jpg

 これは高い、28万円くらいする。もちろん材質が良いから、研げばよく切れる。映画でも、警官がランボーから取り上げたナイフを軽く紙にあてると滑らかに切れるので、こんな危ないものを持ち歩きやがってという顔をする。
 あと、実用というより鑑賞用のナイフがあり、面白がって集める人がいる。日本刀と同じだ。萬屋錦之介も『子連れ狼』に出演して胴田貫の使い手を演じたことをきっかけに、同じ作者の系列刀を数百本も集めたという。
 そしてナイフ取集といえば忘れてならないのが舛添要一もと厚生大臣・もと都知事である。それを突き付けるようにしたから、片山さつきと離婚になったとも言われている。

 もともと動物は光るものにひきつけられる習性があり、刃物のギラギラした様子には、つい見とれてしまう。それで使いもしないのに鑑賞用に持つ人たちがいるのだろう。
 そして、空手の大山倍達が言っていたが、刃物を持った者に襲われたら、刃物から目を逸らすべきで、怖くて警戒して刃物をつい見てしまうと、その光に目をひきつけられ、それで抵抗したり逃げたりできず刺されてしまうのだそうだ。刃物より持っている手が必ず先に動くから、見ることないし、見てはならない、ということだ。
 これって、刃物以外のものごとについても言えそうだと思う。





[PR]
# by ruhiginoue | 2018-08-22 21:50 | 映画 | Trackback | Comments(3)