井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue
 財政破綻した夕張市は、再建しようにも金がなさすぎて政策しようがないと市長も嘆いた。
 前にも書いたが、夕張の惨状は国のせいだ。
 炭坑の閉鎖を国がさせたうえ、その費用は国が出さずに600億を夕張に負担させた。主要産業が無くなり人口も流出して税収が劇的に減ると知りながら。
 しかも、代わりに観光誘致を指導して失敗。これをさせた国は責任をとるどころか地方交付金を大幅削減した。
 これではいくらメロンが売れても追いつかない。国は特例を設けてもっと積極的支援するべきだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u653F%u6CBB%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-24 23:00 | 政治 | Trackback | Comments(3)

警官も弱くなった

 茨城県で暴力的な奇行をしていた男が、駆けつけた警官に鉄パイプをふるい抵抗し、警官の発砲で負傷し逮捕されたそうだ。
 軽傷だったらしいが、そこが右脇腹だったのは狙ったのかどうか。左なら致命傷だから避けたなんて余裕はないだろう。
 二発撃ち一発当たったそうだが、流れ弾は大丈夫だったのだろうか。そういう心配から、アメリカでも発砲は慎重らしく、少なくとも、撃ちまくるようなイメージはデタラメ。
 ただ、この程度の逮捕に拳銃使うとは、警官も弱くなったようだ。なんで素手で勝てないのか。
 最近の警官は格闘が苦手らしい。取っ組み合いになりそうだと逃げちゃうこともある。
 今の警官は、学生運動が激しかった時代では通用しないだろう。学生も軟弱になったから釣合っているようだが。 この国は総理をはじめヘナチョコ坊ちゃんばっかりだから。
 他にも、テロにも対応するはずの最精鋭が立てこもりヤクザにあっさり射殺されてしまったばかりだ。

 
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-24 21:38 | 社会 | Trackback | Comments(0)

ハリウッド製か否か

 火星に水があったと考えられる痕跡とのこと。
 火星と水不足、PKディックの世界。
 バイキング号以来の探索、そこはハリウッドのスタジオなのかどうか。「カプリコン1」のリメイクはどうなるのか。
 科学報道は政治経済よりもっと疑ってしまう。
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-24 00:19 | 自然 | Trackback(1) | Comments(0)

ちがってもいいでしょう

 政策ではなくテレビで見て知っているから投票するような人にとっては、丸川もとアナの発言に一貫性があろうとなかろうと知ったことではないでしょう。
 そして、そういう人の票を集めようというわけでしょう。そんな候補になるのが恥ずかしくないなら、あとは情けない有権者が何人いるかの問題でしょう。
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-23 23:30 | 政治 | Trackback | Comments(5)

バカげた裁判員制度

 この問題は既に周知だが、ただし司法に関心がある人たちの間でのこと。そういう人は少数派。それで裁判官が次のように注意を促すそうだ。
  
 「新聞やテレビで見聞きしたことに基づいて判断してはいけません」
そうです。マスコミの犯罪報道は警察の情報操作ですから。
「被告が有罪であることは検察官が証明する」
ただし証明できないとき、強引に有罪にするのが裁判官の仕事で、その共犯者が裁判員です。
「法廷に出された証拠だけに基づいて判断」
それで検察に不利な証拠は隠しても良いことになってます。
「常識に従って、罪を犯したことは間違いないと考えられる場合に有罪。逆に疑問がある時は無罪」
しかし、そうすると必ず裁判官と対立しますから、聞き流してください。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-23 23:11 | 司法 | Trackback | Comments(6)
 こんにゃくゼリーを喉につまらせての死者が連続して。この種の事故は喉の飲み込む力の弱い子供か老人が多いが、そうでない場合もあったそうだ。正月の餅も、毎年のように死者が出て、だいたいは老人。
 ブッシュ大統領は、クラッカーを喉につまらせて気絶したことがあった。倒れて打った顔面の傷跡も生々しく「よい子のみんな、お菓子はよく噛んで食べようね」とテレビで言っていた。こちらは凄く固くて、それを寝そべって食べていたらしい。それで危うく窒息死というところ。
 アメリカでは救急車は911番だからこれがほんとの「菓子911」、「仮死911」という駄洒落の世界だったが、ここで彼が死んでいたらイラクの子供たちが大勢助かったかどうかは不明。
 
