井上靜の気楽ゆえ率直な日誌です。気楽にコメントしてください。おたよりも同様にe-mail:ruhig@outlook.jpまで


by ruhiginoue
 昨日、インターネット上の名誉毀損など違法行為に対して、犯人の発信情報開示を請求しても、裁判官から悪意によって拒絶されてしまう現実を指摘したが、これは犯人を隠匿するだけでなく、犯人ではない人に濡れ衣を着せるためでもある。
 つまり、裁判の誤りではなく、故意に冤罪を作り出すのだ。この実態について今日は述べる。

 そもそも、どんな裁判でも結果はやってみなければ判らないのだから、それは別問題としたうえで、裁判にして維持できそうな違法性は明らかということであるなら、その場合はインターネットの情報開示を認めるものだ。
 それを悪意のある裁判官は、裁判に訴える前から判決と同じ程度でなければならないなどとデタラメを言い出す。これはインターネットのことだけでなく他のことでも前からよくあることなのだ。例えば証拠保全とか差し押さえとかで申立を却下するなど、片方に依怙贔屓するため、前段階で妨害するのだ。
 こういう実態であるから、インターネットの発信情報開示についても不公正は当然である。

 そして、情報開示をすれば犯人が明らかになるのに拒絶することは、犯人の隠匿だけでなく、犯人でないと解っている人を犯人にしてしまうにも好都合である。物理的に明確となるのにこれをせず、また、他の証拠からあり得ないことなのに、「あるはずだ」「いかにもやりそうだ」「他にやりそうな者はいない」など到底裁判の判決とは言えない文言と「優に推認できる」という決まり文句により冤罪を仕立て上げる。

 これによって、身に覚えのない罪を着せられた人が、今まで何人も出ている。何か不正を追及しているフリーのジャーナリストが「やられた」と言っていることもあるが、これもひどいけれど何故か解るだけまだマシで、中にはカフカの小説のように、ある日突然、自宅や勤務先に裁判所から訴状が届けられて、わけがわからないまま、いくら否認しても、発信情報開示をすれば判ると抗弁しても、すべて拒絶されたうえで「やってないわけがない」「不合理な言い訳に終始しており反省しない」などの決まり文句で高額な賠償金を払えという判決である。

 これは具体的に政治的な背景があって行われていることでもあるし、人々を不安にさせることで社会に疑心暗鬼と恐怖をもたらすことは昔から支配の手段でもある。
 こうした故意による不正だけでなく、もともと裁判がいいかげんに行われることもよくあるのだ。これは昔から弁護士たちが指摘してきた。
 それに「ロシアンルーレット」みたいな感じで当たってしまうことが、誰にだってあるということだ。まさか自分が...という思い込みは甘いのだ。


f0133526_15531693.jpg






[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-16 18:02 | 司法 | Trackback | Comments(2)
 Twitterでの発言で何かと話題の人である岡口基一判事やタレント・マイリーキクチが、Twitterで現実と乖離した話をしていて、見過ごせないので指摘しておく。

f0133526_17224724.jpg


 Twitterや掲示板など匿名で利用できるインターネット上のウエッブサイトといわれる場で違法行為をすると、そこでは匿名でも、接続するために情報を供給するプロバイダーと呼ばれる業者とは実名で契約しているから、その送信記録から情報開示されて判ってしまうことがあり、注意すべきだとか変なことは書くなとか、そういうことをTwitterでつぶやくだけでなく講演までしているそうだ。

 ところが、これはあくまで建前であり、実態はまるで違う。
 まず、殺害や爆破の予告とか麻薬の取引など物騒さが甚だしくて刑事案件になることは、警察が予算を使って技術者を雇い調査する。そうでなければ、名誉毀損や営業妨害などの違法性があってもだいたい個人的な範疇に収まる問題なので、警察に訴えても民事にするよう言われるものだ。
 すると、次は個人で調査しないといけない。でも捜査権が無いから、接続業者に対して教えるよう求めて同意してもらうことが必要だ。
 しかし、業者は契約者の個人情報を保護する責任がある。それで、違法性が明らかである場合に限って認められている例外を求める。だから、これを規定した法律を「プロバイダー責任制限法」と呼ぶ。

