井上靜の気楽な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも気楽にe-mail:ruhiginoue@excite.co.jpまで


by ruhiginoue
 映画のような知能犯ではなく、通り魔殺人犯が、その手配中に自ら通報して警察を挑発しつつ8人を殺傷。
 凶悪犯を捕まえるより戦争反対のビラを配った人を屁理屈で逮捕するほうが安全なうえ出世にもなるし、拳銃は無抵抗の人を脅したりストーカー相手を殺して自殺するために使用する。 
そんな現実があるとはいえ、お粗末すぎやしないか。
 もっとも、この不始末でも、警察は国家権力だから批判するには少々蛮勇が要る。しかし、凶悪犯罪者は殺せと言ったついでに紋切り型の人権派批判なんて安易すぎて恥ずかしい。
 結局これも社会性ではなく、どんな尺度で測るかという個人的な問題でしかない。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-24 10:01 | 社会 | Comments(0)

「日本のチベット」

 山奥、辺鄙、僻地、田舎、未開発、などの意味で「日本のチベット」という言い方がある。
 最近では使われなくなってきた。開発が進んで言われる地域が減ったことと、喩え方が差別的であるとして。
 中国の言い分だと、遅れたチベットは近代化したほうが良いのに、未開野蛮を伝統文化などと言いくるめる不逞の輩がいて邪魔するから困るのだということになるようだ。
 例えば、チベットには「鳥葬」という奇習があり、死者を山の上に運んで肉食鳥の餌にする。あの世からの死者に食べさせて送るという古くからの信仰だ。
 これは異教徒や異民族から見ると、奇怪としか感じられない。だから、漢民族の中国人は食肉工場から屑肉を運んで来てばらまき、あらかじめ鳥を満腹にさせてしまうなどして妨害する。神聖な儀式を邪魔して伝統文化を侮辱したのではなく、トンデモな悪習から解放してやっていると思っている。そして、そんな野蛮を保とうとする邪宗の指導者は国と国民のためにならないと考えているから許せないのだ。
 これと同じ感覚で、北海道のアイヌ民族の神聖な儀式「熊送り」も、日本政府から野蛮と決めつけられて禁止されてきた。主食の鮭は神カムイからの授かり物として獲ってきたが、明治維新以降は密猟として逮捕されるようになり、農業をやって米などを作れと「奨励」された。そのほうが文化的なのだと。
 自分がチベット人だと仮定して、これからどんな生活がしたいのかと考え、伝統をとると自信をもって言える人がどのくらいいるだろうか。なんだかんだと言いながら自分はチベット人と違うという感覚の人、多くないか。
 チベットなど低開発の地域を見下していては、中国を非難しても滑稽なだけだ。
 
 
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-24 00:41 | 国際 | Comments(6)

1000円札のデザイン変更

 伊藤博文は、かつて1000円札だった。日本に議員内閣制度ができて最初の総理大臣だから、それを記念してのことだ。
 ところが、伊藤博文は日韓併合の張本人として、韓国で豊臣秀吉をしのぎ「嫌いな日本人ナンバーワン」だ。これは北朝鮮でも同じ。
 (ついでに言うと好きな日本人ナンバーワンは三浦綾子らしい。韓国のどこでアンケートをとっても「氷点」や「塩狩峠」を読んで感動したという人が実に多い。北では南で翻訳したものを輸入しているらしい)
 伊藤博文を殺した安重根(アンジュングンに近い発音だったと思う。韓国人と話していて通じたことがある)は、大韓民国でも朝鮮民主主義人民共和国でも「民族の英雄」として教科書に載っている。
 だから、1000円札が伊藤博文では貿易に支障を来す。南の軍事政権が経済援助を求めて来たという事情もあった。
 それで札のデザインを変えたわけだが、それ以来は政治家をやめて学者や芸術家など「文化人」になった。早稲田方面から不満の声があったが、大隈重信ではだめで福沢諭吉になった。福沢諭吉がうっかり「征韓論」を説いてしまったことは大目に見られている。
 今は野口英世だが、その前は夏目漱石で、「夏目」を韓国人はどうしても「なちゅめ」と発音してしまう人がいる。だからまた変わったという訳ではないだろう。偽造を防ぐため髪やヒゲやシワがある人のほうが複雑になっていい。だから札に女性が載ることが少なかった。英国ではエリザベス女王だが、こちらは当人が怒るのでシワがない。
 政治家や軍人は、その国では英雄でも他の国では悪者になることが多い。しかし文化人は違う。そこがいいのに、自分は非力だと権力を志向する者がいて情けないのだが、その点で福沢諭吉は最後まで思想だけで生きたという稀に見る凄い存在だった。
 また、今日のFM「現代の音楽」は尹伊桑(ユンイサン)の特集で、「光州よ永遠に」だった。作品は残る。
 安重根が、日本軍に捕まり処刑されたあとの埋葬地を探索するそうだが、遺骨が見つかる見込みは薄いそうだ。彼は、自分は「パルチザン」だと主張したが、日本軍からは「テロリスト」として断罪された。これは今もイラクなどで続いている。
 しかし安重根を担当した日本軍の将校らは、最初はとんでもない奴だと思っていたが、会ってみたら立派な人だったので、そんな人を処刑するのは惜しいと嘆いたそうだ。


 
 