 いたがExcite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-23 22:46 | 社会 | Trackback | Comments(0)
 『私は貝になりたい』が中居正広主演で映画化するそうだ。
 物語は周知の通り。原作は黒澤作品で知られる橋本忍の脚本。最初は白黒テレビ作品でフランキー堺主演。90年代には当時黒澤明監督の「まあだだよ」で俳優として乗っていた所ジョージ主演でリメイク。今度はテレビではなく映画化ということに。
 庶民が戦争に巻き込まれる悲劇というのは表面のことで、奥に隠された主張がある。
 捕虜の米兵を刺した主人公が戦犯として裁かれる。杜撰な通訳と無理解な外人による一方的な裁判を批判的に描いているため、最初の放映では「アメリカを怒らせるからやめろ」と圧力がかかった。
 しかし、なぜ無茶苦茶な裁判となったのかを、むしろ問題としている。
 主人公は、無抵抗の者を殺害するなんて出来ないと拒否の姿勢を示すが、残酷な上官は言うとおりにしろと迫る。「上官の命令は天皇陛下の命令」だから反抗も疑義も許さないというのが日本軍の掟だった。
 「あなたは天皇に直接命令されたのですか?」と問う白人判事に、なにもわかっていないと嘆く主人公。召集令状(赤紙)一枚で有無を言わさず呼びつけられる兵士は軍隊でどんな扱いをされるか。「牛や馬とおなじなんだ」と法廷で叫ぶ主人公は結局わかってもらえず絞首刑にされる。だからこう遺言する。
 「生まれかわれるとしても、もう人間には生まれたくない。動物も、人間からひどいめに遭わされるから嫌だ。私は貝になりたい。貝になって海の底で静かに・・」
 つまり、東京裁判の理不尽を批判しながら、その原因は、外国からは想像を絶する日本の異常性にあると告発しているのだ。
 この影響を受けたのが、橋本忍と双璧ともいえる名脚本家の笠原和夫だった。『大日本帝国』(82年)は、主人公が床屋なのが『私は貝になりたい』と同じ。題名など表層では戦争正当化の軍国主義映画だが、しかし笠原和夫は最高傑作『県警対組織暴力』で、警察が暴力団を退治する話かと思う題名ではあるが実は暴力団の背後に財界がいたり、ヤクザとなれ合う腐敗した警察とか、退治するべきなのはヤクザよりアカとうそぶく警官などを描いて、痛烈な社会批判をこめた人だ。戦争美化のようでいても同時に庶民の立場から戦争の悲惨さを描き出した。
 そして一方的な裁判で戦犯とされ絞首刑になる東条英機を悲劇の人と描き、靖国派を歓ばせ左翼からは非難されながら、実は物語の構造から、東条は昭和天皇の身代わりにされたことが明らかで、同時に、同僚が虐殺するのを黙認した罪で戦犯として処刑される一兵士に「天皇陛下、お先に参ります」と刑場で叫ばせる凄い当てこすりをしている。 
 
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-23 12:25 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
 確かに、末期患者の無用な延命より「尊厳死」が求められる場合がある。そして医師が患者を死なせて問題となることが何十年も前からあった。
 しかし、家族から頼まれたからという抗弁は受け入れられない。
 遺産相続の関係で、家族が死の時期を操作したがることが実際にあるし、医師が患者の同意もなく行ったことで訴えられたとき「家族に頼まれたから同意があった」と抗弁して、裁判で通用してしまうことが現実にある。それが時にはとんでもないこと、たとえば医師が自分の興味のため人体実験も同然のことをしておいても、正当化されてしまったりする。
 だから、今回(↓)のような場合でも、正当化はできない。