 そして、業者は基本的に契約者を守る。そのうえ個人情報を開示してよいのは違法性が明白であることが条件とされていて、これについて業者は顧問弁護士と相談するかというと必ずしもそうではない。そこまで対応できる専門性をもった顧問弁護士とは限らないからだ。
 そうなると、違法性が明白であるか否かより、契約者の社会的地位によって対応を決める。社会的地位が高い相手だと、その影響力が業者としては当然ながら気になるし、そもそも名誉毀損や業務妨害は社会的地位のある者のために作られた法律だから、逆に地位ある者が違法行為をした場合は司法が常に甘い。
 このため、もともと刑事で対応してもらえない軽微な違法行為ということで、だいたいは業者から情報開示を拒絶される。

 そうなると、業者を裁判に訴えないといけない。これは関係する会社の登記簿謄本を取り寄せたり訴訟費用の印紙を買ったりするし、違法性の証明などで弁護士を雇わないと難しいこともあるから、何かと金がかかる。
 そうまでしても、期待してはいけない。もともとプロバイダーが発信情報開示に難色を示したなら社会的地位のある契約者だと裁判官も考えるから、やはり開示請求を認めないのだ。名誉毀損などは特にそうだが、法廷に持ち込まれても、ほとんどの裁判官は上ばかり見る「ヒラメ判事」だから、「法の下の平等」など無視して、地位ある者たちにえこひいきしたり忖度したりである。それ以前の情報開示など認めるわけがない。地位が無い相手でも、それがネトウヨだったら、政権に好都合な者であるとして味方する裁判官が当然いる。

 これが実態だから、むなしい建前を語る人たちの話など、真に受けては危険である。



[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-15 17:24 | 司法 | Trackback | Comments(0)
 このあいだ潰れた月刊誌『新潮45』に昔、ビートたけしが連載していて、これをまとめた単行本『だから私は嫌われる』がベストセラーになったけれど、ここでビートたけしは「消費税の何が悪いってんだ」という見出しで、これから高齢化社会になるのだから福祉の財源が必要なんだから当たり前だと説いていた。
 もともと「ババアの首をしめろ」などと老人虐めを言っておいて、政府に媚びる処世術では心にも無いことを書くビートたけし。他の週刊誌では、相対的に低所得者ほど負担が重たい消費税が不公平だと説いていた。いくら芸人の商売でも露骨すぎる二枚舌だと批判されていた。


f0133526_15164727.jpg


 それでも、高齢化社会にむけて広く薄く税金を集めて福祉制度の財源にするという建前を、ある程度は実現していたなら、不十分であっても仕方ないとまだ言い得た。
ところが、福祉はまるで充実してない。だから少子高齢化になって困り、今さらもう遅いのに、慌てて子供を作れと若い夫婦に対して言い出す人たちがいるわけだ。

 また、消費税のほとんどは、大企業の法人税を減らした穴埋めに使われた。もちろん自民党が政治献金をもらう見返りだ。これについて、もう死んだ三宅久之など御用マスコミ人たちが、大企業を優遇しないと外国に出て行ってしまうとテレビで必死になって連呼していた。こんなに大企業にとって居心地の良い日本から出ていけるものなら出て行ってみろよとみんな言っていたが、マスコミは御用のほうを取り上げて拡声する。これもビートたけし同様に商売だからだ。

 だから、商売の人たちは、それで儲かればなりふり構わずだろうが、それ以外の人たちがどうなのかという問題だ。



[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-14 16:34 | 政治 | Trackback | Comments(2)
 僧侶でありながら、声楽を披露したり、後には寺の中にプラネタリウムや天体望遠鏡を設置して天文学の講釈もするようになる春日了という人がいる。かつて、よくテレビに出演していた。僧侶としては珍しく率直に自由な意見を述べていたからだ。

 例えば、彼は寺で産まれて僧侶になるよう仏教の大学に行ったが、これは決して僧侶は世襲しないといけないということではなく、住職が引退したり死去したりすれば、その寺を運営している宗派が後継者を派遣することになっていると説明し、なのに子供を跡継ぎにしようとするのは、そうしないと住職の家族は、これまで家賃タダだったのに出ていかないといけなくなるからだ、などとテレビで痛快なほどハッキリ言ってしまうなどする。