 
 ところがExcite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-23 23:49 | 国際 | Comments(0)
 公立学校は貧乏人の子供強制収容所で、PTAはその看守だった。
 看守を廃止するところが出たが、その公立校は「夜スペシャル」と称して受験産業と手を組む対策をし、貧乏人の子供の中から一部の模範囚を金で仮出獄させる手伝いをしていた。
 PTAは、昔からやっかいな存在だった。
 役員は大変で、みんなやりたがらない。存在意義は認めるが、とてもやっていられないのだ。みんな毎日の生活におわれており、役員は激務で、給与をもらっても嫌なほどつらいのに無報酬だ。
 なり手がいないので、よく、教師が教室でこどもたちにくじ引きをさせて、まさに貧乏くじを引いてしまった者の親が役員にさせられる。そんなこどもはただ不運だっただけなのに親から八つ当たりで怒鳴られたり殴られたりする。
 そんなPTAは廃止というのだから、そもそも学校を廃止するべきである。

 Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-23 11:23 | 社会 | Comments(0)
 都内でデモがあった。例のチベット争乱問題だ。
 これは中国大使館に向けて抗議の意思を示すことならできるだろう。しかし大使館で働いている中国のエリート官僚たちは「屁のカッパ」だろう。日本の外務省を見たまえ。ここで働いている人たちとは違って中国の官僚はデリカシーがあると?
 また、東京都知事は、中国の悪口をただ言うのは好きだけど、「三国人」が暴動を起こしそうだから自衛隊の活躍をと言って少数民族や在日外国人たちを侮辱してしまっておきながら、東京にまたオリンピックを呼ぼうと言う人だ。
 さらに日本政府も、「日本は単一民族国家であり少数民族問題は存在しない」と言ってしまうくらいだ。これにからんでは、80年代に時の中曽根総理がアメリカを怒らせる発言をした。「日本は単一民族国家だから教育がよく浸透していて世界的にみても知的水準が高い。それに比べてアメリカは、黒人やプエルトリコ人などが相当おって相当に低い」
 独立国だったのを武力で併合した沖縄では、珊瑚礁がコンクリートで埋め立てられ、米兵が暴虐を働いても、逆に被害者が責められて訴えを取り下げる始末。
 このような感覚の日本だから、チベット独立問題に対して親身になりはしないだろう。不買運動なんて、できるはずない。これだけ依存してしまえば、経済制裁は「天にツバ」状態となるだろう。
 さて、どうしたらいいのか。単純に中国の批判を紋切り型で繰り返すのではなく、具体性のある対策は考えられるだろうか。
 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-22 23:25 | 国際 | Comments(2)
 カップ麺の容器がどうなろうと食べる気がしない。
 即席麺類の乾燥状態のスープのニオイはゴキブリ捕獲器の粘着の真ん中に置くやつのニオイと酷似している。
 あたりまえだ。どちらも、マガイモノによってオイシソウに錯覚させるものなのだから。
 そんなものを買って食う人間は、くっ付いて動けなくなったゴキブリと同じだということ。
 もっとも、汚染や核でほとんどの生物が死滅してもゴキブリは生き残りそうだといわれているくらいだから、環境破壊や温暖化が進もうと、平気でカップ麺食べる人にとっては何ともないはずで、だから容器が何で出来ていようと無関係なのだろう。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u7D4C%u6E08%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-22 08:48 | 経済 | Comments(6)

省エネなら早寝早起き

 白熱灯より蛍光灯が消費電力が少ないのは常識。
 蛍光灯も安定器式よりインバーターが省エネで目にも優しい。
 しかし、究極の省エネとCO2対策は早寝早起き。日が暮れたら寝る。日が出たら起きる。なるべくそうしている。暗いときに使う明かりはダイオード。うちは電気代が極めて少ない。


 Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u7D4C%u6E08%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-22 08:34 | 経済 | Comments(0)
 大阪の知事提案と反発する労組について。
 そもそも喫煙のための時間というのはおかしい。お茶とかお菓子とか仮眠とか、ぜんぶひっくるめての休憩とするべきだ。それなら、民間も役所に嫉妬するのではなく見習って権利を主張するのが筋だと言うことが出来る。
 そもそも喫煙だけ特別扱いは不平等であるし、喫煙するとリフレッシュとかリラックスになるというのは錯覚である。たんに、中毒による禁断症状が起きて、それが紛れるというだけのこと。一服してさらに頑張るというのはデタラメ。むしろ、喫煙者は体力と集中力が損なわれているから、非喫煙者より仕事の効率が悪い。こんなのは昔から常識だ。


Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-21 21:35 | 社会 | Comments(8)

抱えた懸案

 アメリカはイラク問題についてどうするのか。国内については押さえ込み、国際社会の非難をかわすためには、たぶん中国とはチベット問題で貸し借りなどの取引をしているのだろう。


Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-20 21:57 | 国際 | Comments(3)

自由のない国アメリカ

 反戦デモで大量の逮捕者が出たアメリカは、昔から、集会やデモの自由がないと言われている。行って実際に見た外国人は、警察の規制や取り締まりの厳しさに驚く。
 もちろん、「当局」にも言い分はある。中国や日本などと同様に。ただ、そういう場合たいていは国の側にやましいところがあるものだ。
  
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2008-03-20 21:11 | 国際 | Comments(2)