 和歌山県立医大病院紀北分院で2006年2月、女性患者=当時(88)=が人工呼吸器を外され死亡した事件で、殺人容疑で書類送検された男性医師が、県警の調べに「家族から外してくれと言われた」と供述していたことが23日、分かった。県警は06年3月、分院からの届け出を受け、医師らから事情を聴くなどして捜査。女性の余命が短く、家族の要請があったことから、医師の悪質性は低いと判断し、今年1月書類送検した。Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-23 11:36 | 司法 | Trackback | Comments(1)
 シーラカンスが久しぶりに捕まった。インドネシアでのこと。
 とうに絶滅したと思われていたが、生きて網にかかることが時々あった。そして食べた人もいたが、一度懲りたら忘れられないほどの不味さで、これでは外敵に狙われないから生き延びたのだろうという説もある。
 シーラカンスが恐竜時代から生きてきたのだから、ネス湖などにも、という人もかつてはいたが、それは子供向けの夢物語。その時代から今まで生存していたというなら、トンボだってゴキブリだって同じだし、古代魚ならガーパイクというシーラカンスと同じかそれ以上にユニークなものがいる。
 日本と中国の一部にしかないイチョウは、世界的には化石しかない植物だから、初めて東洋に来て見て「生きた化石」だと言ってシーラカンスの場合と同様にビックリした西洋人もいた。日本では実を食べるし、東京都とか東大のマークになっていて、珍しくもない。
 シーラカンスも、見た人は昔からいたはずで、ただ意識しなかっただけだろう。それを化石しか知らなかった人たちが騒いだだけのはずだ。
 
%u6F01%u5E2B%u304C%u53E4%u4EE3%u9B5A%u30B7%u30FC%u30E9%u30AB%u30F3%u30B9%u3092%u6355%u7372%u3000%u30A4%u30F3%u30C9%u30CD%u30B7%u30A2 | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-22 23:42 | 自然 | Trackback | Comments(0)
 パチンコ店の駐車場に置いてある自動車に置き去りされ危ないところだった子供の数が増加したそうだ。「全日本遊技事業協同組合連合会」による。
 これは死者も出ているから気をつけろといわれてきたけれど、なかなか改まらない。 そのうち今話題の「赤ちゃんポスト」を設置するようにでもなるだろうか。しかし、それがあっても、預けない親が多いだろう。だいたいは、ちょっとだけのつもりがハマってしまうのだから。

 「ナニワ金融道」で知られる故青木雄二氏が、これについて言ってたことがある。パチンコにハマり子供を危険にさらし死なせることまであるのは、親が貧しいからだ、と。
 かつて青木氏もパチンコにハマり、お気に入りの背広を質入れしてまでやったそうだ。ところが、マンガが売れてからは、サッパリやらなくなった。パチンコしてるなら家でマンガの原稿を書いている方がよほど儲かるようになって、金がたくさんあるとパチンコより楽しい遊びはいくらでも出来る。
  
 では、金がなくても良質な趣味ができると良いかというとそうでもなさそうだ。
 前にモスクワ大学の先生が我が母校に客演したとき、日本のパチンコを褒めていた。
 旧ソ連では資本主義のくだらない遊びなんて駄目だという政府が、芸術に国を挙げて力を入れ充実させた。おかげで休日には美術館でも音楽会でも演劇でも、世界トップレベルのものをタダ同然で誰もが鑑賞できるようになった。内外のインテリゲンチアたちからは素晴らしいと賞賛されたが、国内の庶民は満足しなかった。高尚なものより、もっと気軽な娯楽を求めたからだ。それで、気楽な楽しみはお国がらによりウオッカということに。そのせいで健康と経済にも悪影響が。
 ゴルバチョフが禁酒令を出したが、それで不評を買い支持率低下。では庶民は何を楽しめばいいのか。 日本に来て素晴らしいものを発見した。パチンコである。これが街のどこにでもある。なるほど日本人は頭がいいと絶賛していた。 
 しかしパチンコ店の経営をしている多くは在日の人たち。皮肉な感じだ。

Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u793E%u4F1A%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9
[PR]
# by ruhiginoue | 2007-05-05 15:36 | 社会 | Trackback | Comments(1)