 そして、こんなことも言っていた。よく、オペラや能をテレビで放送すると歌やセリフのテロップを入れているが、同じようにして仏教のお経も、読経している録画にテロップを入れて意味が解るようにしたらどうかと、かつて提案したが仏教界から賛同してもらえず、それはなぜかと言うと、意味が解らないからこそありがたみがあるように感じるから、だった。
 つまり、日本の仏教界は権威主義のため難解ぶっているだけということだ。

 あの、就任早々に柴山昌彦文科相が言い出した教育勅語も同じで、もともと難解な文であるため大人でも意味をほとんど理解できなかった。それゆえ子供には呪文のような効果があった。つまり意味があったのはあくまで雰囲気であって内容ではなかった。この歴史的現実を、どうやら今の文科相は知らないらしい。だから教育勅語について語っていると、そこにはツッコミどころ満載ということになったのだ。

 また、お経も教育勅語も、勿体つけた言い回しで内容の本質をわからないようにしながら強制する意味がある。
 ただし、これは今のインターネットにも、よくあることだ。細かい文字のまわりくどい文を読んだうえで「同意」をクリックしないと先に進めない、など。


f0133526_16415995.jpg




[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-13 16:42 | 社会 | Trackback | Comments(0)

投資とヘイトスピーチ

 「世界同時株安」で、投資家たちが色々と言っている。大損した人が愚痴っているのをウエッブサイト上で見かけもする。

 この投資について、前にここで述べたが、これは以下のような話だった。
人の助言なんかいらないよと言うくらいの熟練した人は関係ないかもしれないが、よく銀行でも証券会社でもアドバイザーみたいな人が出てきて、なんだかんだ言う。
 そして、その言う通りにしても儲かると限らないどころか、むしろ損する場合がある。これはもちろん結果論である場合も多い。
 しかし、納得した上での結果なら、損してもやむを得ないからと腹も立たないが、意に沿わないことを、こうするべきであると言われて、専門家の言うことだからと従ってみたら損した場合、ほんとに頭にくる。
 そんな人はもう結構ですから他の人に変えてくれと言うか、アドバイスなんていらないから自分で決めた通りにしろと言うか、店に行かずネットで自分だけでやるか、という話題だった。

 また、そもそも証券会社なんて実態ではなく証券会社やその社員のご都合で売り込むから、それに従っても大体ろくなことはないものだし、顧客を自殺に追い込んでナンボとさえ噂されていて、よくテレビドラマのネタにもなっているけれど、これは普通のことだと受け取られている。
 それにしても、これを購入したいと具体的な銘柄を挙げたり、同じものがないなら類似するものを提示して欲しいと求めても、拒否されてたうえ推奨された商品を購入したところ途端に大損というひどいことさえある。

 そうなったら信用を失ったということで終わりだし、そもそも信用したほうがマヌケということにもなるが、そこで、これも前にここで話題にしたことだが、例えば外国に投資する件で、今の世界情勢について安直に、こういうもんだなんていう陳腐な認識を開陳されたうえ、それはしばしばネトウヨと変わらないから、無益なだけでなく不愉快ですらある。

f0133526_18110458.png

 これについて具体的にこんな話がある。中国のハイアールやバイドゥへ投資して儲けた人の話を聞いた人がいるはずだ。その当時、やはり情報を仕入れたり(あるいは逆張りしたり)で賭けようと考えたところ、銀行によくいる定年後に不定期勤務している相談係から強硬に反対されたうえ、そいつは中国に対してネトウヨと全く同じヘイトスピーチをはじめ、そして別の商品を強引に薦められ、結果は大損だった。こういう人は。決して少なくないのではないか。
 このとき、自分の才覚で投資した人たちは儲けて、薦められて従った人たちは大損した、というように二分できるだろう。断定してもよい。

 しかし、このヘイトは確信犯ではなく、ただのバカなのではないか。このところタクシー運転手の中には天気や床屋政談の感覚でヘイトスピーチをする者がいて、そんな話を面白がる人がいると勝手に思っているから言うらしいが、しかし正常な感覚の人は不愉快になり、話を遮ったりしているそうだ。
 このタクシー運転手らと同じことをする者たちが銀行や証券会社にもいて、これは顧客を舐めているという部分もあるだろうが、そもそも頭の程度がネトウヨと同じということではないか。

 どうであれ、ヘイトスピーチする運転手は近代化センターに通報するのと同様に、銀行や証券会社で経済とは無関係のこじつけヘイトも然るべきところへ苦情を申し立てるべきだ。それはどこにしたらいいか調査中である。



[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-12 18:12 | 経済 | Trackback | Comments(2)
 日本は「北方四島」と言い、ロシアでは「南クリル諸島」と言う領土が、このところ急激に軍事化していると報道されている。
 
 かつてアメリカ映画『トップガン』の真似をして、日本でも『ベストガイ』というプロバガンダムービーを製作したが、ほとんど忘れられているようだ。
 この公開当時、航空自衛隊に勤務している操縦士が言ってた。宣伝映画だから話はツマラナイし、主役の織田裕二は何で人気があるのか不可解なほど演技がダメだけど、航空自衛隊が協力しているからF15戦闘機など本物を撮影していて、これは見どころだ、と。

 まあ、織田裕二の演技は周知のとおりだが、その彼が扮するパイロットの操縦するF15戦闘機が、ソ連の大型機を監視していると護衛の戦闘機が現れ「SU27だ」と一気に緊張する場面が見せ場である。『トップガン』ではアメリカのF5に赤い星のマークを付けた戦闘機がF14戦闘機と空中戦を展開するが、『ベストガイ』のF15は本物でSU27はハリボテを吊っているのをカメラをブレさせてそれらしくみせるよう撮影していた。

 このSU27は、F15に対抗し、また巡航ミサイルを迎撃するため、ソ連時代に開発されたものであるから、それで映画でも現れたら警戒する。これが何度も改造されて、最新型がSU35というわけで、これを北方領土に配備された。訪れた人たちに対して撮影禁止と言う。外見だけはいちおう解わかっているが。すでにハセガワからプラモデルも発売されている。

 この他にも、最新型の戦車など強力な兵器が続々と運び込まれている。「外交の安倍」はプーチンに金だけ取られてこのザマということだ。
 そもそも、小国なら金をもらうと大喜びだけど、大国には通用しない。なのに、バラマキして「世界でもっとも影響力がある一人に選ばれた」と自画自賛して悦に入り、その結果がこれである。


f0133526_12250305.jpg




[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-11 12:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)
 佐々淳行が死んだので、そのツッコミどころいっぱいの自慢話を映画化した『突入せよ!あさま山荘事件』について語ろう。

 この「あさま山荘事件」を題材にした映画は他にもあるが、それについて製作動機を訊かれた監督が「ゴジが撮る撮る言って撮らないから俺が撮ることにした」と言ったことがある。もちろん「ゴジ」とは長谷川和彦監督のことである。『太陽を盗んだ男』の後はあさま山荘事件を映画にしたいと語っていたのに、一向に実行しなかったことは語り草である。

 さて、『突入せよ!『あさま山荘事件』は完全に権力の側から描かれているが、それについて公開当時に観た大学生が呆れて言っていた。権力の側から描いてはダメということではない。権力の側から描くとしたら、立て篭もり犯は権力の側にとって何なのかを描いてないと絵空事になる。
 なのに、この映画は、立て篭もっているのは雨宿りでないくらいなら判るが、では何が目的なのかとなるとちゃんと描かれていないから、観客はさっぱり判らない。もちろんプロバガンダとして成り立っていないけれど、ドラマが成立してないから劇映画として失格だと言う。
 
 このように根本的な難点を具体的に指摘した人でなくても、なんとなくつまらない映画だったと言っている人ばかりであった。


f0133526_17543397.jpg


[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-10 18:14 | 映画 | Trackback | Comments(3)

万年筆とケーキ

 連休中に自宅近くのカメラ系量販店に行った。某社製LED照明のリモコンが壊れたからだ。
 この某社のリモコンは小さくて安っぽい。ネットで調べてみたら、やはりチャチなのですぐ壊れて修理できないという話が色々と出てきた。
 また、この会社に電話をかけて問い合わせたら、純正品はあるけれど汎用の安いリモコンで大丈夫だと、当然のように言われた。値段を下げるためリモコンにコストをかけず、壊れたらオーム電機のものでも買えばいいですよという態度だ。
 この会社は、そうだという指摘もネットで見かけた。

 そして、オーム電機のリモコンを買い、ついでに他の商品を見た。古くなってきて近く買い替えだろうというものが自宅内にいくつもあるからだ。そこで売れ筋ランキングを見ると。パソコンはレノボ、冷蔵庫と洗濯機の「白物」はハイアールとハイセンス、というように中国製である。欧州などでも、だいたいこんな調子だと言われている。
 つまり日本の会社のメッキが剥がれてきたということだ。

 ところで、カメラ系量販店にはどこも酒とか文具とかもあり、文具ではショーケースに入れられ厳重に保管されている高級文具がある。特にペン先に金を使っている万年筆である。この、書く滑らかさと、書いた文字の曲線は、使用したことがないと理解できないだろう。そしてワープロやスマホより、冷蔵庫や洗濯機より、値段が高い。
 かつて文豪などは仕事道具だからと万年筆に拘っていた。漢字を書くには漢字を使っている国の万年筆がいいので、日本製と中国製が良くて、ジンハオなど中国製には安くて優れものがあるという人もいる。
 
 あと、モンブランは高級品として気取っている人が使い、インテリはペリカンを使うと言う人もいる。特に年配の男性が、そうだ。女性はモンブランだろう。それでも自分はあくまでモンブラン派である。使ったうえで正直そう思う。

 この他にモンブランといえばケーキである。それを焼きそばパンみたいに麺が載っていると思っている人がいるらしい。モンブランの上にある栗だが、今年は大丈夫だろか。去年は蛾の大発生で食害され、その幼虫を動画で撮っていたのをテレビ局が使わせてくれと言ってきた、という話題は、昨年ここでしている。
 とにかく今年は天候がおかしい。十月になっても夏みたいだ。店でもエアコンがまだ売れていた。昆虫の発生はどうか。北海道では、去年と違って今年は蜂がいないから危なくないが、天変地異があるのではないかと地元の人が言っていた。そうしたら大地震だった。

 どうなっているのか、それはさておき、長年の使用でガタが来たモンブランの万年筆だが、万年筆とは使い込むほど馴染むもので、まだ手放す気にならなかったから、次のモンブラン購入はお預けとしておいた。それで買うのはケーキの方にした。

f0133526_15033417.jpg

  
 

[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-09 17:03 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
 この項は昨日の続き。

 原発推進とか原発は安全とか、チェルノブイリ原発事故の被害は大したことない、などと主張し続けていたのは、かつて有田芳生がいたころの日本共産党系月刊誌『文化評論』も同じだった。原発問題を説いて話題の広瀬隆『危険な話』を、嘘または揚げ足取りで非科学的だと猛批判し、東電など原子力関連業界がコピーを配布していると言われ、また、どう見ても業界の働きかけによって、『文化評論』から『文芸春秋』に転載された。当時の『文芸春秋』の編集長は後に『WILL』を発行する堤堯であった。
 このあたりは拙書『朝日新聞の逆襲』で一項を費やしている。なぜなら、当時、朝日新聞および系列の週刊誌が騒いだことから、これはよく知られるようになったからだ。

 もちろん、ほとんどの民主的な科学者は、早くから原発の危険性を訴えていた。だが、その周辺にまだ原発安全論者がいて、危険じゃないというのが福島への愛だという奇妙な主張をする開沼博に協力している。
 そして、『文化評論』は経営難で潰れ「チェルノブイリ原発事故で被害を過少に見せかけるなどしてきたが、ソ連崩壊でスポンサーを失った」と右翼雑誌に書かれていた。同誌の廃刊とは別に日本共産党を追放された有田芳生は、民主党さらに立憲民主党へと移るが、今度は深刻な被害が世界的に問題となっている予防接種について、『文化評論』と同じ態度をとった。すなわち「感情的反発」ではなく「科学的検証」を主張した。
 それで、どう調べたりしたのかという話ではなく、業界の提灯持ちであることを指摘される人の話を鵜呑みにして受け売りし、自らは何も検証せず、当然にして事実誤認があった。だから、被害の問題に取り組む議員たちから批判や提言があったけれど、有田は誠意ある対応をせず侮辱的な反発をして、非難轟々であった。
 この件では有田の他にも同類がいて、やはりという人もいれば、意外だと驚かれる人もいた。要するに、もともと党派とは別に「感情的な大衆」を見下す性癖を持つ人たちがいるということだ。

 しかも有田芳生は、外交問題でも古い共産党員の態度を露呈させた。外国から来賓があって与党ではなく政府が晩餐会を催した場合は、超党派でもてなしてきたのだが、なのに安倍政権は野党をのけ者にして問題になった。だから共産党の志位委員長も安倍総理を批判した。今の共産党は、北部朝鮮共和国やイスラム=イランなどのように北米合州国と対立して原発さらに核開発するのではなく、穏便に軍事同盟関係の解消を目指す方針を取っている。だから、合州国大統領のもてなしに政府が主催する会への参加は重要である。

 ところが、これに有田芳生はTwitterでこう非難した。

f0133526_16521419.png

 「志位さん 晩餐会などに招かれなくてもいいんじゃないですか。孤高の精神で闘うこと。宮本顕治さんならそうしたと思います。黙して毅然と対処することです。」

 なんと、共産党の現在の代表者である志位ではなく、大昔の代表である宮本を引き合いに出し、古めかしい孤立主義を開陳した有田。これを見せつけられると、有田が大昔は共産党員だったけど追放されてしまったという話に、そりゃ無理ないよと言いたくなってしまう。

 そして、おしどりマコさんが立憲民主党から参議院議員選挙に立候補を表示すると、早速、あの菊池誠が攻撃し始めたが、ここで立憲民主党と共産党の中から追従したり、そこまではしないとしても、変なことをして野党の協力関係に亀裂を生じさせないかと心配になってしまうのだ。





[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-08 11:30 | 政治 | Trackback | Comments(0)
 夫婦漫才おしどりマコさんらに会い話したことが数年前にある。お笑い芸の中で時事ネタをとりあげ、特に原発事故について発言をしている人たちだ。ウーマンラッシュアワーらのように二次情報による時事ネタではなく、自ら精力的に詳しく調査している。
 このとき、おしどりマコさんは、原発問題にからんで共産党の一部から変なこと言われると言っていた。

 これを基にツイートしていたら、党員の熱心な活動家と自称作曲家から、Twitterで反論ではなく差別的な罵声を浴びせられた。おそらく、この問題についてスタンドプレー的に口出しをしていた共産党の地方議員の言動を批判してもいたから、それを共産党への敵対行為と解釈したのだろう。
 これはTwitterでのことだから、ここではその個人を問題にはしないが、その議員が他の問題により党から除籍されたら、罵声を浴びせてきたうち前者は同議員を非難しはじめ、後者は沈黙した。滑稽である。

 
 また、その当時、福島安全プロバガンダ絵本の作者・松本春野が、例の福島第一原発は「メルトダウンじゃない」と喚いた大阪大学の菊池誠とつるんでいて、これにその議員ら一部の共産党員が追従し「いわさきちひろ先生と松本善明先生のお孫さんでいらっしゃるから」と理由にならないことを言っていた。
 ただし、それを批判する党員もいたし、どこの党にもバカはいるものだ。

 そうはいっても、左翼系の民主主義科学者協会と日本科学者会議は、「原子力の平和利用」であるとして原発を推進してきた。その影響を日本共産党も受けてきた。
 このことは、あの田原総一朗がバカテレビ司会者に成り下がってしまう前に書いて「公害原論」の宇井純から絶賛されたり映画化されたりの名著『原子力戦争』でも触れられている。


f0133526_19405192.jpg


 この項目、続きは明日に。





[PR]
# by ruhiginoue | 2018-10-07 19:47 | 政治 | Trackback | Comments(0)